置き去り? 見殺し?? ヤリス絶好調の裏で苦悩 かつての大ヒット車トヨタアクアの行末

 ハイブリッド専用コンパクトカーとして2011年12月に登場したトヨタアクアがデビューから9年目を迎えた。

 2020年2月、ヴィッツの後継車としてヤリスが登場した。ヤリスには新開発の直列3気筒1.5Lエンジンを組み合わせた新世代THSの設定もあり、ますますアクアの存在意義が危うくなってきた。

 アクアの売れ行きは、以前に比べて大幅に下がった。2020年度上半期(2020年4~9月)の登録台数は、1ヵ月平均で4028台だ。

 コロナ禍の影響を受けたなかではプリウス、シエンタ、RAV4などと同等だが、以前に比べると大幅に少ない。2020年度上半期の対前年比は47.2%だから、50%を超える減少になった。

 一方、2020年2月に登場した新型ヤリスの販売は絶好調だ。4月には初の新車販売台数1位を獲得し、その後も5月、7~10月(8月以降は2020年8月31日発売のヤリスクロス含む)に1位を獲得している。

 ヤリス販売絶好調の裏で、アクアは今後どうなるのか? 今わかっているすべての情報をお届けしていこう。


文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】激変? 現行アクアと新型アクアはどう違うのか 写真でチェック!


デビューから9年、なぜフルモデルチェンジしないのか?

2011年12月にデビューしたアクア
現行型アクア。2017年のマイナーチェンジでデザインを大幅に変更した
※カッコ内は対前年同月比。ヤリスの8月以降の販売台数は2020年8月31日発売のヤリスクロス含む

 アクアの登場は2011年12月。2012年と2013年には、1ヵ月平均で2万2000台前後を登録した。現在の5倍以上の売れ行きで、2013年には軽自動車を含めた国内販売の総合1位になっている。

 この後、2014年と2015年も小型/普通車の登録台数では1位になった。2016~2019年も上位を維持したが、2020年に入ると減少が目立つ。

 2019年までの対前年比は、マイナスが目立った年でも20%程度だが、2020年には半減した。

 コロナ禍の影響もあるが、2020年度上半期の国内市場全体の売れ行きはマイナス22.6%だ。アクアの50%を超える減少は大きい。

 そこでアクアの2020年の登録台数を月別の対前年比で見ると、1月と2月は約25%の減少に収まったが、3月は46.5%減っている。

 3月には国内市場全体でも9.3%減ったが、アクアはこれを超える落ち込みだ。4~9月もアクアは40%から50%を超える減少であった。

 以上のようにアクアの登録台数を対前年比で見ると、2020年3月以降に目立って減っている。

 なぜアクアの売れ行きが急落したのか。トヨタの販売店に尋ねると、以下のような返答だった。

 「2020年2月にヤリスが登場したのを受けて、アクアの売れ行きが下がりました。ヤリスは新しいハイブリッドシステムを搭載して、アクアに比べると燃費が優れています。

 安全装備も充実しており、価格にはあまり差がないので、多くのお客様が新しいヤリスを選ばれます。アクアの前期型を購入されたお客様が、ヤリスに乗り替えるパターンもあります」。

2020年2月に登場した新型ヤリス

 アクアGのJC08モード燃費は27.2km/L、ヤリスハイブリッドGは、実用燃費に近いWLTCモード燃費で35.8km/Lを達成している。

 安全装備も異なる。ヤリスの衝突被害軽減ブレーキは自車が右左折する時に直進してくる対向車、横断歩道上の歩行者も検知できる。自転車の対応も可能だ。これらの機能がアクアには採用されない。

 さらにヤリスでは、アクアと違って運転支援機能も備わる。車間距離を自動調節しながら先行車に追従走行したり、車線の中央を走れるようにパワーステアリングを制御することも可能だ。

 これらの先進機能がヤリスには採用され、アクアに非設定であれば、ユーザーがヤリスを選ぶのは当然だろう。

 価格はアクアGが212万6300円、ヤリスハイブリッドGは213万円だ。一部の装備はアクアGが充実するが、全般的に見ればヤリスが上まわり、機能と価格のバランスでも買い得感が強い。

 以上のような理由から、2020年2月にヤリスが登場したのを受けて、3月以降のアクアはユーザーを奪われた。売れ行きも急落させている。

2020年5月以降のトヨタ全店扱いになったことも原因

2017年7月に追加されたアクアクロスオーバー。ヤリスクロスとかぶる存在

 また2020年5月から、トヨタの全店が全車を扱う体制に移行したことも影響した。

 従来のヴィッツや2020年2月に発売された時点のヤリスはネッツトヨタ店の専売だったが(東京地区など一部を除く)、2020年5月以降は、トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店でも販売している。

 ネッツトヨタ店の店舗数は全国に約1450箇所、4系列すべてなら4600箇所だから、今は販売網が3倍以上に増えた。

 一方、アクアは2011年に発売された時から、トヨタ4系列の全店が扱っていた。そのために以前は絶好調に売れたが、今はヤリスも全店扱いになってアクアと同じ条件になり、アクアからヤリスへの乗り替えも発生している。

 このようにヤリスハイブリッドはアクアに比べて安全装備、運転支援機能、燃費などが勝り、全店扱いにもなったから好調に売れるのは理解できた。

 それなら逆に、アクアが注目される機能はないのか。この点も販売店に尋ねた。

 「ヤリスにはディスプレイオーディオが装着されていますが、中高年齢層のお客様には、従来型のオーソドックスなカーナビが好まれる傾向もあります。

 またヤリスにCD&DVDデッキを装着すると、助手席の下に設置されるので、運転席からは操作できません。

 これらが不満でアクアを選ばれるお客様もおられます。またヤリスでは値引きはほとんどできませんが、アクアなら特別仕様車のSスタイルブラックとSグランパーを中心に、相応に金額を引き出せます。ほかのグレードも値引きが多く、法人のお客様はアクアを選ぶことが多いです」。

アクアのフルモデルチェンジはいつ?

新型ヤリスのTNGAプラットフォーム。基本的にアクアもこのプラットフォームを使うことになるだろう

 気になるのはアクアが今後どうなるのか、だ。この点についても販売店に尋ねた。

 「アクアは2021年8月に、一部改良を行う話を聞いています。現行型の発売は2011年なので、時期的にはヤリスをベースにしたフルモデルチェンジだろうと思いますが、現時点で聞いているのは一部改良です」。

 常識的に考えればフルモデルチェンジだろう。しかし昨今の事情で開発が長引いている場合、一部改良を実施して1年から1年半ほど作り続け、その後にフルモデルチェンジすることも考えられる。さまざまな説が飛び交っている。

 ヤリスの開発者は以前「ヤリスのプラットフォームは入念に作り込まれ、さまざまな車種に対応できます」と述べている。

 そのためにヤリスが2020年2月に発売された後、8月には早くもヤリスクロスを加えた。

 この流れでルーフの低い5ドアクーペ風の新型アクアを開発することもあるだろう。

 ハイブリッド専用の上質なプレミアムコンパクトカーで、プラグインハイブリッド仕様を設定することも考えられる。

 このほかヤリスのプラットフォームを使った以前のファンカーゴに相当するハイトワゴンも想定される。

 内外装はルーミーよりも上質に仕上げて特徴を打ち出す。つまりダイハツ製のルーミー/ライズ/パッソはベーシック、ヤリスをベースにしたトヨタ製は上級シリーズとするわけだ。トヨタのコンパクトカーのワイドな展開に期待したい。

ベストカーの情報では2021年3月にフルモデルチェンジという情報

ベストカー本誌が調査した情報によれば新型アクアのデビューは2021年3月頃と予想している(CGイラストはベストカーが製作したもの)
ホイールベースはヤリスと同じ2550mmとなる。これは現行型アクアと同寸。リアスタイルもキープコンセプトながらよりスタイリッシュなシルエットに進化している。(CGイラストはベストカーが製作したもの)

文/ベストカーweb編集部

 最後に、ベストカー本誌が調査したアクアの最新情報をお伝えしておこう。

 新型アクアの気になるデビュー時期は2021年3月頃と予想している。基本プラットフォームはヤリスと共通で、パワートレーンもヤリスハイブリッドと同じ直3、1.5L+モーター。

 操縦性も動力性能も現行型から大きく引き上げられる。WLTCモード燃費も36km/L前後となり、実燃費は現行型よりも大幅によくなる。

 スポーティさを強調し、後席や荷室をやや犠牲にしたヤリスに対し、新型アクアは後席スペースや荷室の広さなどを確保して、使い勝手のよさをアピールすることでヤリスとの差別化を明確にする。

 アクティブでスポーティなイメージをアピールするヤリスに対し、新型アクアはソフト路線を目指し、インテリアなども明るく開放的な雰囲気でまとめるという。

 ターゲットユーザーは女性をメインに幅広い年齢層に間口を広げたコンパクトハイブリッドモデルとして乗りやすさや使い勝手のよさを前面に押し出すことになる。

 現行型では全高が1455mmとやや低いのだが、ヤリスの1500mmよりも高くなり、後席居住性もアクアのほうがよくなるという。

 以上が現在入手しているアクアの情報。今後、新しい情報が入り次第お伝えしていこう。

【画像ギャラリー】激変? 現行アクアと新型アクアはどう違うのか 写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ