日産 新型セレナ試乗 トヨタ ノア/ヴォクシー ホンダ ステップワゴンとどれを選ぶ!!?

日産 新型セレナ試乗 トヨタ ノア/ヴォクシー ホンダ ステップワゴンとどれを選ぶ!!?

 2022年11月28日にフルモデルチェンジを果たした日産 新型セレナ。先行する形でデビューしたトヨタ ノア/ヴォクシー、ホンダ ステップワゴンとどちらを選ぶべきか?? 自動車評論家 松田秀士氏が試乗した!

●日産セレナのここがポイント
・全幅1695mmの5ナンバーサイズボディあり。ハイウェイスターとLUXION(ルキシオン)は全幅1715mm
・パワーユニットは2Lガソリンと1.4Lのe-POWERで、マイルドハイブリッドは廃止
・「LUXION」はプロパイロット2.0を装備し、プロパイロットは全モデルに標準装備
・乗員が酔いにくいクルマを目指した!!
・室内の広さはクラスナンバーワン!!


※本稿は2022年12月のものです
文/松田秀士、ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部 ほか、撮影/奥隅圭之
初出:『ベストカー』2023年1月10日号

■日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ!!!

第2世代e-POWERの発電用エンジンはパワーアップと同時に静粛性を大きく高めた
第2世代e-POWERの発電用エンジンはパワーアップと同時に静粛性を大きく高めた

 日産の「超」が付くほどの人気ミニバン セレナが約6年半ぶりにフルモデルチェンジ。ノア/ヴォクシー、ステップワゴンが相次いで刷新されたなか、セレナは満を持してのデビューとなる。

 コンセプトは「家族みんなが快適に楽しめるミニバン」で、旧型から一貫して追求しているBIG(パッケージ)、EASY(ストレスフリー)、FUN(運転がさらに楽しく)という要素を進化させつつ、時流に合わせてコネクト性能(車内Wi-Fiなど)をプラスしている。

 標準、ハイウェイスターに加え、最上級モデルとしてLUXION(ルキシオン)を新設定。ミニバンとして世界初の自動運転レベル2のプロパイロット2.0を搭載し、価格も断トツ高い479万8200円!

 ライバルのノア/ヴォクシー、ステップワゴンが3ナンバー専用ボディとなったのに対し、旧型同様に標準タイプは全長4690×全幅1695×全高1870mmの5ナンバーサイズ! 一方ハイウェイスター&LUXIONは全長4765×全幅1715×全高1870mm。

 ボックスタイプのいかにもミニバンといったプロポーションながら、縦に3灯並べたヘッドランプが特徴的なフロントマスクはかなり斬新なイメージのフィニッシュを見せている。

プレミアムグレードのLUXION(ルキシオン)を新設定
プレミアムグレードのLUXION(ルキシオン)を新設定

 旧型同様にシンプルな標準タイプ、グリル面積が広くスポーティなイメージのハイウェイスター&LUXIONとでデザインが差別化されている。ハイウェイスター系が人気となるのは間違いないだろう。

 パワーユニットは、2L、直4DOHC(150ps/20.4kgm)と新開発の1.4L、直3DOHC(98‌ps/12.5kgm)を発電用とするe-POWERの2種類。

 旧型にあったマイルドハイブリッドは、「ガソリンエンジンで、旧型のマイルドハイブリッドと同等以上の燃費性能を確保できた」(新型セレナの開発者)という理由から消滅となった。

 第2世代e-POWERは、組み合わされるモーターは旧型と同じだが、排気量アップによりパワーアップし、静粛性も向上。

 パワーユニットが変更された新型セレナだが、日産初となるボタンシフト(センターコンソールに配置)を採用している点も新しい。

 ガソリンがFFと4WD、e-POWERはFFのみで4WDの価格、発売開始時期は追って発表となる。

次ページは : ■インテリアも進化!! お買い得グレードは??

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ