日本のレクサス車を代表していたはずが… 生産終了「GS」の功績と過失


 レクサスGSが2020年8月をもって生産終了となった。

 GSは日本でレクサスが範囲を開始した時のスタートラインナップを飾ったモデルであると同時に、その源流は日本で人気の高かったアリストにあるモデルということで寂寥感は大きい。

 日本で販売されたのは先代と現行の2モデルだけで、どちらも販売面では苦戦を強いられたが、レクサスGSとはいったい何だったのか? レクサス、トヨタにもたらしたものは何なのかについて、御堀直嗣氏が考察する。

文:御堀直嗣/写真:LEXUS、TOYOTA、平野学

【画像ギャラリー】誕生してから27年で消滅!! レクサスGSの4世代を写真で振り返る


レクサスは1990年に米国で誕生

レクサスGSは存在は地味だったが、27年間、4台にわたりFRスポーツセダンとしての走行性能、走りの楽しさを追求してきた

 レクサスGSは、1993年に、レクサス最上級4ドアセダンのLSに次ぐ車種として発売が開始された。そして2020年8月、わずか27年でその歴史を閉じたのである。

 GSの意味は、グランドツーリング・セダンの頭文字である。ちなみにLSは、ラグジュアリー・セダンだ。そしてISは、インテリジェント・スポーツセダンである。

 レクサスは、1989年に米国で生まれた。同様に、日産からはインフィニティ、ホンダからはアキュラが高級車ブランド専門販売店として展開をはじめている。

レクサスLSは1989年にデビュー。圧倒的な静粛性で北米でベンツSクラス、BMW7シリーズが独占していた高級セダンマーケットに革命を起こした

 レクサス誕生の記念すべき1台目は、LS(国内ではトヨタセルシオとして登場)である。トヨタがいよいよ世界的に高級車の販売に乗り出すうえで、最大の特徴としたのは静かで快適な乗り心地であった。

 例えばジャガーのような存在であろうか。そのために、静粛性には最大の開発が注がれ、室内に乗り込んだとたんにシンッとした静けさを覚えるほどだった。V型8気筒エンジンは徹底的な振動の抑制を行い、エンジンの上にワイングラスを載せても中身がこぼれない様子を見せる動画まで制作された。

 徹底した快適性の追求は、米国市場でたちまち話題となり、レクサスの地位を瞬く間に確立したのであった。

レクサスはGSで世界に対抗する走行性能の実現を目論んだ

 次にレクサスが目指したのは、走行性能であったのではないか。それが、GSによって体現される。GSが登場する前に、トヨタアリストが1991年に国内で誕生している。

 クラウンのマジェスタと共通性を持つが、マジェスタが快適な高級車の趣であったのに対し、アリストはあくまで高性能4ドアセダンとして走行性能の高さを特徴とした。

初代GSは1993年にアリストをベースとしてデビュー。エレガントなLSに対し、走る楽しさ、運動性能を追求したモデルだった

 トヨタは、1982年に2代目のカムリから横置きエンジンによる前輪駆動化(FF)を進め、1983年にカローラとコロナをFF化し、生産性の効率化や、室内空間の有効活用などを主眼にした小型車への転換をはかった。

 そこから15年後の1998年に、アルテッツァを登場させ、後輪駆動(FR)による走りのよさや運転の楽しさを主張するようになる。

 上級4ドアセダンでは、マークIIやクラウンはFRであり続けたが、どちらかといえば上質さを魅力とした車種であり、並行してアルテッツァやアリストを販売することで、若々しい活力を示そうとしたのではないか。

 クラウンは、今日なお堅実な人気を保持する上級4ドアセダンであるいっぽう、代替えを主体とした販売によって顧客の年齢層が高くなる傾向は続いており、若返りをはかるため、8代目の途中の1989年からアスリートと呼ぶ車種を追加している。

レクサスブランドでアリストをGSとして販売すると同時に、コンパクトFRスポーツセダンアルテッツァをISとして販売

 さらに2003年の12代目では「ゼロクラウン」を掲げ、クラウンの価値を改めて問うこともしてきた。

 4ドアセダンの商品性を拡張し、世代を超えた顧客に選択肢をもたらす商品体系とするためにアリストやアルテッツァが加わり、それらが、レクサスGSやISとなって、新ブランドの定着に寄与していくことになる。

次ページは : レクサスが欧州で伸び悩んでいる理由

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ