2020年8月発売!? 新型ノート3列シート&スライドドアをなぜ設定??

 現行モデルの日産ノートは2012年9月にデビュー。2016年11月にe-POWERを追加されてからその伸張ぶりはすさまじく、2018年の登録車新車販売台は1位を獲得した。

 しかし、発売から約7年が過ぎ、新型ヤリスや新型フィットがフルモデルチェンジする情報が聞こえ始めた2019年下半期から販売が伸び悩んできており、かつての勢いはなくなっている。

 そんななか、流通ジャーナリストの遠藤徹さんが、新型ノートに3列7人乗りのミニバンがラインナップされるという情報を入手した。

 たしかに、トヨタにはシエンタ、ホンダにはフリードがあるが、日産にはコンパクトなミニバンがない。

 しかもキューブの販売が年内に終了されると、日産にはコンパクトなミニバン、MPVがなくなってしまう。その穴を埋めるべく新型ノートに3列7人乗りがラインナップされるということなのだろうか?

 はたして新型ノートはどんなクルマになるのだろうか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が徹底解説する。

文/遠藤徹
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】現行ノートの販売台数の落ち込みと新型ノートのライバル車


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ