【新型ハスラー、アリア、ホンダe…】 TMSでヴェールを脱いだ注目車たち 8選


 10月23日から11月4日まで様々な話題を振りまいて盛り上がりを見せた今年の「東京モーターショー2019」。とはいえ、主役はやはりクルマたちだ。

 今回は東京モーターショーでヴェールを脱いだ各メーカー注目のクルマたちを振り返ってみたい。

【画像ギャラリー】各メーカー渾身の新型車・コンセプトモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年11月のものに適宜修正を加えています
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年12月10日号


■マツダ MX-30

●“走りの楽しさ”は絶やさず! マツダDNAを継承するピュアEV

 マツダ初の量産型ピュアEVとして今回の東京モーターショーでワールドプレミアされたMX-30。

東京モーターショーでワールドプレミアされたMX-30は、すでに欧州では受注が始まっており、いわゆるコンセプトカーではなく、実際に販売されるモデルのプロト仕様といった感じ。その欧州では2020年からデリバリーがスタートする

 今年9月にノルウェーのオスロで一部メディアが試乗したCX-‌30ベースの先行開発車「e-TVP」があったが、MX-‌30はその市販モデルであり、マツダEVのパワートレーン、「e-SKYACTIV」搭載第1号モデルとなる。

 市販されているCX-30と一見、似たようなボディサイズのように感じさせるのだが、それもそのはずで全長4395×全幅1795×全高1570mm、ホイールベース2655mmというMX-30‌のディメンションはCX-30と全高以外はまったく同じなのだ。だが、エクステリアから受ける印象はまったく違う。

日本での発売開始は欧州から少し遅れて2020年冬から翌2021年春頃と予想。先進安全技術のi-ACTIVSENSEにはSBS(スマート・ブレーキ・サポート)という交差点での衝突事故防止を図る機能が新たに追加されている

 具体的にはフロントセクションでは、ほかのマツダSUVに採用される巨大なペンタゴン(五角形)グリルが小さくなっており、シャープな印象となり、リアピラーがCX-30よりも寝かせられてクーペルックがより鮮明になっている。

 さらに、RX-8以来となる観音開きドアの「フリースタイルドア」を採用していることも大きなポイント。

 そして、ピュアEVで最も気になってくるのが航続可能距離。搭載するモーターの最高出力と最大トルクは公表されていないが、e-TPVのモーターから最高出力143ps、最大トルク27.0kgと予想される。

かつてのRX-8以来となる観音開きドア、「フリースタイルドア」を採用。初のEVがクーペスタイルのクロスオーバーSUVというのがマツダらしい

 また、バッテリー容量は35.5kWhと判明していることから、1度の充電で欧州WLTCモード約200km走れることになる。

 シャシーはマツダ3から採用されたSKYACTIVアーキテクチャの進化版が採用され、駆動方式はFFとなる。重量増を嫌い、4WDの設定はない。

MX-30に採用されたのは、マツダ3から投入されたSKYACTIVアーキテクチャの進化版となる。高強度で高効率なエネルギー吸収構造となっているのが特徴で、高い衝突安全性能を実現しているという。また、高電圧リチウムイオンバッテリーには綿密な保護構造が取り入れられており、マツダ最新の開発思想と技術が惜しみなく注ぎ込まれていると言えるだろう

 気になるのはその乗り味。現行マツダ2(※発売時はデミオ)のハンドリングを担当していた竹内登美子主査によれば、既存のEVのようにペダルを踏んだ瞬間から強大なモーターによる加速が始まるのではなく、ガソリンエンジンに近いフィールになるという。

“人馬一体”を掲げるマツダらしいEVに仕上がっていることは想像に難くない。発売は2020年冬。今から楽しみに待ちたい!

サイドへの拡がり感があるインパネデザインはマツダ3以降採用のコックピットイメージだ

■マツダMX-30主要諸元(欧州仕様車)
・全長×全幅×全高:4395×1795×1570mm
・ホイールベース:2655mm
・原動機:交流同期電動機
・駆動用バッテリー:リチウムイオンバッテリー、総電圧=355V、総電力量=35.5kWh
・サスペンション:ストラット/トーションビーム
・タイヤサイズ:215/55R18
・ブレーキシステム:Fベンチレーテッドディスク、Rディスク・回生協調制御

■LEXUS LF-30 Electrified

●レクサス電動化時代への技術的アピールだ!

 エクステリアは跳ね上げ式ガルウイングドアの4シーターでクロスオーバーSUV的なフォルムということもあり、いかにもコンセプトカー然とした雰囲気なのだが、ここで示される“レクサス電動化ビジョン”は今後レクサスが進むべき道を明確にするもので、とても興味深いものだ。

全長5090mm、ホイールベース3200mm! ドアはルーフ側を支点に上方にガバリと開くガルウイング。24インチの大径タイヤはインホイールモーターを組み込んだ4輪独立制御EVだ

 すなわち、電動化技術を使い基本性能を大幅に進化させることで、自動運転化などモビリティ社会が変化し続けるなかでもクルマを持つ喜びや楽しさを提供し続けていくことを目指すという、レクサスの思想の表現がこのクルマ。

 24インチの大径ホイールは4輪合計400kW/700Nmになるインホイールモーターが組み込まれており、タイヤとともにグッドイヤーブースでも技術展示されていた。

タイヤはグッドイヤーが専用開発したもので、インホイールモーターの冷却効果を発揮する、フィンがトレッド面が採用される

 レクサスは間もなくブランド初のEVを発表し、2020年代前半にはEV専用モデルを投入することをモーターショーの場で発表した。

 このクルマで示されたEV技術は今後に活かされていく!!

ガルウイングドアが開くとセンターピラーレスで前後席にアクセス可能。3200mmのホイールベースで後席足元スペースも広い

■レクサス LF-30 Electrified 主要諸元
・全長×全幅×全高:5090×1995×1600mm
・ホイールベース:3200mm
・車両重量:2400kg
・航続距離:500km(WLTP)
・バッテリー容量:110kWh
・充分能力:150kW
・0-100km/h加速:3.8秒
・最高速度:200km/h
・最大出力/最大トルク:400kW/700Nm

次ページは : ■レクサス LCコンバーチブル