サクラ&eKクロスEV絶好調で他社はどう出る? 国内メーカー最新動向 9選


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 販売好調が続くサクラ&eKクロスEV。納期が伸びたことで補助金が間に合わない可能性も? 他メーカーはどう打って出るのか? またトヨタではカローラシリーズを始めとした一部モデルでガソリンエンジン整理の方針を打ち出した模様。

 ほか、トヨタ プリウス、日産 セレナ、ホンダ シビックe:HEVなどの最新情報など、国内メーカーの最新情報をご紹介!!

※本稿は2022年7月のものです
文/遠藤徹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年8月10日号

【画像ギャラリー】日産サクラの最新登録台数は!? プリウスオーダーストップ!! 国内メーカーの最新トピックを時短チェック!!!(25枚)画像ギャラリー

■日産、新型軽EVのサクラは絶好調で納期は来年に

日産の軽EV、サクラは5月20日の発表から約3週間で1万1000台以上の受注を記録。そのため納期は延びており、来年1月以降の納車になる模様

 新型軽電気自動車のサクラが絶好調の販売推移を見せています。先行予約から約3週間で1万台以上の受注があり、その後も受注ピッチはさらに加速している状況です。

 ガソリン車のデイズは月販3500台ほど売れていますが、サクラの売れゆきはこれを上回る勢いとなっています。

 販売好調のため、納期は6月下旬現在で来年と、延びてきています。そうなると、来年2月までの予算枠である55万円の国の補助金には、間に合わない可能性があります。

■三菱の電気軽自動車、eKクロスEVも好調な滑り出し

三菱の軽EV、eKクロスEVの受注も先行注文開始から約1カ月で月販目標台数の約4倍と好調。軽自動車のEVは今後、他メーカーからも登場する予定

 三菱自動車が6月16日に売り出した軽自動車ベース電気自動車のeKクロスEVが好調な滑り出しで売れています。

 月販目標の850台に対し、先行注文開始からの約1カ月でその4倍にあたる3400台を受注しました。これによって納期は6月下旬現在、来年にまでずれ込む状況になっています。

 ちなみに車両本体からの値引きはゼロで、用品サービスの5万円引き程度で購入するユーザーが多い状況です。

■日産&三菱による軽EVのヒットで他社も相次ぎ追随

 日産&三菱自動車連合による新型電気軽自動車のサクラとeKクロスEVの販売が好調ですが、ダイハツ、スズキ、ホンダも今後相次いで軽EVの生産に追随する計画です。

 軽自動車ユーザーは比較的短距離の移動が多いため、航続距離180km程度のEVでも充分に普及が可能であると考えられます。いずれは販売台数がガソリン車並みに拡大し、軽自動車はEVが主流になる可能性もあります。

 そのため、ライバル3メーカーも早急に軽EVの開発を進めているのはほぼ確実といえます。

 各社間の技術開発競争は性能の向上やコストダウンにもつながり、これが軽EV普及をさらに後押しすることは間違いありません。

■トヨタがカローラシリーズの1.2Lターボ&1.8L NAエンジンほかを廃止へ

現行カローラのセダン、ツーリング、スポーツに設定されている1.2Lターボと1.8LNAエンジンは、改良のタイミングで廃止になる見通し

 トヨタは、カローラシリーズとC-HRの1.2Lターボ車、それにカローラシリーズは1.8L NAエンジン車の設定も年内をもって廃止する方針です。

 これは今年10月上旬や12月に予定しているマイナーチェンジのタイミングで実施されます。カローラシリーズの1.8L NAエンジンは、1.5L NAエンジンに切り替えられます。

 またラグジュアリー用の3.5L V6も、4気筒の2.4Lターボハイブリッドに置き替わる方向にあります。こちらはアルファードが来年春のフルモデルチェンジで切り替えます。

 トヨタはカーボンニュートラルに向けて電気自動車、燃料電池車などの電動車開発を強力に進めつつあります。

 これによってエンジン搭載車はハイブリッド車以外は縮小せざるを得ない状況にあり、まずは現状で販売不振のパワーユニットを順次廃止していく方向にあります。

次ページは : ■トヨタ、現行プリウスをオーダーストップ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ