ダイハツのSUV&ミニバン戦略を追う!!! 秋から大攻勢がスタート!?

 軽自動車でライバル関係にあるスズキが登録車のラインナップを拡充するいっぽう、ダイハツは自社開発の登録車は「ブーン」と「トール」の2車種のみの展開だった。しかし、ついにダイハツもこの秋から小型車のニューモデル攻勢が始まる!

※本稿は2019年8月のものです
文:ベストカー編集部/写真:DAIHATSU、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


■今年はSUV、来年はミニバン!!

 その新型車の一台目がコンパクトSUV。正式デビューは11月上旬で、その直前の東京モーターショーに出展して、お披露目される予定だ。

 ベースとなるのは2017年の東京モーターショーで参考出品されたコンセプトカーの「DNトレック」。その市販バージョンとなるモデルで、全長4m未満のコンパクトなサイズに、1L直3のNAエンジンとそのターボを搭載。

●ダイハツ 新型コンパクトSUV(2019年11月デビュー)

写真は2017年の東京モーターショーで参考出品されたダイハツの「DNトレック」。新型コンパクトSUVはこのコンセプトカーをベースに、新しいDNGAのプラットフォームなどを採用して開発。AセグのSUVで、1LのNA&ターボエンジンが搭載される

 ジムニーシエラに近いサイズだが、シエラよりもずっとオンロード寄りのSUVになる。駆動方式はFFと4WDを用意する。

 さらにもう一台、予定されているのが小型の3列シートミニバンで、来年春以降のデビューになると予想。

こちらはDNトレックにはご先祖様にあたるとされるダイハツ ビーゴ。2006~2016年に販売された

■東京モーターショーで紹介されたコンセプトモデルの画像をチェック!!

●ダイハツ 新型ミニバン(2020年冬デビュー)

新型ミニバンは2017年東京モーターショーの「DNマルチシックス」のコンセプトを継承する6人乗車のコンパクトミニバン。サイズはホンダフリードクラス

 こちらは2017年東京モーターショーのコンセプトモデル、「DNマルチシックス」の市販バージョンになりそうだ。

 ホンダのフリードに近いコンパクトサイズながら、6人がラクに乗れるパッケージングを実現するはず。エンジンは1L直4ターボを搭載する。

 また、ダイハツは同時期に軽自動車の新型SUVも発売するという情報もある。ターボエンジン車も用意され、2WDと4WDがあるという。

 なお、3モデルともトヨタにOEM供給され、販売台数も期待できるクルマとなる。

■東京モーターショーで紹介されたコンセプトモデルの画像をチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ