フィット史上最高の「走り」を実現 登場秒読みモデューロXは年内登場

 ホンダアクセスが手掛けるモデューロXは、ディーラーで購入できるコンプリートのワークスチューニングカーとして人気が高い。モデューロは土屋圭市氏を開発アドバイザーに迎えるなど知名度、評価とも抜群だ。

 現在ステップワゴン、S660、ヴェゼル、フリードの4車種にモデューロXが設定されていて、5車種目と期待されているのがフィットモデューロXだ。

 東京オートサロン2020でコンセプトカーが公開されているが、いつモデル追加されるのだろうか? スポーティグレードのRSが設定されていない現行フィットだが、それを凌駕するポテンシャルを持つモデューロXの登場を心待ちにしている人は多い。

 フィットは5タイプ用意されていて、6番目のフィットとなるモデューロXの最新情報を展開していく。

【画像ギャラリー】2020年6月現在4車種に設定 モデューロXはディーラーで購入できるコンプリートワークスチューニングカー


モデューロXはディーラーで購入できるコンプリートチューニングカー

東京オートサロン2020で公開されたフィットモデューロXコンセプト。フロントマスクはノーマルフィットと明らかに違い精悍さが増している

 東京モーターショー2020で世界初公開され、2021年2月に正式発表・発売となったフィットは、3月に登録車販売1位になるなど、堅調な販売をマークしている。

 フィットは、1.5Lのガソリンとハイブリッドのe:HEVというラインナップで、先代モデルまで設定されていたスポーティなRSは設定されていない。

 フィットのスポーツモデルとして期待されているのがモデューロXだ。正式デビュー前の2020年1月に開催された東京オートサロン2020では、フィットモデューロXコンセプトという形ですでにお披露目され、2月の大阪オートメッセにも出展されていた。

 ホンダ、ホンダアクセス関係者とも、市販時期については明言しなかったが、「どのようなモデルになるかはわからないが、市販化を検討している」とコメントしていた。

モデューロXはディーラーで購入できるコンプリートカーで、ノーマルとの違いは歴然。ステップワゴンモデューロXはミニバンナンバーワンの走りを実現

 モデューロXは、エアロ、アルミホイールなど専用内外装パーツに加え、サスペンションを専用チューニングしたホンダアクセスが手掛けるコンプリートカーだ。

 トヨタのGR、日産のNISMO、スバルのSTIなどメーカーワークスチューニングが手掛けたモデルが人気となっているなか、ホンダのそれに匹敵するのがモデューロXとなる。

 ステップワゴン、ヴェゼル、S660に加えて、2020年5月にマイチェン後のフリードにも新たに設定された。足回りの専用チューニングが施されたモデューロXのハンドリング、乗り心地はかなり評価が高く、ノーマルとの差は歴然としている。

モデューロXの開発はかなり進んでいる

 では、フィットモデューロXはいつ販売されるのか?

 発売時期に関しては2020年5月末の時点では、販売会社の現場レベルには届いていないようだが、「フィットモデューロXは2020年秋頃から年末にかけて登場する可能性は充分にある」という。

 というのは、フィットは2020年2月から販売を開始したが、本来は東京モーターショー明けに販売を開始する予定だったものの、N-WGN同様に電動パーキングブレーキの問題により発売が延期になったという経緯がある。

東京オートサロン2020にはフィットとフリードのモデューロXコンセプトが同時に公開された。フリードモデューロはほぼそのままのデザインで登場

 それゆえフリードXの開発はかなり進んでいると思われる。モデューロXコンセプトがエクステリア、インテリアの完成度からいつ市販されてもおかしくないレベルにあったことを考えると間違いない。

 東京オートサロン2020の時点では、フィットの正式デビューから1年程度遅れて登場するのではないかと言われていたが、同時に公開されていたフリードモデューロXが2019年10月のマイチェン後7カ月で登場していることを考えても、年内の登場の可能性は高い。

コンセプトカーのまま登場!?

フィットモデューロXは、フリード同様にガソリン、HYBRIDともに設定され、駆動方式はFFのみとなるのは間違いない

 フィットモデューロXについての情報は東京オートサロン2020の時点でのものしかないが、5月に発売されたフリードモデューロXに準じるものになると思われる。

 東京オートサロン2020で公開されたモデルはハイブリッドベースだったが、フリード同様にガソリン、ハイブリッドの両方に設定され、駆動方式はFFのみとなるだろう。

 フリードモデューロXの専用装備を参考に、フィットモデューロXの専用装備は以下のようになると予想できる。

フィットモデューロXについては2020年5月にデビューしたフリードモデューロXの専用装備にほぼ準ずると思われる

【フィット Modulo X主要装備予想】
<エクステリア>
〇専用フロントグリル
〇専用フロントエアロバンパー
〇専用サスペンション
● 専用16インチアルミホイール
〇専用サイドロアースカート
〇専用リアロアースカート
● 専用テールゲートスポイラー
〇専用LEDフォグライト
〇専用フロントビームライト
〇専用リアエンブレム(Modulo X)
〇専用ドアミラー(クリスタルブラック・パール)など

<インテリア>
〇専用ブラック コンビシート(プライムスムース×スエード調/Modulo Xロゴ入り)
〇専用本革巻ステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
〇専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)など

同じクラスということもあり、専用装備はフリードに準ずると考えられる。ただしアルミホイールは16インチとフリードより大径化される

 エクステリアデザインは同時に公開されていたフリードモデューロXがオートサロンのコンセプトほぼそのままで登場していることから、フィットも若干手直ししてほぼそのまま登場可能性は充分にある。

 フリードモデューロXの装備との違いは、上記の黒丸のもので、アルミホイールはフリードが15インチに対し、フィットは16インチとなり、リアにはテールゲートスポイラーが装着されることになるだろう。

モデューロXは、エアロダイナミクスの徹底と専用サスペンションチューニングにより、走って楽しいクルマを追求するのはどのクルマにも共通している
サポート性に優れたモデューロXの刺繍入りスポーツシートはフィットにも採用されるハズ。シートのステッチカラーなどで差別化か?

価格はどうなる?

 価格は50万円高程度と予想しているものもあるが、現行のモデューロXでその程度の差に収まっているモデルはない。

 ベースが明らかでないため単純比較はできないが、価格差が最も小さいのがヴェゼルで約57万円、最も高いのがS660で約72万~約101万円だ。

 ちなみにフリードの場合の価格差は、Gに対し約79万高、Bに対し約98万円高となっているようにけっこう価格差はある。

 フリードの価格差を考えると、ベースとなると思われるHOME、HYBRID HOMEのFFがそれぞれ171万8200円、206万8000円だから、モデューロXが250万円前後、HYBRIDモデューロXが285万円前後になると予想できる。

 ただし、フィットは売れる台数も多く、モデューロXをアピールするのに最適ということで、戦略的な価格設定となることも充分にあるだろう。

フリードモデューロXはベーシックグレードのBに対し100万円近く高くなっている。フィットの場合は戦略的価格にする可能性もゼロではない

【画像ギャラリー】2020年6月現在4車種に設定 モデューロXはディーラーで購入できるコンプリートワークスチューニングカー

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ