【ハイエース、アルファード、ヴォクシー次期型掴んだ!!】ミニバン王国トヨタの次の一手

 ミニバン王国トヨタのフラッグシップ、アルファード、中堅どころのノア、そして商用車で断トツの人気を誇るハイエースの次期モデル、派生車種がどうなるのかという注目度はかなり高い。今クルマ界で最も注目されているといってもいいほど。

 そのニーズに応えるべく、ベストカーのスクープ班がつかんだ飛び切りの最新情報をお届けする。

 まだすべてが確定情報ではないが、2019年から2022年にかけてトヨタがミニバンでも一大攻勢をかけてくることは間違いない。期待して待て!

文/写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー9月10日号


車種整理により人気ミニバンも例外なく統合

NEWアルファード
2021年夏デビュー

トヨタの販売店統合により、アルファードに統一されて登場する新型。Aピラーを寝かしたスポーティなデザインで、パワーユニットは2.5Lハイブリッドと2.4Lガソリンターボの2種類を搭載

【画像ギャラリー】ミニバン王国トヨタの精鋭+α

 ミニバン王国トヨタの勢いが止まらない。2019年年末、2021年、2022年と大物モデルが3連発で登場する。

 なかでも一番の大物がアルファード/ヴェルファイアだが、これはアルファードに統合されて2022年4月にフルモデルチェンジの予定。

BCスクープ班が入手したデザイン案を再現したのが左のCGだが、さらにエグさを増す顔とは裏腹に、Aピラーは寝かされ、かなりスポーティなフォルムに変身する。

 エンジンは2.5Lハイブリッドと現行型のV6、3.5LV6に置き換わる直4、2.4Lターボを搭載。この2.4Lターボは320ps/45.0kgm程度のスペックが予想されている。ロングホイールベース仕様やレクサスバージョンもあるという情報だ。

NEWノア(標準&カスタム)
2022年夏デビュー

こちらがノアの標準タイプ。エアロパーツを装着したカスタム系よりもおとなしめ
ノア/ヴォクシーも次期型ではノアに統合されるが、カスタム仕様(白ボディ:予想CG)も設定されそう。新プラットフォームのTNGAを採用し、走りはさらに上質になる。2Lガソリンと2Lハイブリッドを搭載して2022年夏登場

 ノア/ヴォクシーは2021年夏にモデルチェンジ。こちらもノアに統合され、ノーマル仕様(5ナンバー)とカスタム仕様(3ナンバー)が設定されるとの情報。

エンジンは直4、2LガソリンとレクサスUXに積まれている2Lハイブリッドが予定されており、リアをモーターで駆動するE-Fourも採用される。

グランドハイエース
2019年12月デビュー

2019年末にも登場するといわれているグランドハイエース。TNGAで作られるアルファードよりも大きなサイズのミニバンで、エンジンは直4、2.7Lガソリンと2.8Lディーゼルターボとの情報。2019年10月に開催される東京モーターショーで初公開か?

 そして、もしかすると今年中にもデビューするといわれているのがグランドハイエースだ。今年5月に台湾とオーストラリアで発売を開始したグランビアをベースにした大型ミニバンで、全長5300×全幅1970×全高1990mmのビッグサイズゆえに室内の広さは現行アル/ヴェル以上とされるクルマ。

 搭載エンジンは直4、2.7Lガソリンと2.8Lのディーゼルターボが有力視されている。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ