マツダ6 スイフト シエンタ フリード…続々登場! 2022年夏秋の大注目モデル 7選

マツダ6 カローラスポーツGR スイフト シエンタ フリード セレナ…次代を担う重要モデル続々登場! 2022年秋の注目車たち

 1月11日公開の記事「ノア&ヴォクシーが来る! エクストレイルが来る!! フェアレディZが来る!!! 2022年上半期登場の新型車たち」に続き、今回は今秋登場が見込まれそうなニューモデルたちをお届け。

 どれもが各メーカーのフラッグシップ的存在、というわけではないが、新しい世代を担うべき重要モデルであることは間違いない。

 特に今年は「ミニバンの刷新」が大きなテーマとなるだろう1年。その意味で本企画の後半に控えるシエンタ、セレナ、フリードは注目度もより高いのではないだろうか。必見です!

●ノア&ヴォクシーが来る! エクストレイルが来る!! フェアレディZが来る!!! 2022年上半期登場の新型車たち

※本稿は2021年12月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】本文では載せ切れなかった画像も多数掲載! 秋に登場見込みの最新モデルたちをギャラリーでチェック!(18枚)画像ギャラリー

■各メーカーの次代を担う意欲作が登場!

●マツダ マツダ6…マツダ新時代幕開けの象徴

 2022年以降に攻勢を仕掛ける計画を持つマツダだが、そのひとつが「ラージ商品群」と呼ばれる直6を含むエンジン縦置きのFRレイアウトとなる商品群で、その第一弾となりそうなのが今年いよいよの登場が見込まれる次期マツダ6だ。

 2021年10月に行われた「ラージ商品群」に関する発表で、欧州/2L直4ガソリン+プラグインハイブリッドを中心に、3L直6+マイルドハイブリッドとなるSKYACTIV-X、SKYACTIV-D、北米/直6ガソリン+ターボ、プラグインハイブリッド、日本/SKYACTIV-D+48Vマイルドハイブリッド、プラグインハイブリッドなどとすでに明らかになっており、仕向け地別に異なるパワートレーンを投入する予定だ。

 次期マツダ6のコンセプトは、ベンツCクラスやBMW3シリーズをターゲットとした、クーペルックのエクステリアを持つスタイリッシュなプレミアムセダンであり、マツダのプレミアムブランド戦略の一端を担う重要なモデルでもあるのだ。

 走りの面では、2021年12月のロードスターの商品改良で発表された、コーナリング時にリアの内輪にブレーキをかけることで旋回姿勢を安定させる技術、KPC(キネマティック・ポスチャー・コントロール)など、培ってきたFR車のノウハウを投入することが示唆されている。

プレミアムブランド化を推進するマツダにとって重要な位置付けとなるモデルが、このFR化された新型マツダ6だ(画像はベストカー編集部による予想CG)

●スズキ スイフト…欧州車の質感をまとう

 走りもデザインも欧州車に勝るとも劣らぬという点において、非常に高い評価を得ているスズキスイフト。その5代目が2022年夏にデビューする。

 新型はスイフトの基本コンセプトは踏襲しつつ、プラットフォームに新開発のものを採用する可能性がある。そうすることで、評価の高い走りにより磨きをかける。

 パワーユニットは、1.2L NAと1.2Lベースのマイルドハイブリッドを継続して設定。残念ながら、AMTを組み合わせたストロングハイブリッドは新型に設定される予定はなさそうだ。とはいえ、いずれのエンジンも大幅に改良が加えられ、燃費性能やパワーフィールは現行型を大きく上回ることになる。

 エクステリアデザインはキープコンセプトと言えるが、全体的な印象はよりエッジの利いたものになりそうだ。

 そして気になるスイフトスポーツは2023年デビューか!

世代が変わるごとに欧州車のような雰囲気が強まるスイフト(画像はベストカー編集部による予想CG)

次ページは : ■キレのいい走りに期待のモデルが目白押し!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ