マツダが初の量産EVのMX-30を世界初公開!!【東京モーターショー2019】


 2019年10月23日、東京モーターショーのプレスデーにてマツダがMX-30を世界初公開した。

 マツダはこれまで少量生産の先代デミオをベースにしたEVを中国地方の自治体や企業を中心に100台がリース販売されたことはあるが、MX-30はマツダ初の量産EVということになる。

 マツダが手掛けたEVについてレポートしていく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:MAZDA、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】東京モーターショー2019で世界初公開されたマツダMX-30


マツダは2020年に創業100周年

 マツダの東京モーターショー2019のテーマは『人(あなた)と共に創る』。

「マツダは2020年に創立100周年という大きな節目を迎えるにあたり、次の100年に向けてマツダとのつながりに誇りや愛着を感じてもらえるような会社になることを目指す」と丸本明代表取締役兼CEOはプレスカンファレンスの冒頭でコメントした。

東京モーターショー2019のプレスカンファレンスでの丸本社長と竹内都美子主査。このクルマはマツダにとって新たな挑戦となる

 自動車産業は100年に一度の変革期にあり、欧州を中心に電動化の動きが激しくなっている。マツダもその流れに抗うことはできない。

 その電動化について丸本社長は、「2030年時点で生産するすべての車両に電動化技術『e-SKYACTIV』を搭載する」と言及した。

 今回東京モーターショー2019で世界初公開されたMX-30はマツダの電動化技術であるe-SKYACTIV搭載の第1弾となる。

 MX-30はどんなクルマなのかを具体的に見ていこう。

ライフスタイルに合わせてそれぞれが自由な発想でMX-30を楽しむ、という壮大なコンセプトのもとに開発が進められてきた

CX-30をベースにEV化

 世界初公開されたMX-30のボディサイズは全長4395×全幅1795×全高1570mmということで、新たに追加されたCX-30と比べて全高が30mm高いだけ。ホイールベースも2655mmで同じだ。

 搭載されるモーターのスペック(最高出力/最大トルク)については、認可前なので非公表とのこと。駆動方式はFFとなっている。

プロトタイプとはいえども欧州で予約が開始されたことからもわかるとおり、ほぼ市販モデルといっていい。魂動デザインの最新進化モデル

 駆動用バッテリーについては、リチウムイオンバッテリーで角型セル、総電圧355V、総電力量(バッテリー容量)は35.5kWhと発表されている。

 日産リーフの総電力量が40kWhと62kWhだということを考えるとMX-30の総電力量は小さい。実際に航続距離は約200km(欧州のNEDC)と短い。

 しかしマツダでは、大容量のバッテリーを積むことが正しいとは考えていないようで、バッテリーを作る時に排出するCO2を減らすためというのもバッテリーが小さい理由のひとつだという。

MX-30はCX-30とプラットフォームを共用しEV化。エンジンとモーターではパワートレーンは違うがクルマ作りの基本は同じマツダ流

次ページは : 魂動デザインがさらに進化

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ