スープラ GT-R スイスポ Zニスモ… 岐路に立つもその魂は死なず! これから出る国産スポーツ4台

スープラ GT-R スイスポ Zニスモ… 岐路に立つもその魂は死なず! これから出る国産スポーツ4台

 EV化の波、そして騒音規制と、スポーツカーの先行きははっきり言って暗い。だが国産メーカーの、国産スポーツの魂は死なない。スープラGRMN、GT-Rマイルドハイブリッド、新型スイフトスポーツ、フェアレディZ ニスモ。生き残りをかけて2023年以降の登場が目される国産スポーツカー4台、そのいまわかるすべてをお届け!

※本稿は2022年1月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年2月10日号

【画像ギャラリー】現行型とも比較! 国産スポーツの未来を占う4台をギャラリーでチェック!(15枚)画像ギャラリー

■トヨタ スープラGRMN(2023年春登場予定)

●2025年でモデル廃止となるスープラの究極の進化モデル

 2019年にデビューした時から噂になっている、究極のスープラGRMNが来年春にデビューする。

 ベースとなるのはトップグレードのRZで、BMW M3/M4に搭載される58B30A型3L、V6ツインターボエンジンに独自チューンを施して、520ps/67.0kgmに仕立てる。

520psの大パワーながらFRで登場するトヨタ スープラGRMN。限定200台予定のうち日本は50台程度になれば争奪戦は激化必至!(画像はベストカー編集部による予想CG)
520psの大パワーながらFRで登場するトヨタ スープラGRMN。限定200台予定のうち日本は50台程度になれば争奪戦は激化必至!(画像はベストカー編集部による予想CG)

 スープラは全グレード8ATだが、GRMNのトランスミッションは、トヨタ車初のDCTで、7速となるのが有力だ。

 当然大幅なスペックアップに合わせ、ボディ、足回りも全面的に強化される。そのわりに車重はベースの1530kgに対し50kg程度増の1580kgに抑えられることから、カーボンなどを多用しているのは明らか。

 さらに500psを超える大パワーながら4WD化はせず、FRのまま登場するのも楽しみな要素だ。

 カタログモデルではなく限定200台程度で、1200万~1300万円と予想。

■日産 GT-Rマイルドハイブリッド(2023年春登場予定)

●販売終了から半年後に48Vマイルドハイブリッドで登場

 今年9月1日に猶予期間だった継続生産車も騒音規制フェーズ2のクリアが義務付けられる。それに対しGT-Rはフェーズ1すらクリアしていない。

 タイヤを細くする、パワーダウンなどによって規制値のクリアは可能だが、それはGT-Rの流儀に反する。かといって、性能を維持させつつクリアするには時間が足りないため、8月31日までに販売終了を余儀なくされるだろう。

 しかしGT-Rは死なず! 現行R35をベースにあらゆる点をブラッシュアップしてモデルチェンジを敢行する。エクステリアは予想段階ながら、細部の変更により大きくイメージを変えてくる。

新型GT-RはフェアレディZ同様に型式は変わらずR35となる可能性が高い。パワーユニットは48Vマイルドハイブリッドで、3.8L、V6ツインターボエンジンは600ps/66.0kgmをマーク。それに25ps程度のモーターが組み合わされる(画像はベストカー編集部による予想CG)
新型GT-RはフェアレディZ同様に型式は変わらずR35となる可能性が高い。パワーユニットは48Vマイルドハイブリッドで、3.8L、V6ツインターボエンジンは600ps/66.0kgmをマーク。それに25ps程度のモーターが組み合わされる(画像はベストカー編集部による予想CG)

 新型GT-Rのパワーユニットについては、既存の3.8L、V6ツインターボに改良を加え、純ガソリンエンジンで規制クリアを狙うというもの、電動化して48Vマイルドハイブリッドを組み合わせるというものなどあるが、ベストカーは48Vマイルドハイブリッドと予想している。

 モーターにより25ps‌程度のモーターアシストが可能になることも大きなメリットだ。

 価格は1300万円スタートで、MY22の販売終了後、約半年のブランクを経て来年春デビューと予想。

次ページは : ■スズキ スイフトスポーツ(2023年登場予定)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ