【90を超える未来体験ができる!!】FUTURE EXPOは東京モーターショーの隠れた目玉


 東京モーターショー2019は東京ビッグサイト会場と青海&メガウェブ会場の分割開催となっているが、メガウェブ会場の目玉のひとつとして注目されている『FUTUER EXPO(フューチャー・エキスポ)』は、約60社の企業・団体の最新技術が終結したもので、90を超えるコンテンツで未来を体験できるのが魅力となっている。

 2019年10月22日(火)に一部のコンテンツについて先行的に体験する機会を得たので紹介していく。会場に行く時の参考にしてほしい。

  東京モーターショー2019は、10月25日から11月4日まで一般公開。東京都江東区の東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、メガウェブで開催される。

 チケットは一般2000円(大人)。各プレイガイドにて販売されるが、初の試みとして高校生以下は入場無料となる。

文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学

【画像ギャラリー】トヨタの超小型EVが見られるのはFUTURE EXPO


ちょっと未来というのがポイント

各自動車メーカーのブースではなくFUTURE EXPOにしか展示されないコンセプトカーも多くあるため見逃さないように要チェック。写真はトヨタLQ

 FUTURE EXPOはちょと未来の日本の生活を最先端の技術により具現化、提案するというのがコンセプトとなっている。

 ポイントはちょっと未来という点だから、絵空事でもなければ夢物語でもない。ここで出展されている技術は一部商品化、実用化されているなどリアリティもある。

 メガウェブの1階に特設の入り口があり、1/入国→2/移動体験→3/都市→4/スポーツ→5/地方観光→6/未来のエネルギーと順に体験することができる。

ちょっと未来の日本への入国から始まり、合計6つのゾーンを体験できるのがFUTURE EXPOの魅力で、その数は90を超える

 東京モーターショー2019の 「主な出展車はこちら」。

入国

 特設入り口のトンネルを抜けると、未来の日本に入国できる。

 AI(人工知能)によるバーチャルキャラクターが入国時にお出迎えしてくれる。日本語、英語、中国語など、多言語を巧みに操るので誰でも安心して入国できる。

ウサギを模したバーチャルキャラクターは日本語が堪能な女の子(?) 現在は言葉を覚えているというが、いろいろ質問して会話を楽しめる

 入国時のこのバーチャルキャラクターといろいろ話をしてほしい。名前は? 年齢は?だけでなく、3人並んで、どの人がタイプ? などと聞くと、悩んで1人を選ぶなど、あたかも人間とやり取りしているみたいで超新鮮だ。

 この入国に関しては、世界最先端の顔認証技術なども使われている。

パンダを模したバーチャルキャラクターは中国語が堪能なだけでなく、日本語、英語もバッチリしゃべることができる。ニーハオと話しかけてみよう

次ページは : 移動体験

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ