【電撃速報】新型MAZDA3事前予約受付スタート!! 最速見積もり入手!

 マツダは3月5日(火)から順次、全国のマツダ販売店にて4月発表、5月発売する予定の「新型MAZDA3(アクセラの後継モデル)」の事前予約受付をスタートさせた。

 正式発表日は4月13日、発売は5月24日を予定している。

 ボディタイプは、従来のアクセラと同じで5ドアハッチバックと4ドアセダンの2タイプ構成。外観デザインはすでに北米仕様が公開されているが、キャラクターラインを排し、シルエットの美しさを強調したデザインになっている。

 現在、各マツダ販売店には簡単な諸元表と予定価格表、営業マン用の簡易資料が配布されているが、今回その資料に基づいて見積もりを取ってきたので、以下、レポートをお届けしたい。

文:遠藤徹


■注目の新技術SKYACTIV-Xは10月に追加設定

 新型MAZDA3のボディサイズは、アクセラに比べると全幅が同じで全長は短く、全高は引き下げている。ホイールベースは20mm延長。

新型MAZDA3は北米市場で先行販売中。全長4460×全幅1795×全高1435mm、ホイールベース2725mm(北米仕様)。2.0Lガソリン仕様にはマイルドハイブリッドが組み合わされる

 パワーユニットはガソリンが1.5&2.0L、クリーンディーゼルは1.8L、これに新開発の「SKYACTIV-X(圧縮着火式ガソリンエンジン)」グレードが用意されるが、こちらは2019年10月の発売となる。

 今回、事前の予約を受付開始したのは1.5&2.0Lガソリン、1.8ディーゼルのみで、SKYACTIV-X仕様の予約開始は7月頃からになる見込み。

販売の中心は5ドアハッチバックになりそう。寝かされたCピラーが日本車らしくない色気を感じさせる

 セダンとハッチバックは基本的には同価格だが、1.5Lガソリン仕様はハッチバックのみの設定。駆動方式はFFと4WDが用意され、2Lガソリン仕様はFF仕様のみで、それ以外は両方を設定する。トランスミッションは1.5Lガソリンが6MTと6AT、ほかは6ATのみの設定となる。

 ボディカラーは、ソウルレッドクリスタルメタリック、ポリメタルグレーメタリック、エターナルブルーマイカ、チタニウムブラックマイカ、ジェットブラックマイカ、ソニックシルバーメタリック、ディープクリスタルマイカ、スノーブレイクホワイトパールマイカの8色。

 シート色はピュアホワイト、クロマブラック、パフォーレシャーレット、ブラック/チャコールの4色が組み合わされる。

 安全対策&装備は、従来のデバイスに加えて、検知機能を人や標識まで拡大するのをはじめ、後進時スマートブレーキサポート、眠気防止のドライバーモニタリング、高速道路でのクルージング&トラックサポートなどを標準装着やメーカーオプションで設定。ナビは従来の7インチに加えて8.8インチを採用。

 車両本体価格は従来アクセラに比べて平均10万円程度のアップとなる。

 1.8Lディーゼルは2Lガソリンに比べて30万円程度高い。7月から予約開始、10月頃から発売となるSKYACTIV-Xは2Lガソリン仕様に対して50~70万円高い設定となる。

 また、4WD車は2WD車に対して20万円強高い。5ドアハッチバックとセダンは同一エンジンだと同価格。15の6MTと6ATも同じ。

今回入手した見積もり。売れ筋となるであろう20Sプロアクティブで見積もると、総支払い額は3,248,336円となった。SKYACTIV-Xはこの50万円高となるので……ちょっと高いか……

■「販売はハッチバックの1.5L車が中心になると思う」(首都圏マツダ店営業マン)

 以下、マツダ営業マンに直接話を聞くことができたので、その声を紹介する。

「新型MAZDA3は全体的にデザインがよく、クルマとしての出来もよいので、売れ行きは従来のアクセラよりずっと期待できる。

 80%以上が5ドアハッチバックで占められそうだ。エンジン別だと70%以上は1.5Lになると思われる。

 SKYACTIV-X仕様は2Lガソリン仕様よりも50万円以上高いので、たとえ燃費がよくて性能がよくても、それほど売れないのではないか。圧縮着火方式とマイルドハイブリッドの組み合わせだから、コストアップになっている。

 値引きは、売れ行きと注文の入り具合によるが、10万円程度からのスタートになるだろう。もちろん初期受注がすごい勢いで入れば渋くなる。

 なにより早く実車(展示車や試乗車)を回してほしい」

 上述のとおり、正式発表は4月13日、発売は5月24日となっているから、連休中には各ディーラーに展示車が配備されるだろう。試乗できる日を心から楽しみに待ちたい。

こちらは4ドアセダン(北米仕様)。日本でのセダン人気は低下ぎみだが、このクルマなら乗ってみたいと思わせる雰囲気がある

4ドアセダンのリアフォルム。価格はハッチバックと同額となる

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ