マツダ3は週明けから予約開始!?!? カローラ発売は10月確定?? 新車情報続々入手!!


毎回、新車ディーラーを回って「生」の新車情報を届けてくれる、流通ジャーナリスト遠藤徹氏の「地獄耳スクープ」。今回は「来週(3月4日~)からマツダ3(アクセラ後継車)の予約注文が開始される」というかなり緊急の情報が入ったため、特別編として普段より2割増しの情報量とテンションでお届けします。

文:遠藤徹
ベストカー2019年3月10日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■新型「マツダ3」(アクセラ後継車)3月4~7日より予約受付開始

2月末から、全国のマツダディーラーに新型マツダ3(アクセラ後継車)の営業マン用資料が配布され、週明け(3月4日~)から予定価格表が通達、その時点で見積もりをとることが可能となります。

(首都圏の有力ディーラーである関東マツダは3月5日からですが、その日は火曜日で一斉定休日となり、休み明けの6日もしくは7日より受付開始となるもよう)

北米市場ではすでに発表発売されている新型マツダ3。美しいデザインで、ライバルはプリウスとなるか

いよいよ予約受付開始となりますが、しかし現時点ではマツダ営業マンも車両の概況についてはほとんど知らされておらず、現時点では予定価格表とざっくりとした諸元(SKYACTIV-Xは遅れて設定されるため、そのグレード以外のモデル)のみの予約開始となるそう。

本件については予約受注開始となった来週、改めて詳細をお知らせします。

新型マツダ3はセダンも同時発売。日本ではあまり人気のないカテゴリーだが、このモデルが発売されることで復権する可能性大。この次の章で紹介するカローラセダンとほぼ同クラスとなる

■次期型カローラセダン/ワゴンは10月に投入か

トヨタは次期型カローラのセダンとステーションワゴンを今秋の10月に投入する見通しです。

今年の10月には消費税が10%へ引き上げられます。当初の投入時期だと増税前に需要が集中して、新型車効果による売れゆきが10月以降は一気に落ち込むことを配慮したため、やや発売時期を遅らせたのでは…という情報が入ってきています。

発表タイミングの問題で、欧州、中国、北米で先行発表されているカローラセダンとワゴン(日本発売名は「フィールダー」の名称が廃止されて「ツーリング」になるのでは、という情報もある)。写真は先行発表された中国市場のレビン。日本版カローラはこのフロントフェイスになるという

次期型は現行カローラスポーツと同じプラットフォームを採用し、セダン、ステーションワゴンの「ツーリング」ともに3ナンバーサイズに拡大し、クオリティアップが図られます。これにより、価格も10万円以上大幅アップする見込みです。

搭載するパワーユニットは1.2Lターボ&1.8Lハイブリッドで、ハイブリッドは現行プリウス並みの価格設定になる見通しです。

販売店は従来のカローラ店専売からトヨタ全系列店に拡大されます。これによってプレミオ/アリオンはモデル廃止になるものと思われます。

次ページは : ■従来型リーフの在庫車を大幅値引きで販売

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ