【新型ハスラー、グランエースなど世界初公開続々!!】東京モーターショー 各社の最注目車はこれだ!!!


 2年に1度の自動車見本市は今回も注目車続々登場!

 東京モーターショー2019が、いよいよ10月25日より一般公開を迎える。通算第46回となる同ショーは、例年と異なり、会場が有明エリアと青海エリアに分散。

 これを逆手に取って両エリアをつなぐプロムナード(散歩道)も、ショー会場の一部とするなど、エリアが一体となった「クルマのお祭り」として今までとは違った楽しみ方ができるはずだ。

 前回(2017年)は、のべ380の車両が出展されたが、今回も数多くの車両出展が必至。なかでも国産8メーカー(ブランド)で最も注目の1台は?

 東京モーターショー2019は、10月25日から11月4日まで一般公開。東京都江東区の東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、メガウェブで開催される。チケットは一般2000円(大人)。各プレイガイドにて販売されるが、初の試みとして高校生以下は入場無料となる。

文:永田恵一
写真:編集部、NISSAN、MAZDA、MITSUBISHI、SUZUKI、DAIHATSU

【画像ギャラリー】まだまだ注目車続々!! その他の東京モーターショー出展車は?


【トヨタの最注目車】グランエース

トヨタ 新型グランエース

 グランエースは、海外向けハイエースをラグジュアリーなビッグミニバンに仕立てたモデルで、2019年11月中に正式発表される。

 全長5300mm×全幅1970mmという巨大なボディを持つだけに車内は広大で、シート配列は2人×3列の6人乗りと2人×4列の8人乗りを設定。乗員全員が快適にくつろげるに違いない。

 短いノーズに2.8Lの4気筒ディーゼルターボを搭載したFRということもあり、乗り心地や静粛性も含め上質なものになっているという。気になる価格は500万円程度からの見込みとなっており、ニッチながら熱い視線を集めそうだ。

 さらにトヨタはグランエースのほかにも新型ヤリス(旧日本名:ヴィッツ)や次期型MIRAIといった市販予定車も出展するので、こちらも必見だ。

 なお、トヨタは出展が自社ブースのほか、メガウェブやグランエースが展示されるトヨタ車体などにわかれているので、この点には少し注意が必要だ。

>>新型グランエースの詳細はこちらから

【日産の最注目車】IMk

日産 IMk

 IMkは、安価なモデルがあれば需要は多いと予想される、EVの軽ハイトワゴン。

 主要幹線道路でも使えるプロパイロット2.0の進化版で、車がドライバーのいるところまで迎えに来てくれる「ドライバーレスバレーパーキング機能」など次世代の運転支援機能を搭載。あったら嬉しい機能が満載となっており、実用化が期待される。

 車の土台となるプラットホームは新開発のEVプラットホームを採用しており、EVならではのパワフルかつスムースな走りを実現しているのはいうまでもない。

 IMkはコンセプトカーとしての完成度が高いこともあり、早ければ2020年中に市販化されるかもしれない。

次ページは : 【ホンダの最注目車】新型フィット

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ