次期ヴィッツ改め新型ヤリス「本気のGR」WRCベースで準備中!! 案外安い!?

長年にわたって販売が続けられ、トヨタのコンパクトカークラスの主役として下支えを続けてきた現行型ヴィッツも、今年ついにフルモデルチェンジし、4代目に切り替わることが予定されている。

初代ヴィッツの登場は1999年、2代目は2005年に登場し、現行型となる3代目は2010年12月だから、実に8年半、現行ヴィッツは売られ続けていることになる。

4代目となる新型は、長く愛されてきた「ヴィッツ」の名に別れを告げ、日本以外の国で使われていた「ヤリス」を名乗ることになる。

本稿では、そんな新型ヤリスの最新情報を入手。

ノーマル仕様の発売1年後に、スポーツモデル「GR」が追加設定されるという。以下、当編集部に入っている現在までの情報をくまなくお伝えしたい。

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年3月10日号より


■ホットハッチ復活!! トヨタ本気のコンパクトスポーツ

トヨタ関係者からの有力情報によれば、今年秋に発表予定の新型ヤリスには、1.6Lターボを搭載するハイパワーバージョンが設定される。

今回登場予定の新型ヤリスは欧州市場におけるWRC(世界ラリー選手権)での活躍イメージを中心に、かなりスポーティな仕様が用意され、そのイメージリーダーとして用意されるのが今回お知らせする「GR」だ。

大開口のフロントエアダムと拡幅された全幅による圧倒的な迫力が魅力。欧州でのWRC人気を受けて日本でも発売される(本誌予想CG)

3代目セリカに設定された「GT-TS」や、6代目セリカの「GT-FOUR WRC仕様」など、トヨタは過去に何度か当時のラリー参戦車両をイメージさせるモデルを市販に移してきたが、このヤリスのハイパワーバージョンも、その延長線上にある。

グレード名称は「ヤリスGR」。Gazoo Racingが開発を主導する本気のモデルということだ。

2018年に発売されたヴィッツGRMNのエンジン。こちらは1.8Lガソリンエンジン+スーパーチャージャーで212ps/25.5kgmを発生していた。今回はそれを上回るハイチューンエンジンが用意される

トヨタのWRC参戦モデル、「ヤリスWRC」のロードバージョンともいうべきヤリスGR。特徴はなんといってもベースグレードとは大きくイメージを異にするワイドなフェンダーだ。

全幅の拡大によるワイド&ローなスタイリング、そしてGRモデル専用デザインとなるフロントバンパーといったエアロデバイスにより、ヤリスGRは高いロードホールディング性能と獰猛な外観のふたつを手に入れる。

拡幅されたフェンダーのなかに収まるタイヤのサイズは、225/40R18。

2017年末に発表され、150台限定で販売されたヴィッツGRMNのタイヤが205/45R17だったことを考えても、ヤリスGRがチョイスしたタイヤサイズは、かなり攻めたものであることがわかる。

こちらはノーマル仕様の「ヤリス」(本誌予想CG)。今年秋の発表予定で、欧州で先行して発売される見込み

その攻めたサイズのタイヤだが、むろん単なるドレスアップを目的としたものではない。心臓である1.6Lターボが発生する250psという出力を、あまことなく地面に伝えるためのものとして選択されている。この1.6Lターボに関しては、いまだに直4説と直3説が入り交じっている状況だが、ベストカー編集部が掴んでいる情報は「新開発の直3エンジン搭載」というもの。通常、燃費型ターボに採用される直3レイアウトで250psのハイパワーを発生させる点がヤリスGRの特徴であり、ユニークな点となっている。

この強力なエンジンに組み合わされるミッションは、前出のヴィッツGRMN同様6速MTのみで、駆動方式は4WD。250psの出力を楽しむには、最適なパッケージングといえるだろう。

■それでも高いが必死の値下げ300万円台で発売予定!!

非常に魅力的な存在であるヤリスGR、気になるのはその登場時期と価格だ。登場時期は、ベースとなるヤリスがデビューしてから、ちょうど1年後の2020年秋頃という情報が入っている。

そして価格はトヨタに近い関係者の口から、「モータースポーツ参戦を考えているユーザーのための、ベーシックなグレードは安く設定して320万円程度。モデルとしての平均的な価格は380万円程度になりそうだ」という情報が寄せられている。

かつてのヴィッツGRMNが212psの出力で400万円だったことを考えると、かなりのバーゲンプライスに感じるが、これは両車の成り立ちの違いによるところが大きい。

こちらは現在WRCで活躍中のヤリスWRカー。市販型ヤリスとこのWRカーの間をつなぐイメージリーダーとして、ヤリスGRは登場する

ヴィッツGRMNが、日本には設定されていない3ドアモデルをベースに製作されたのに対し、ヤリスGRはベースのヤリスの段階から、3ドアのハイパワーモデルを想定して開発が進められている。そこがリーズナブルな価格を実現できる理由だ。

とはいえ製作に手間がかかるのは変わりがなく、さほど多く生産できるモデルでもないため、気になるユーザーは今後の動向を注視し、正式発表となったら早めに動いたほうがいい。ヤリスGRが限定モデルとなるかどうかの情報は現状入ってきていないが、そうなってもおかしくないほどの内容だ。

トヨタのWRCにかける意気込みと技術、そのふたつをかつてないほど濃厚に味わうことができるヤリスGR。まずは来秋に向け購入資金の調達に動くことをおすすめしたい。こういったクルマを入手できるチャンスは、そう何度も巡ってくるものではない。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ