RDS、車いすレーサーで培った技術を生かし、3つの最先端プロダクトを発表


■東京五輪2020大会で金メダルを目指す伊藤智也選手(57)をバックアップ!

 モータースポーツ、医療・福祉、最先端ロボットなど多くの製品開発をしてきたデザイン会社、RDS(杉原行里代表取締役社長)がこのほど、車いすレーサー(陸上競技用車いす)の技術から生まれた最先端プロダクトを発表した。

 イベントでは社長の杉原氏のほか、RDSがサポートする車いす陸上選手の伊藤智也選手、車いすレーサーとその関連開発を行うチームのメンバーが登壇し、開発秘話などを語った。

■車いすレーサーとは?

 うしろに2つの大きなタイヤ、前に1つの小さなタイヤが特徴の車いすレーサー。この車イスレーサーを使った陸上競技はモータースポーツに近い迫力やスピードが魅力の競技だ。来年に控える東京2020大会のパラリンピックでも実施されるので、ぜひ注目してほしい。ちなみに自動車業界ではホンダがグループ会社の八千代工業とともに手掛けているほか、BMWグループのBMWデザインワークスも開発をすすめている。

次ページは : ■RDSとは?