「新型マツダ3」週明けから予約開始!?!? カローラ発売は10月確定?? 新車情報続々入手!!

 毎回、新車ディーラーを回って「生」の新車情報を届けてくれる、流通ジャーナリスト遠藤徹氏の「地獄耳スクープ」。今回は「来週(3月4日~)からマツダ3(アクセラ後継車)の予約注文が開始される」というかなり緊急の情報が入ったため、特別編として普段より2割増しの情報量とテンションでお届けします。

文:遠藤徹
ベストカー2019年3月10日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■新型「マツダ3」(アクセラ後継車)3月4~7日より予約受付開始

 2月末から、全国のマツダディーラーに新型マツダ3(アクセラ後継車)の営業マン用資料が配布され、週明け(3月4日~)から予定価格表が通達、その時点で見積もりをとることが可能となります。

(首都圏の有力ディーラーである関東マツダは3月5日からですが、その日は火曜日で一斉定休日となり、休み明けの6日もしくは7日より受付開始となるもよう)

北米市場ではすでに発表発売されている新型マツダ3。美しいデザインで、ライバルはプリウスとなるか

 いよいよ予約受付開始となりますが、しかし現時点ではマツダ営業マンも車両の概況についてはほとんど知らされておらず、現時点では予定価格表とざっくりとした諸元(SKYACTIV-Xは遅れて設定されるため、そのグレード以外のモデル)のみの予約開始となるそう。

 本件については予約受注開始となった来週、改めて詳細をお知らせします。

新型マツダ3はセダンも同時発売。日本ではあまり人気のないカテゴリーだが、このモデルが発売されることで復権する可能性大。この次の章で紹介するカローラセダンとほぼ同クラスとなる

■次期型カローラセダン/ワゴンは10月に投入か

 トヨタは次期型カローラのセダンとステーションワゴンを今秋の10月に投入する見通しです。

 今年の10月には消費税が10%へ引き上げられます。当初の投入時期だと増税前に需要が集中して、新型車効果による売れゆきが10月以降は一気に落ち込むことを配慮したため、やや発売時期を遅らせたのでは…という情報が入ってきています。

発表タイミングの問題で、欧州、中国、北米で先行発表されているカローラセダンとワゴン(日本発売名は「フィールダー」の名称が廃止されて「ツーリング」になるのでは、という情報もある)。写真は先行発表された中国市場のレビン。日本版カローラはこのフロントフェイスになるという

 次期型は現行カローラスポーツと同じプラットフォームを採用し、セダン、ステーションワゴンの「ツーリング」ともに3ナンバーサイズに拡大し、クオリティアップが図られます。これにより、価格も10万円以上大幅アップする見込みです。

 搭載するパワーユニットは1.2Lターボ&1.8Lハイブリッドで、ハイブリッドは現行プリウス並みの価格設定になる見通しです。

 販売店は従来のカローラ店専売からトヨタ全系列店に拡大されます。これによってプレミオ/アリオンはモデル廃止になるものと思われます。

■従来型リーフの在庫車を大幅値引きで販売

 日産は1月23日に電気自動車リーフのハイパフォーマンスモデル「リーフe+」を設定、同時に従来モデルも一部改良して発売しましたが、首都圏の販売店各社は従来モデルの在庫車が残っており、この従来モデルの在庫車、一部改良車、e+の3タイプをまったく違う条件で販売しているケースが目につきます。

 従来モデルの在庫車はドライブレコーダーとETC車載器のサービス付きで40万円引き、一部改良車は30万円引きとどちらも大幅値引きで売っていますがe+については車両価格が従来よりも50万円以上高いにもかかわらず、車両本体からの値引きはゼロとしているのです。

 ただし、どれも好調な売れゆきで、従来モデルの在庫は2月中で売り切れそうな状況となっています。また、新型のe+と一部改良車の受注はスタート時点でほぼ同じ割合で売れています。

■次期型N-WGNは5月に発売か?

 ホンダは次期型N-WGNの発表、発売を5月のゴールデンウイーク明けにも実施する方向でスケジュール調整をしている模様です。

新型N-WGNの本誌予想CG。大ヒット中のN-BOXと共通のプラットフォームを使用するヒンジドア型の軽自動車。ワゴンRやムーヴがライバルとなる

 次期型は現行N-BOXのプラットフォーム&基本コンポーネンツを流用して仕立てられます。室内居住空間の拡大、使い勝手の向上、クオリティアップ、先進安全装備「ホンダセンシング」の最新バージョンの標準装備などが盛り込まれます。これによって同クラスハイトワゴンのトップセラーを目指す構えです。

 現行モデルは3月いっぱいでオーダーストップし、以降在庫一掃セールに入り、カーナビ、ETC、オプションサービスを含めると20万円以上の値引きが期待できる状況にあります。

■ホンダの1.5Lハイブリッドはすべて2モーターに

 ホンダは近い将来、1.5Lハイブリッドのシステムを、従来の1モーター式からすべて2モーター式に切り替える方針です。今年10月にフルモデルチェンジする次期型フィットを皮切りに、2020年にシャトルとグレイス、2021年にヴェゼル、2022年にフリードが一新する予定で、このフィットファミリーの次世代モデルは2モーター式のハイブリッドに代わる見込みです。

今年のホンダの最大注目車となる新型フィット。世界戦略車で2モーターハイブリッドユニットが搭載される

 2モーター式の1.5Lハイブリッドは、昨年末に新型インサイトに搭載されていますが、これをベースに量産化を進めることでコストダウンを図る方針です。

■新型CR-V&インサイト、キャンペーン展開でテコ入れ

 ホンダは昨年8月末に新型CR-V、12月にインサイトをそれぞれ発売しましたが、どちらも販売実績は今一歩の状況にあります。CR-Vは月販2500台を目標に設定しましたが、発売以来一度も達成できていません。インサイトは販売計画を公表せずに発売させています。

 ホンダ販売店筋によると「クルマそのものの商品性は高いが、ライバル車に比べると価格設定が高過ぎるため売りにくい」といった声があります。

 この価格が高いという意見をカバーするために、両モデルとも1.9%の超低金利による残価設定クレジットを設定して売り込みを強化していますが、今のところ効き目はあまりないようです。値引きを15万円以内に引き締めていますが、今後は拡大させる可能性があります。

■SKYACTIV-Xは3気筒化で1.5Lに対応か

 マツダは次世代環境技術の進化バージョンである「SKYACTIV-X」を3気筒化し1.5Lのコンパクトカー用ユニットとして次期型デミオに搭載すべく開発を進めている模様です。

 上記のとおり3月に予約開始、5月頃に発売するアクセラの後継モデル「マツダ3」には2L、4気筒のSKYACTIV-Xを搭載しますが、これを3気筒化した1.5Lユニットをデミオ用に用意することになります。

この技術はハイブリッド車並みの実用燃費を実現することがウリで、1.5Lユニットは2020年秋にもフルモデルチェンジする次期型デミオに搭載する計画が進められています。

 なお、同ユニットはかなりコスト高になりますが、これをいかに引き下げるかが課題になっています。

■次期型eKワゴンの2019年度販売計画は5万7000台

 三菱自動車は4月からの発売を予定している次期型eKワゴンの2019年度販売計画を5万7000台と強気に策定した模様です。

 eKワゴンは新しいシリーズとして従来のノーマルタイプに加えてSUV感覚の「クロス」シリーズを設定することから、従来シリーズの50%以上の増販を見込めると判断しています。なお、ノーマルタイプ、SUVタイプはそれぞれ、NAエンジン、ターボがあり、駆動方式はFFと4WDを設定します。

■今夏~秋、トヨタは新型コンパクトSUVを発売

 トヨタは今夏にも新型コンパクトSUVを発売する見通しです。ダイハツからのOEM供給モデルで、1.5L、NAガソリンエンジンを搭載する可能性が高そうです。

2017年秋の東京モーターショーに出品されたダイハツのDN-TREC。これの市販バージョンがラッシュ/ビーゴの後継車として今年中に登場する見込み

 シティ感覚のクロスオーバータイプで現行コンパクトモデルのパッソ/ブーンがベースであり、FF&4WD駆動を設定、トランスミッションはCVTが組み合わされます。トヨタのラインナップではC-HRの下に位置するコンパクトモデルとなります。

 ダイハツが車両を開発、生産してトヨタにOEM供給し、姉妹車のダイハツブランドも設定されます。デビュー時期は8月中旬の発表、発売が有力です。トヨタでは当面、トヨタ店系列で扱い、追って全系列店に拡大します。月販5000台以上でSUV登録車のトップブランドを目指すことになりそうです。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ