レヴォーグ、BRZ…スバル 怒涛の新車攻勢&期待の注目車 最新情報!!


 今年から来年にかけてスバルが新車攻勢をかける!! 新型レヴォーグを筆頭に、登場が予想される5台の注目ニューモデルは?

 スバルにとって2020年から2021年にかけては、例年になく数多くのニューモデルを投入することになりそうだ。新型WRXなど2021年に出るスバルの新車については既報のとおりだが、今年=2020年も大物・レヴォーグのフルモデルチェンジが控える。

 そこで、改めて今年から来年にかけて登場するスバルの新車のなかでも、特に注目度が高い5台の最新情報をまとめてお届け!

文:ベストカー編集部
写真:SUBARU、編集部
ベストカー 2020年2月26日号

【画像ギャラリー】世界初公開!! 新型レヴォーグ STIスポーツを詳しく見る


新型レヴォーグ/2020年12月発売予定

東京オートサロン2020に出展された新型レヴォーグプロトタイプのSTIスポーツコンセプト

 スバル復活を告げる尖兵の役割を果たすのがこの新型レヴォーグだ。

 2020年秋の10月に発表され、12月から正式販売される見込みで、すでに2019年の東京モーターショーでは量産車のプロトタイプ仕様が初公開され、その最上級グレードとなる「STIスポーツ」のプロト仕様も、2020年1月の東京オートサロンで公開されたばかり。

 国内での市場規模は縮小されたミドルステーションワゴンカテゴリーだが、レヴォーグは貴重なターボワゴン。

 このセグメントではトヨタがカローラツーリングをラインナップするものの、こちらのエンジンは実用的な直4、1.2Lターボで、実質的にターボスポーツワゴンは国産モデルではレヴォーグのみといっても過言ではないだろう。

 新たにスバルグローバルプラットフォーム(SGP)を得て大幅に基本性能を向上してくる新型レヴォーグには新開発の水平対向1.8Lターボを搭載。

 現行型の1.6Lの後継的エンジンとなるこの1.8Lターボは、200㎰級のパワーを誇りながら、リーン燃焼技術を採用することで燃費も向上させる。もちろん、アイサイトも最新版となり、ステレオカメラに加え、360度センシングで高速でのハンズオフも実現する。

 最上級グレードの「STIスポーツ」をはじめ新型は、新たにスイッチひとつで走りから乗り心地までを一変させる「ドライブモードセレクト」を搭載。スバル初の電子制御ダンパーシステム採用により、それを可能にしている。

インプレッサ STIスポーツ/2020年10月発売予定

写真はSTIチューンの試作車。インプレッサながらWRXに近い応答性を持たせているとSTI開発陣は自信たっぷりに語っていた

 2019年にインプレッサスポーツ&G4がビッグマイナーチェンジを受けたのだが、その公道試乗会で用意されていたのが、STIが足回りをチューニングしたモデルだ。

 その試乗会で実際に乗った自動車評論家の松田秀士氏によれば、「電動パワステはノーマルと変わらないが、明らかにステアリングは重く、接地性が向上していた」と証言。

 そんなインプレッサの最上級グレードとしていよいよ登場するのがこの「STIスポーツ」。これまでにレヴォーグ、BRZに設定されていたが、ついにSGP採用モデルにも初めて登場することになるワケだ。

 エンジン本体に手は入れず、ビルシュタイン製サスペンションやパフォーマンスダンパーなど、STI独自のチューンはほかのモデルと同様。2019年の東京オートサロンに出展されたSTIコンセプトモデルに近い内容になりそうだ。

次ページは : 新型レガシィアウトバック/2021年4月発売予定