こんなの見たことない!? 荷台にベルトコンベアを搭載したカナダ産トレーラが日本初上陸!!

 静岡市の高橋ボデー(高ははしごだか)が販売するライブボトムトレーラは、カナダのトラウトリバー社が製造する主に土砂運搬用の特殊トレーラである。

 最大の特徴は、荷台フロア部に頑丈なベルトコンベアを搭載しており、それを使って荷降ろしを行なうという点。国内の土砂運搬ではダンプが絶対的王者として君臨しているが、ライブボトムトレーラは荷台をダンプアップさせずに荷降ろしができ、横転リスクが少ないことなどが強み。

 今後、市場で存在感を発揮していけるか注目の存在だ。今回は同車両の記念すべき国内第1号車のレポートをお届けしよう。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部、高橋ボデー
※2021年12月10日発売「フルロード」第43号より

【画像ギャラリー】王者ダンプに挑戦状!! これがライブボトムトレーラのベルコン荷台だ!!(9枚)画像ギャラリー

ライブボトムトレーラを日本で販売する理由とは?

高橋ボデーが販売するトラウトリバー社製ライブボトムトレーラの日本仕様。こんな荷台形状見たことない!?

 トラウトリバー社は、カナダの東海岸に浮かぶプリンスエドワード島を本拠地とする特装車メーカー。荷台フロア部に搭載するベルトコンベアで荷降ろしを行なう特装車が専門で、同分野ではカナダ最大手に君臨するという。

 いっぽう高橋ボデーは、ダンプ、スクラップ運搬車、脱着ボディ車など特殊なトラックボディを得意とする架装メーカー。油圧とスウェーデン鋼の取り扱いを得意とし、新明和工業、フジタ自動車工業、スウェーデンスティール社と契約を結んでいる。

 両社は2019年、パートナー契約を締結。これは日本進出にあたって油圧とスウェーデン鋼のノウハウを持つメーカーを探していたトラウトリバー社と、長年ダンプ以外の土砂運搬用車両を探していた高橋ボデーの思惑が一致して契約が実現したもの。

 高橋ボデーがダンプ以外の土砂運搬用車両を探していた理由は、ダンプは荷台をダンプアップさせる時に横転するリスクがあるからで、ライブボトムトレーラはそのリスクがなく、また荷降ろしスピードもダンプと遜色ないことから「ぜひ使ってほしい」として契約を結んだのだという。

なお、販売は高橋ボデーのほか、岡山県倉敷市の山田車輌も協力。高橋ボデーが車両仕様の決定、発注、輸入、販売の全体を担当し、山田車輌は日本全国で展開する中古トラック販売ネットワークを活かして広域での販売サポートを行なうという。

幅広い積み荷に対応する独自のベルトコンベア

荷台フロア部に搭載されるベルトコンベアは熱に強い特殊なゴム製。駆動用チェーンは市販最強クラスのものを使用する

 ライブボトムトレーラの日本仕様は、カナダ仕様をベースに、寸法や車軸バランスを最適化したもの。車両寸法は全長9810×全幅2500×3170mmで、連結全長は約13m。取材車両(土砂運搬用)は最大積載量28000kgである。

 バスタブのような形状にちなんで「タブ」と呼ばれる荷台はスウェーデン鋼(耐摩耗鋼板)製で、荷台フロア部にベルトコンベアを搭載。積み荷の種類は幅広く、土砂、砂利、アスファルトなどの建設資材、鉄鋼原料、チップ、産業廃棄物などに対応する。

 具体的には、6インチ(約151mm)以内のバラものならほぼ何でも運べるが、金属スクラップなどの鋭利なものはベルトが傷付くためNGだ。

 操作は簡単で、本体もしくはスマホアプリから操作可能。どちらの方向にも回転できるので、積み込みにも荷降ろしにも使用可能。また、駆動用チェーンに自動給油を行なうシステムも内蔵されているので、基本的にメンテフリーで使用できるのも魅力だ。

 いっぽう「ボギー」と呼ばれるフレーム部もスウェーデン鋼(高強度構造用鋼板)製。荷台締結は走行中のねじれに強いという独自のボルト締結式を採用。車軸はSAFホランド社製で、エアサス/リフトアクスル/ワイドシングルタイヤ/ドラムブレーキの組み合わせだ。

 なお、ワイドシングルタイヤは455/55R 22.5を標準装備。これだけでもダブルタイヤと比べて1軸あたり約60kgの軽量化となるが、さらなる軽量化のため385幅も検討中。また、このほかにも日本仕様ならではの改良を順次行なっていく方針という。

次ページは : もう1つのライブボトムトレーラとは?