スバル新型レヴォーグ 2020年後半発売確定!! 見逃せない最新情報


 2013年11月20日、第43回東京モーターショーにおいてワールドプレミアされ、 2014年4月に発売を開始した日本国内専売ステーションワゴン 「レヴォーグ」。現在ではフォレスター、XVと並び、スバルの人気モデルとなっている。

 最新2カ月の販売台数は、フルモデルチェンジしたフォレスターやXVには負けるものの、8月度1685台、9月度1105台と、スバルのラインアップのなかでは堅調な売れ行きだ。

 そんな失敗の許されない人気モデルの新型が、ついに2019年10月23日に東京モーターショーで発表された。まだコンセプトとしているが、外観などはほぼこのまま発売されることになるだろう。

 そこで、モーターショー会場で直接開発者に取材し、聞くことに成功した新型のポイントや、発売時期、価格といった、新型を検討している人には気になってしょうがない情報を、渡辺陽一郎氏がお届けする。

文/渡辺陽一郎
写真/SUBARU 、編集部

【画像ギャラリー】エッジの利いた、新型レヴォーグのエクステリアデザインをチェック!


■デザインから見える、新型レヴォーグのポイント

 今は欧州市場を除くと、ワゴン(ステーションワゴン)の人気が下がり、特に国産車は車種数を減らしている。

 少数精鋭になったワゴンカテゴリーのなかで、注目される車種がスバルレヴォーグだ。ミドルサイズのボディは運転しやすく、後席と荷室にも相応の空間があって居住性や積載性も良好だ。エンジンは水平対向4気筒でターボが装着され、スバルらしい走りのよさを満喫できる。レヴォーグはワゴンの定番車種になった。

 このレヴォーグが、2代目にフルモデルチェンジされる。次期型の国内発売は、メーカーによると2020年後半だ。販売店に尋ねると「詳細なスケジュールは知らされていないが、おそらく発売は9月頃で、受注は6月頃に開始するだろう」という。

 フルモデルチェンジに先立ち、レヴォーグのプロトタイプ(試作車)が第46回東京モーターショーに出展されたので、内容を見ていきたい。

 まず外観は、基本的に現行型を踏襲した典型的なワゴンスタイルだ。そのうえで違いを見ると、フロントマスクは鋭角的になり、フェンダーの張り出しも強調されている。今のスバルの造形は「ダイナミック&ソリッド」で、力強く塊感のあるデザインをテーマにしており、次期レヴォーグも現行型に比べて存在感を強める。

新しいデザインコンセプト、「BOLDER(大胆な)」をスバル車として初めて採用。フロントマスクのフロントグリルとヘッドライト部分の造形に取り入れられている
現行型レヴォーグ。新型のほうがフロントマスクの造形がかなり凝っている

 フェンダー周辺の形状は、SUVとワゴンの中間的なクロスオーバー風にも見える。今の街中には、SUVやクロスオーバーが増えて、現行レヴォーグは少し控え目な印象になった。そこが流行に便乗しないスバルらしさでもあるが、次期型は少し戦闘的な方向へ発展する。

 注意したいのは後方視界だ。現行レヴォーグでは、サイドウィンドウ下端のラインがほぼ水平だが、次期型はリヤ側のドアノブ付近から持ち上げている。前方と側方の視界は現行型とほぼ同じだが、斜め後方は悪化する。

 スバルは車両開発の考え方に「0次安全」を掲げてきた。周囲の見やすい良好な視界などを確保することで、走る前から安全性を高める発想だ。カッコよさと優れた機能の両立は、工業デザインの本質だが、今のクルマは日本車、輸入車を問わず視界が大幅に悪化している。この流れのなかで、スバル車は今でも他メーカーに比べると視界が優れているが、現行インプレッサ以降は後方が少し見にくくなってきた。

 開発者に「もはや0次安全はどうでもよくなったのか?」と尋ねると、「絶対にそんなことはない。デザイナーとエンジニアの間では、ミリ単位での検討が繰り返されている」とコメントした。この言葉が本当なら、スバルにとって次期レヴォーグの視界が限界だろう。

下の現行モデルと比較するとわかりやすいが、新型は後方で切れ上がっているため、現行型に比べて視界が狭くなっている
こちらは現行型レヴォーグ

■新型レヴォーグのサイズ感

 ボディサイズの数値は公表されていないが、プラットフォームは現行インプレッサから採用が開始された「スバルグローバルプラットフォーム」を使う。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値は、現行レヴォーグが2650mm、インプレッサは2670mmだから、新型は後者の数値になる可能性がある。

 全長は現行型が4690mm、全幅は1780mmだ。ホイールベースの拡大分だけ全長が伸びることも考えられるが、4710mmといった数値になると、中途半端な膨張感が生じてしまう。全長は4690mmに抑え、デザインの変化で全幅は1795mm程度に拡大するかもしれない。いずれにしろミドルサイズの範囲を逸脱することはない。

現行型の全幅が1780mm。日本専売ということを考慮すると、1800mm以下は死守したいところか

 車内の広さは、現行型を若干上まわる。現行型の場合、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシがふたつ少々収まる。この余裕があれば、ワゴンの後席として不満はない。それでもインプレッサは現行レヴォーグより少し広いから、次期型もこれに合わせるだろう。

 スバルグローバルプラットフォームは、剛性を高めて走行安定性と乗り心地を向上させるだけでなく、空間効率も優れている。居住性や積載性にも優れた効果をもたらす。

現行型でも充分な広さを持っているレヴォーグだが、新型ではさらに快適性に磨きをかける

 ボディ構造は、スバルグローバルプラットフォームを使ったうえで、フルインナーフレーム構造を採用する。北米で発売された新型レガシィから使われる手法だ。従来の製造方法では、ボディの上側とシャシーに相当する下側を溶接していた。

 そこをフルインナーフレーム構造では、上側まで含めてまずボディ骨格を造り、そこに外板を装着する。軽量化とボディ剛性の向上を両立できるのがメリットだ。

次ページは : ■新開発エンジンと先進安全装備の進化は?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ