三菱 新型軽EV&新生ラリーアートを東京オートサロンで披露

三菱 新型軽EV&新生ラリーアートを東京オートサロンで披露

 2022年1月に開催された東京オートサロン、三菱ブースで注目を集めた『K-EVコンセプト Xスタイル』。2022年に販売を目指している軽自動車規格のEVだ。

 そしてさらにもうひとつ、2021年5月に復活が明言された三菱ラリーアート、その新生ラリーアートの具体的なイメージを伝えるコンセプトカー。

 東京オートサロン三菱ブースの注目車をご紹介!

※本稿は2022年1月のものです
文/ベストカー編集部、写真/MITSUBISHI、ベストカー編集部、撮影/平野 学、西尾タクト
初出:『ベストカー』2022年2月26日号

【画像ギャラリー】復活の三菱ラリーアート、そして軽規格EV!! 東京オートサロン2022 三菱ブースは日の出の勢い!?(18枚)画像ギャラリー

■新しいラリーアートの可能性を表現したヴィジョン ラリーアート コンセプト

ヴィジョン ラリーアート コンセプト。三菱自動車の技術とクルマづくりへの情熱を結集し、新型アウトランダーPHEVをベースに走りにより磨きをかけたカスタムモデルを提案(現時点ではコンセプトカーです)
ヴィジョン ラリーアート コンセプト。三菱自動車の技術とクルマづくりへの情熱を結集し、新型アウトランダーPHEVをベースに走りにより磨きをかけたカスタムモデルを提案(現時点ではコンセプトカーです)

 三菱自動車ブースでは環境に配慮しながらアクティブなカーライフが楽しめるコンセプトカーやカスタムカーを公開。そのなかでも注目を集めたのが「ラリーアート」の復活と「軽EV」だ。

「ラリーアート」は三菱がモータスポーツ活動を通じて、三菱車の競技用パーツやカスタマイズに磨きをかけてきたブランド。2009年に活動を停止していたのだが、三菱は昨年5月にラリーアートブランドの復活を明言。

 タイではトライトンとパジェロスポーツのラリーアート仕様を展開しているが、国内での新生ラリーアートのイメージを伝えるコンセプトカーがオートサロンに登場。それが「ヴィジョン ラリーアート コンセプト」だ。

 新型アウトランダーPHEVがベースで、そのスタイルは22インチの大径タイヤを収める大きく張り出したオーバーフェンダーをはじめとしたエアロパーツが大迫力。

 動力性能は公表されていないが、「強力なモータートルクに見合った制動性能を発揮する大径ブレーキディスクと対向6ポットキャリパーを採用」との広報資料からハイパフォーマンスモデルであることがうかがえ、まさにアウトランダーのエボ仕様といえる。

 このヴィジョン ラリーアート コンセプトはコンセプトカーのため具体的な市販予定はないが、今回の公開で三菱が反響を確かめたいと考えていることは確か。

 ラリーアートはまず今年3月にパーツ販売で国内復活をする予定で、オートサロンではそのパーツ装着車としてアウトランダーとエクリプスクロスの「ラリーアートスタイル」を展示。これに続く、ラリーアートコンプリートカーの誕生を期待したいところだ。

次ページは : ■待望の軽規格電気自動車 K-EVコンセプト Xスタイル

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ