「攻めのヤリス」か「癒しのフィット」か? 仁義なきデザイン対決!!

 東京モーターショー2019の直前に新型トヨタヤリス、東京モーターショー2019で新型ホンダフィットがそれぞれ世界初公開された。

 奇しくも両モデルとも2月から発売を開始。新型ヤリスが2020年2月10日、新型フィットが2月14日(発表は13日)となっていて、コンパクトカーのトップ2への注目度は日に日に高まっている。

 本企画では、新型ヤリス、新型フィットとも旧型から大きくイメージチェンジしているため、清水草一氏が発売前に両モデルをデザイン面で対決・比較していく。

文:清水草一/写真:TOYOTA、HONDA、平野学

【画像ギャラリー】日本のコンパクトカーのツートップ、ヤリスとフィットの進化の系譜


新型ヤリスは攻めのデザイン

新型ヤリスはヴィッツから車名変更しただけでなく、プレミアムコンパクトというコンセプトで新たなチャレンジを開始。それに合わせデザインもチャレンジング

 オリンピックイヤーの2020年。自動車業界も燃えている。台風の目は、そろって2月に発表される2台のニューカー、新型ヤリスと新型フィットだ。この2台、カタチはどうなのか? 今回はデザイン面で斬ってみよう。

 まず新型ヤリスだが、近年「もっといいクルマを!」を合言葉に攻めの姿勢を明確にしているトヨタらしく、大胆に攻めている。

 なんといっても驚かされるのが、キャビン上部がスポーティにギュッと絞られていることだ。

新型ヤリスは大きく開いた口、釣り上がった目をはじめフロントマスクは複雑なラインが織り交ぜられている。キャビンが上方に絞り込まれているのも特徴だ

 乗員にすれば、肩より上の部分が前後左右からのしかかってくるようなもので、かなり窮屈に感じる。

 そのぶん速そうに見えるし、大地を踏ん張ってしっかり走りそうにも見えるわけだが、本来実用的なコンパクトカーであるヤリスをここまでスポーティに変身させるとはビックリ!

 トヨタの攻めの姿勢はデザイン面でも徹底してきている。

 造形も攻めている。前後左右どこから見ても、よく言えばエモーショナル、悪く言うと煩雑で、パネル面もラインもうねったり盛り上がったりすぼんだり、かなり忙しい。

ボディサイズを見てもラインが複雑なことがわかる。前後もフェンダーの膨らみが強調されていて見るからにスポーティ

 正直なところちょっと頑張りすぎだし、大きな口や釣り上がった目、強調されたオーバーフェンダーや超立体的なリアコンビネーションランプなど、デザイン手法自体が旬を過ぎている面もある。

 が、全世界でデザインの潮流が同じというわけではないし、トヨタとしては、もともとのイメージが大人しかっただけに、攻めの姿勢を見せたいという気持ちはよくわかる。

 ラーメンで言えばかなりのこってり系で、背油たっぷりのデザインだが、日本の一般ユーザーにすれば、「へぇ、ヴィッツがこんなになったのか」と新鮮に感じるだろう。

リアデザインでは超立体的なリアコンビが特徴的。ヴィッツ時代とは一線を画すエクステリアデザインがユーザーからどう評価されるか注目だ

現在のデザイントレンドに沿った新型フィット

 いっぽうの新型フィットは、逆に3代目のデザインが煩雑だったことから、シンプル路線に回帰している。パネル面をシンプルに、無駄なラインをなくすのが現在のデザイントレンド。フィットはその流れにしっかり沿っている。

ヤリスに比べるとオーソドックスな落ち着いたエクステリアデザインとなる新型フィット。柴犬をイメージしたというフロントマスクは親しみが持てる

 シルエット自体はこれまでのフィットの伝統に則った、ごく常識的な実用的ハッチバックのソレであり、フィットの得意技であるセンタータンクレイアウトによって、見た目以上に室内空間が広いという伝統は完璧に継承されている。

 フロントフェイスは柴犬をイメージしたと言うが、確かにやんちゃでかわいらしく、親しみが持てる。

 フロントフードとフェンダーの隙間をコントロールすることで、うれしそうに口を少し開いた犬のような表情をうまく作っているのだ。

 ヘッドライトの形状も単なる吊り目ではなく、内側の目尻を斜めに切り上げることで、適度に精悍で適度に柔和なイメージを出している。

 サイドやリアはやや平凡だが素直。3代目フィットは、サイドの折れ曲がったエッジラインが煩雑だったが、そういう無駄なラインはなく、スポーンとしている。

 ちょっと平凡ではあるが、リアピラーの形状によってサイドウィンドウとリアランプをシャープに交錯させ、微妙なオシャレ感も醸し出している。

プロポーションは歴代フィットの伝統に則った実用ハッチバックながら、リアピラーのデザインによりオシャレ感を醸し出している

 5つのバリエーションのうち「NESS」と「CROSSTAR」は、ルーフからピラーにかけてのボディカラーを2トーンにできるが、そっちを選ぶとリアピラー形状がより視覚に訴えて、はっきりオシャレ感が増す効果がある。

 新型フィットのデザインは、ラーメンで言えばさっぱり塩味系、コクがあって飽きがこないって感じでしょうか。

新型フィットはベーシック、ホーム、リュクス、NESSに加え、SUVタイプのクロスターという5バリエーションでの展開でそれぞれ個性を発揮

日本ではどっちが売れる?

 インテリアデザインも、エクステリアのイメージそのままに、ヤリスはエモーショナルでややビジー、フィットは落ち着いていて適度にオシャレ。居住空間の広さは前述のとおりフィットの圧勝だが、ヤリスはそこでは勝負していない。

エクステリア同様にエモーショナルなインテリアデザインを採用する新型ヤリス。ドアの内張のデザインも凝っている
実用重視、質実剛健を地で行くのが新型フィットのインテリアデザイン。インテリアカラーは5タイプそれぞれで差別化されている

 では、総合的にはどっちのデザインが上なのか?

 デザインは機能の一部であることを考えると、必要以上にアグレッシブなヤリスよりも、フィットのほうが本質面でまさっている。

 ただ、新型ヤリスのデザインの狙いは機能を超えた攻めのイメージ作りにある。GRヤリスの攻めに攻めたクルマ作りを見ると、狙いの本丸はここにあるんだなと納得させられる。

 いっぽうのフィットは、日本国内ではともかく、新興国では平凡で刺激が足りないとなるかもしれない。

新型ヤリスはアグレッシブかつチャレンジングなデザインアプローチをしているが、これは4WDターボのGRヤリスありきであることに納得

侮れないトヨタの販売力

 では、新型ヤリスと新型フィット、国内ではどっちが売れそうか?

 素直に考えれば、居住性で断然まさるフィットが勝って当然。新型ヤリスの実物を見た時、個人的には「これはヤリスギだ!」と思った。

 が、トヨタの販売力は、その程度のハンデをものともしなかったりする。アクア対フィット(3代目)の戦いも、居住空間ではフィットの圧勝だったが、販売はアクアが大きく上回った。

 つまり国内での売れ行きは、順当ならいい勝負。ヘタすると攻めのヤリスが勝ってしまうかもしれない。トヨタにはアクアもいるんだけどねぇ。

★     ★     ★

 最後に個人的な好みですが、シンプルなフィット支持です。買うならバリエーションは「NESS」の2トーン。ルーフとリアピラーがライムグリーン、ボディカラーは白やシルバー、黒という組み合わせがメインだが、センスを感じます。

 インテリアにもライムグリーンが差し色で使われていてオシャレさん!

写真はライムのアクセントカラーを纏ったNESS。ホワイト、ホワイトパール、シルバー、グレー、ブラックの5色に組み合わせが可能となっている

【画像ギャラリー】日本のコンパクトカーのツートップ、ヤリスとフィットの進化の系譜

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ