どうなる新型クラウン…? トヨタ販売最前線にとってクラウンが特別な理由と事情


 日本車を代表するクルマ…と言っても過言ではないクラウンが、揺れている。1955年にスタートしたクラウンの歴史は、現在まで66年、15代に渡って受け継がれてきた。日本人が日本のユーザーへ向けて作り上げるクラウンは、トヨタのラインナップの中でも特別な存在である。

 本稿の筆者も、かつてトヨタ店に勤務し、クラウンを販売してきた。クラウンの契約をもらう瞬間は、いつも緊張が走っていたのを思い出す。

 現行型となる15代目クラウンは2018年に登場しているが、早くも次期型の噂が数多く挙がっている。本稿では、トヨタ販売現場にとってのクラウンの存在とはどのようなものか、また相次いで飛び出す次期型クラウンの噂について、販売現場ではどのように受け止められているのか、クラウン販売最前線の情報をお伝えしていく。

文/佐々木 亘
写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】次期クラウンはどうなるのか…リーク情報を集めて「予想CG」を作りました!!(12枚)画像ギャラリー

■トヨタ営業マンにとってクラウンの存在とは

 現在のような全チャネルで全車種併売となる前、各チャネルには、新人営業マンが憧れる花形車種があった。ネッツ店ではアリスト(後にヴェルファイアへ変わる)、カローラ店ではカムリ、トヨペット店ではマークXという具合だ。もちろんトヨタ店ではクラウンがこの座につく。

 各チャネルの上級セダンを販売するということは、一人前の営業マンになった証である。こうした花形車種を販売するには、オーナーとの関係づくりも重要だ。

トヨタのラインナップのなかでも特別な存在のクラウン。「国産セダンの代表車」といってもよい。そのクラウンの次期型がどうなるのか、さまざまな噂や情報が飛び交っている

 とりわけクラウンは、クルマがよくても簡単に売れるものではない。日ごろの販売店とユーザーの関係が良好でことが必要だ。こうした関係は一朝一夕で作り上げられるものではなく、クラウンを販売するためには、時間と経験が重要になってくる。

 クラウンは爆発的に売れるクルマではないが、ピタリと売れなくなるクルマでもない。コンスタントに毎月1台ずつ売れていくことも珍しくないのだ。1か月に1台ずつ、年間に12台のクラウンを売ることができるようになれば、心技体が整ったトヨタのトップセールスマンと言っても過言ではないだろう。

 トヨタというメーカーを育て、販売するディーラーを育てるクラウンは、営業マンとオーナーの関係性を強くし、人の絆を育む特別なクルマだ。日本的な古き良き職人達を束ねる「親方」のような存在なのである。

■SUV化は賛成? 反対? クラウンが変わるとトヨタも変わる

 2020年11月11日、中日新聞が報じたクラウンSUV化のニュースは、瞬く間に日本中を駆け巡った。その真偽は未だ不明だが、こうした情報をトヨタ販売店はどのように受け止めているのだろうか。

 セダンはもう流行らないから、クラウンがSUVになっても不思議はない、特に驚くことはないと反応するのは、ネッツ店の営業マンだった。カローラ店でもこれに近しい反応が多く聞こえ、クラウンがセダンの形でいることに、こだわりを持つ営業マンは少ない印象だ。

 これに対して、変化を拒む意見が多いのがトヨペット店、そしてクラウンを専売していたトヨタ店である。

 トヨタ店の営業マンに話を聞くと、クラウンの変化は客層の変化に直結するという。若返りを図った現行型の15代目クラウンの発表以降、トヨタ店の客層は大きく変わったらしい。これまで何十年もクラウンに乗り続けてきたオーナーが、少しずつ離れていくのを感じると話してくれた。

 直近で、セダンから派生したクラウンが発表されたのは、11代目(17系)のクラウンエステートが最後だ。エステートの登場で、クラウンユーザーが大きく若返った半面、既存のオーナーからは反対の声も多かったと、当時を振り返る営業マンもいた。

1999年に登場した11代目クラウン(17系)に設定されたクラウンエステート。当時はワゴンブームで多くのミドルクラスサルーンがワゴン仕様を用意した。いま見るとめちゃくちゃ迫力がある

 トヨタの変革期に、クラウンのコンセプトは大きく変わる傾向にあり、クラウンをみればメーカーが考えていることが分かってくるように筆者は思う。

 今のオーナーを守るのか、攻勢を強めるために変革するのか。国内シェアトップのトヨタは、15代目クラウンを見る限り、シェアを守るのではなく、攻め続けているように見える。

 クラウンが変わればトヨタが変わる、そしてトヨタが分かる。SUV化の一報も、変革を訴えるトヨタだからこそ、報じられたものだったのかもしれない。

次ページは : ■販売現場で語られる次期型クラウンの噂

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ