マツダ次期CX-5は高級SUVに生まれ変わる!! マツダ新型車戦略の全情報

■次期型マツダ6、CX-5にFR+直6を採用

 マツダが今後の商品開発計画として重視しているのが「Largeアーキテクチャー」と呼ばれるD〜Eセグメントプラットフォームだ。

 次期型マツダ6がそのフラッグシップとして、これまでも情報をお伝えしてきたが、縦置きパワートレーンプラットフォームを新開発。これに組み合わされるエンジンは直列6気筒が新開発されている。SKYACTIV-Xはもちろん、第2世代となるクリーンディーゼルも、この直6エンジンにはラインナップされることになる。さらに48Vマイルドハイブリッドは当然だが、PHEVへの展開もある。

CX-5より先に、2022年3月にもデビューが計画される新型マツダ6は、プラットフォームを共用して開発される兄弟車。直6搭載のFRサルーンだ(ベストカーが作成した予想CG)
CX-5より先に、2022年3月にもデビューが計画される新型マツダ6は、プラットフォームを共用して開発される兄弟車。直6搭載のFRサルーンだ(ベストカーが作成した予想CG)
全長は4900mmにも迫る大型サルーンで、プラットフォームを共用するとはいえ、ホイールベースはこちらが150mm程度長い。ガソリンエンジンのほか第2世代クリーンディーゼルも加わる(ベストカーが作成した予想CG)
全長は4900mmにも迫る大型サルーンで、プラットフォームを共用するとはいえ、ホイールベースはこちらが150mm程度長い。ガソリンエンジンのほか第2世代クリーンディーゼルも加わる(ベストカーが作成した予想CG)

 従来、エンジン全長が長くなる直6は衝突対応が難しいとして数を減らしてきたが、モジュラーエンジン化の流れの中で、排気量を拡大するには2L直4に2気筒追加することで直6、3Lとすることのメリットが出てきた。

 特にSKYACTIV-Xでは、1気筒当たりのシリンダー容積、ボア×ストローク比、燃焼室形状などがとても重要なファクターとなっており、2.5L以上の排気量を求めるには多気筒化の必然性があるという。

 また、直6エンジンはV型に比べ、全長は長くなるいっぽう、横幅はスリムなので、過給機や排ガス対応に必須の大型キャタライザーのスペース面でも有利というのが最近の技術的潮流。全長も、最新設計技術や素材の進化でボアピッチを詰めることが可能となり、大幅に短くできるのだ。

 直6縦置きFRとすることで、D〜Eセグにふさわしい上質なドライブフィールを手に入れられるという効果ももちろん大きい。世界的にみても、やはりこのクラスの主流は縦置きパワートレーンの後輪駆動だ。

 この流れの中で、次期型マツダ6とプラットフォームを共用して開発される次期型CX-5がFRベースとなるのは当然の結果といえよう。

「ベンツGLC、BMW X5に匹敵するプレミアムSUVになります」と、マツダ関係者は新型CX-5の目指すところを明らかにする。クーペSUVのCX-50もラインナップされる可能性がある。

直6エンジン搭載を前提とした縦置きプラットフォームにより、フロントアクスルからバルクヘッドの距離が長くなり、新型CX-5のプロポーションは伸びやかでスタイリッシュに(ベストカーが作成した予想CG)
直6エンジン搭載を前提とした縦置きプラットフォームにより、フロントアクスルからバルクヘッドの距離が長くなり、新型CX-5のプロポーションは伸びやかでスタイリッシュに(ベストカーが作成した予想CG)
全長は4600mm程度になり、現在のCX-5と比べてひとクラス上のサイズ感になる。BMW X5やベンツGLCと直接対峙できるクォリティを目指す(ベストカーが作成した予想CG)
全長は4600mm程度になり、現在のCX-5と比べてひとクラス上のサイズ感になる。BMW X5やベンツGLCと直接対峙できるクォリティを目指す(ベストカーが作成した予想CG)

■ロータリーはEVとの組み合わせで復活

 マツダの丸本明社長は2020年10月8日、MX-30発表プレゼンテーションの場で、2021年1月、MX-30に欧州で先行発売しているEVを国内投入することを明らかにするとともに、2022年前半にはロータリーエンジンを発電用に生かしたレンジエクステンダーを順次市場投入することを明言した。

丸本明社長はMX-30発表プレゼンテーションで、2021年1月にEV、2022年前半にレンジエクステンダー投入を明らかにした
丸本明社長はMX-30発表プレゼンテーションで、2021年1月にEV、2022年前半にレンジエクステンダー投入を明らかにした
2013年に試作車を公開したレンジエクステンダーEV。当時のデミオのボディで開発されていた。ガソリン給油で長距離を走れるため、小容量バッテリーで実現でき、現実的なEVといえる
2013年に試作車を公開したレンジエクステンダーEV。当時のデミオのボディで開発されていた。ガソリン給油で長距離を走れるため、小容量バッテリーで実現でき、現実的なEVといえる
まずはMX-30のEVモデルに組み合わされて、2022年前半にも市販化される予定だ
まずはMX-30のEVモデルに組み合わされて、2022年前半にも市販化される予定だ

 まずはMX-30で市販化されるということだが、このレンジエクステンダーEVが次期マツダ2に採用される可能性が高いという。実際、2013年に公開したレンジエクステンダーEVの試作車はデミオで、このサイズでこそ、そのメリットは本領を発揮する。

 こうした、もてる技術資産を活用し、新たな時代に向けた意欲作を準備しているマツダ。これからのニューモデルに期待したい!

電動化率を高めていくマツダの商品戦略の中、次期マツダ2にはロータリーエンジンを発電用に生かしたレンジエクステンダーEVが設定されるか⁉(ベストカーが作成した予想CG)
電動化率を高めていくマツダの商品戦略の中、次期マツダ2にはロータリーエンジンを発電用に生かしたレンジエクステンダーEVが設定されるか⁉(ベストカーが作成した予想CG)

【画像ギャラリー】次期型はどう生まれ変わる!? 次代の「マツダ6」「CX-5」「マツダ2」その全貌をチェックする!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ