名車「セリカ」復活の動きも!? トヨタが加速させるスポーツ&電動化戦略


 積極的にニューモデルを投入しているトヨタ。

 全体的な国内新車販売の落ち込みに加え、2020年初来のコロナ禍の影響などもあり、国内外自動車メーカーの商品戦略は大きな影響を受けている。予定されていたモデルチェンジの時期が大幅に遅れたり、計画されていたニューモデルの投入が見直されたり、凍結されたケースもある。

 もちろんトヨタ自動車も少なからぬ影響を受けたことは事実だ。

 先日新型が登場した『MIRAI』にしても、本来のデビュー予定は昨年夏、本来予定されていた東京オリンピックの時期であった。また、2019年の東京モーターショーで公開されたコンセプトカー『LQ』は、コンセプトカー然とした内外装の印象とは裏腹に、ほぼ完成形で、ナンバープレートを取得して公道での実走行テストが繰り返され、限定的ながら販売の計画があったものが凍結されている。

 そのいっぽうで、このような状況にもかかわらず、『GRヤリス』をはじめ、2020年後半以降も力強くニューモデルを投入しているのもまたトヨタだ。底力を感じる。

 ベストカースクープ班が掴んでいる今年のニューモデル投入計画をみても、アクアが7月、10月にはランドクルーザーのモデルチェンジが予定されていることが判明している。また86のモデルチェンジは来年に延びたというのが最新情報。このほか、本年末にはシエンタのモデルチェンジの情報もある。来年になるとノア/ヴォクシーが前半に、アルファード/ヴェルファイアのモデルチェンジが後半に計画されている。

 こうした「既存車」のモデルチェンジに加えて、新規投入モデルにも意欲的な動きの情報がある。今回はそのそんなトヨタの進める新車戦略の最新情報をお届けしたい。

※本稿は2021年2月のものです
文/ベストカー編集部
写真/TOYOTA CG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年3月26日号

【画像ギャラリー】トヨタの 次世代スポーツは「GR」?「GT-FOUR」?? 期待される新世代スポーツカーとその元祖の写真集


■トヨタが「GR」ブランドで進めるスポーツ戦略とは !?

 スクープ班が早い段階でその存在を掴んでいたのが『カローラスポーツ』および『カローラツーリング』にGRヤリスのパワートレーンを搭載した“GRMN”だ。

 改めてその開発状況を探っていくと、間違いなく開発は進行しており、来年、2022年中盤の市販を目標に開発現場は活況だという。

 パワートレーンの基本はGRヤリスと同じで、専用開発された1618cc直列3気筒ターボエンジンにスポーツ4WDシステムを組み合わせたもの。最高出力272ps/6500rpm、最大トルク37.7kgm/3000~4600rpmのスペックも変更はないという。

基本的なボディ形状はベースとなるカローラスポーツと大きく変わることはないが、全高は10mm程度低くなり、全幅は前後フェンダーの拡大で20mm程度広くなる(画像はベストカー編集部による予想CG)
3ドアハッチバックのGRヤリスに対し、カローラスポーツは5ドアハッチバックなので、後席を使うユーザーには嬉しい(画像はベストカー編集部による予想CG)

 パワートレーンはすでにGRヤリスで完成しているのだから、カローラに搭載するのに、なぜそんなに時間がかかるのか!? という疑問もあろう。

 しかし、開発現場はGRカンパニーで、まずはGRヤリスの開発に専念していたこともあり、工数を考慮すれば同時並行開発は現実的ではない。また、ヤリスとカローラはプラットフォームも異なるため、シャシー開発にも相応の時間がかかる。さらに、生産現場の事情もある。1.6Lターボは専用開発で、生産現場でも専任の熟練工による組み上げなどの工程があり、一気に大量生産ができないのだ。まずはGRヤリスの生産を優先する必要があるのだ。

カローラツーリングにも直3、1.6Lターボ+4WDモデルが用意される計画。基本的にはカローラスポーツと同様だが、久々のスポーツワゴンとして大いに期待したい(画像はベストカー編集部による予想CG)
カローラツーリングで復活が噂されるのが、「GT-FOUR」のネーミング。古くはセリカの4WDターボ車からはじまり、ワゴンとしてはカルディナへと受け継がれた(画像はベストカー編集部による予想CG)
コロナ/カリーナ系ベースのワゴンとして開発されたのが『カルディナ』だ。2代目に260psを発揮する2Lターボ4WDの「GT-T」が登場し、2002年登場の3代目では「GT-FOUR」を名乗った

 『カローラスポーツGRMN』は、3ドアハッチバックのGRヤリスとは異なり、5ドアハッチバックの車体で、後席居住性も高いし、荷室のサイズも広い。ここがGRヤリスとの最大の「棲み分け」ポイントなのだが、カローラスポーツGRMNはGRヤリスよりもカジュアルなスポーツハッチという位置付けのシャシーチューニングとなるという。ラリーマシンとしての資質も求められるGRヤリスに対し、カローラスポーツはあくまでもオンロードスポーツハッチとしての楽しさを追求する。

 さらにこのパワーユニットを搭載するカローラツーリングの存在も確認している。『GRMN』を冠するのがネーミングの方程式だが、スクープ班が接触した関係者は「現場ではGT-FOURと呼んでいます」とも言う。以前、トヨタのミドルワゴンにあった『カルディナGT-FOUR』をイメージしての呼称なのだろうが、これが実際の車名として採用される可能性もある。ホットハッチ&スポーツワゴンの車種拡大が待ち遠しい。

この写真はGRヤリスに搭載されるG16E-GTSエンジン。272ps/6500rpm、37.7kgm/3000~4600rpmを発揮する

■アメリカ市場で「トヨタ セリカ」復活の情報あり!! その正体は ?

 本誌スクープ班の元にトヨタ関係者から「北米でセリカの商標が申請されています」との情報が寄せられた。国内でセリカがモデル消滅して15年、北米ではセリカの事実上の後継モデルとして存在した「サイオンtc」も2016年をもって販売を終了している。

 これが何を意味するのか!? もっとも可能性が高いのが、スバル『BRZ』との差別化を狙い開発中の2代目『86』が北米では『セリカ』の名称で販売されるということだ。

 そのいっぽうで、北米でサイオンブランド廃止後『サイオンFR-S』から『86』に名称を変更し、引き続き高い人気を誇っている車名を変更する必然性はないという声もあり、『セリカ』はまったく新しいスポーツモデルの車名になるという情報もあるのだ。

2022年のデビューと言われる新型86の北米名が『セリカ』になるのか?(現行型は「サイオン FR-S」でデビューしたが、途中で「TOYOTA 86」へ改称されるなど北米販売では紆余曲折があった)(画像はベストカー編集部による予想CG) 

 その根底にあるのが、本誌2020年9月26日号でお伝えした、元トヨタの開発エンジニアで、スープラ開発ではアシスタントチーフエンジニアだった人物による「スープラの次はMR2とセリカ」という発言。

 その人物の発言は古いもので、その後の取材で現役関係者は「その人物の言うMR2はマーケティング面の判断から凍結し、別企画が進行中」と証言している。現在開発が進められるMR2は、1000万円級のミドシップスポーツだというが、これとは別の『セリカ』も「ある」というのが最新情報。

2019年の東京モーターショーで公開された『e-RACER』のようなクルマもトヨタは開発。新時代のセリカは、このようなクルマになる可能性もある

 トヨタは今後、ピュアEVを含めた「電動化」をさらに加速させていくことになる。MIRAIに代表される燃料電池車(FCEV)やハイブリッドパワーユニットで培った電動車制御技術に知見は高く、特にピュアEVはパーソナルモビリティの分野で推し進めていくことになる。これにはe-RACERのようなスポーツカーの可能性もある。

 “次期型セリカ”の具体像はまだ見えないが、こうした電動化とスポーツカーの新しい価値観が提案される方向に動いていることは間違いない。

【画像ギャラリー】トヨタの 次世代スポーツは「GR」?「GT-FOUR」?? 期待される新世代スポーツカーとその元祖の写真集