新型レヴォーグに続け 新WRX アウトバックと次々登場 スバル新時代モデル全情報

 今年秋にフルモデルチェンジされる新型レヴォーグを皮切りに、来年から続々と新型車がデビューするスバル。

 新型86/BRZをはじめ、いよいよ新開発スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を採用する新型WRX STI&S4、新型レガシィアウトバック、またクーペSUVのアドレナリンなど注目車が目白押しだ。

 スバルらしさを前面に押し出した初のピュアEVも2020年代前半に登場。これは目が離せない!

【画像ギャラリー】SGPを得た新型WRXシリーズにレガシィアウトバックなど注目のモデルが続々登場! そのラインナップをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文・予想CG:ベストカー編集部/写真:SUBARU、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■NEW レガシィアウトバック(2021年3月登場予定)

●北米のベストセラーSUVがいよいよ日本導入!

ステーションワゴンをベースにクロスオーバーSUVに仕立てたのがアウトバック。新型ではさらにサイズアップして登場。国内ではほぼライバル不在だ

 すでに北米では新型に切り替わっているレガシィアウトバックは全長4860×全幅1855×全高1680mmとサイズアップして日本に登場。

 SGP採用でパワートレーンは水平対向4気筒、2.5L NAをブラッシュアップして搭載。

アウトバック リア。デザインは基本的に現行型のキープコンセプトとなるが、「ダイナミック×ソリッド」をさらに先鋭化

■NEW WRX S4(2021年8月登場予定)

●大人のスポーツセダンはますます進化する!

新型WRX STIよりもやや控えめなエクステリアとなる新型WRX S4。事実上の「レヴォーグセダン」となる(画像はベストカーによる予想CG)

 現行型で新しいWRXモデル像として確立されたのが2ペダルモデルであるS4。

 CセグとDセグの中間に当たるようなジャストサイズのスポーツセダンは国産モデルでは珍しくなってきており、稀有な存在。

 次期型でもこのコンセプトを推し進めることになるが、新型レヴォーグと同様のSGP+フルインナーフレーム構造を採用し、圧倒的な動的質感の向上を実現しそうだ。

関係者によれば、新型S4はヴィジブパフォーマンスコンセプトを忠実に再現したモデルとなるという(画像はベストカーによる予想CG)

 パワートレーンは現行型のFA20ターボからFA24ターボにスイッチ。メルセデスベンツA35AMGを目標に低速からトルクに厚みを持たせたチューニングとし、トータルバランスのよさを向上させるという。

 このため、スペックは現行型の300psにこだわらず、280~290ps前後に抑えてくる可能性もある。ADAS系は、新型レヴォーグと同じ新世代アイサイトを採用する。

S4のエクステリアデザインは基本的にワゴンモデルの新型レヴォーグと共通のテイストに基づく

■アドレナリン(2021年12月登場予定)

●流麗なクーペスタイルのクロスオーバーSUV

スバル アドレナリン。これまでのスバルSUVよりも大胆なデザインを採用している。フェンダー形状は強靭さを表現したものだ(画像はベストカーによる予想CG)

 昨年のジュネーブショーで公開されたのが「ヴィジブアドレナリンコンセプト」。

 流麗なクーペスタイルが注目を浴びたが、これがクロスオーバーSUVの市販車として登場するのがアドレナリンだ。

 スバルの最近のデザインアイデンティティである「BOLDER」を具現化している。

 搭載されるパワートレーンは2Lマイルドハイブリッドのe-BOXER、2L NAエンジンの2種類になりそう。

■WRX STI(2022年3月登場予定)

スバル WRX STI(画像はベストカーによる予想CG)

 開発ターゲットはずばり、「メルセデスベンツA45AMG」。新型レヴォーグ同様、高剛性のSGPにフルインナーフレーム構造を得た新型WRX STIは一段と高みを目指したモデルに。

 注目のパワートレーンは直噴FA24ターボで北米の3列シートSUV、アセントに採用されるエンジンと同じだが、スペックなどは別物となる。これにコンベンショナルなTY85型6速MTを組み合わせる。

■新型ピュアEV(2022年4月登場予定)

●スバルらしいAWDのBEVが登場する!

SUVテイストが濃いスバル EVデザインスタディモデル。ブラックアウトされたフロントとリアのフェンダーやフロントマスクのヘキサゴングリルなど“スバルらしさ”を前面に押し出したEVに

 今年1月20日に開催されたスバルの技術ミーティング会場で世界初公開されたのが、この次世代スバルのEVデザインスタディモデルだ。

 トヨタとの共同開発によって進められるもので、昨年6月にトヨタが発表した「~トヨタのチャレンジ~EVの普及を目指して」に合致するプロジェクトとなる。

 プラットフォームについてもトヨタモデルとの共同開発になるが、フロントマスクのヘキサゴングリルやフェンダー形状は「ダイナミック×ソリッド」を表現し、スバルらしさを随所に盛り込んでいる。

 駆動方式はAWDを採用予定だ。

デザインスタディモデルのリアビューを見ると、特徴的なキャラクターラインが把握できる

■WRC用4WDスポーツハッチバック(2022年2月登場予定)

●次期WRC参戦用スーパーAWDマシンが登場!

WRXよりもひと回り小さいボディサイズとなるスーパーAWDマシン。WRC参戦を背景にハッチバックモデルとなりそうだ(画像はベストカーによる予想CG)

 昨年9月に発表されたスバルとトヨタとの新しい業務資本提携により、見えてきたのがWRXよりもひと回り小さなミドルサイズスーパーAWD車の存在だ。

 その背景にあるのはスバルのWRCへの参戦復帰である。

 スバルのWRC復帰への課題は、まず現行のレギュレーションにある。ボディサイズはWRX系だと大きすぎるため、インプレッサやXVクラスとなるはず。

 トヨタがヤリスで参戦していることを考えれば、直接対決は避けられる可能性が高いが、水平対向エンジンを縦置きにした“気持ちのいいAWDマシン”に仕上げてくるだろう。


■STIスポーツも続々登場!

 昨年、ビッグマイチェンを受けたインプレッサだが、その公道試乗会でSTIが足回りをチューニングしたモデルを用意していた。

昨年12月に行われたインプレッサマイチェンモデルの公道試乗会で用意されたSTIチューンのSTIスポーツプロトタイプがこれだ

 昨年の東京オートサロンに出展されたSTIコンセプトを踏襲し、トップグレードとしてSTIスポーツがいよいよ投入されそうだ。

 今後、SUVのアドレナリンやフォレスターなどにも設定される可能性が高い。

 まだ市販モデルすら登場していないアドレナリンだが、STIチューンによる爽快なハンドリングを実現させたSTIスポーツグレードがトップグレードとして用意されることになりそうだ(画像はベストカーによる予想CG)

【画像ギャラリー】SGPを得た新型WRXシリーズにレガシィアウトバックなど注目のモデルが続々登場! そのラインナップをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ