BRZ、ランクル、セレナなど注目の21台! 2021年のスクープ新車カレンダー下半期


■10月 ベビーギャングは健在! スズキ『NEW アルトワークス』

 ベースの『アルト』が新型に切り替われば、当然気になってくるのが辛口のスポーツモデル、『アルトワークス』だ。

現行型のイメージを受け継ぎながら、より洗練されたスタイルとなる新型アルトワークス。現行の5速MT車は車重670kgだが、新型も同レベルだという

 新型は基本的に現行モデルの正常進化版となる。現行型の持つ走りのイメージをさらに洗練させ、フロントセクションのデザインにスポイラーなどのエアロパーツ、ブラックを基調としたシックでスポーティなアルミホイールなど走りのよさをアピール。その刺激的なスタイルは新型でも継続される。

 エンジンは現行型のR06型AからR06D型へと進化し、新型アルトに積まれるNAエンジンのターボ仕様となる。ボア×ストロークは変更され、レスポンスと燃費を向上させてくる。ハーテクト採用による軽量ボディ+ハイパワーのベビーギャングは健在だ。

■10月 ランクルとの差別化を徹底 レクサス『LX』

 トヨタSUV軍団の旗艦、『新型ランクル300』と並行開発されているのがレクサスのフラッグシップSUV『LX』だ。なんせその存在感は、海外での途上国ではサルーンのフラッグシップであるLSよりもLXのほうが上だというくらいだ。

巨大なスピンドルグリルを採用するのは変わらないが、新型のランクル300とはまったく違った印象のフロントマスクとなる新型レクサスLX

 新型LXでは現行型よりもランクルとの差別化が図られ、よりレクサスブランドにふさわしい独自性の強いエクステリアとインテリアが採用されることになる。具体的に現行型ではフロントマスクやリアのコンビランプなどボディ後部に違いがあるが、新型ではさらに踏み込んでボンネットを含めたフロント周辺、Cピラー以降の外板に加えてインテリアにも専用デザイン、専用設計が施されるのだという。

 4枚あるドアとルーフは新型ランクル300と共有化されるものの、LXのデザインが独自化されるのには理由がある。現行型のオーナーからランクル200との差別化が弱いという意見が出ており、そのマーケティングデータが新型では生かされるということなのだ。

 新型LXもランクル300同様、強固なラダーフレームを採用。そのパワートレーンには377ps/54.5kgmの3UR-FE型V8、5.7L DOHCを継続して採用する予定だ。2.5tにもおよぶLXの巨躯を大排気量NAが支える。登場はランクル300のあとになる。

次ページは : ■11月 ノーズタイプのバンに変更 トヨタ『NEWハイエース』