【新型ハスラー、グランエースなど世界初公開続々!!】東京モーターショー 各社の最注目車はこれだ!!!

 2年に1度の自動車見本市は今回も注目車続々登場!

 東京モーターショー2019が、いよいよ10月25日より一般公開を迎える。通算第46回となる同ショーは、例年と異なり、会場が有明エリアと青海エリアに分散。

 これを逆手に取って両エリアをつなぐプロムナード(散歩道)も、ショー会場の一部とするなど、エリアが一体となった「クルマのお祭り」として今までとは違った楽しみ方ができるはずだ。

 前回(2017年)は、のべ380の車両が出展されたが、今回も数多くの車両出展が必至。なかでも国産8メーカー(ブランド)で最も注目の1台は?

 東京モーターショー2019は、10月25日から11月4日まで一般公開。東京都江東区の東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、メガウェブで開催される。チケットは一般2000円(大人)。各プレイガイドにて販売されるが、初の試みとして高校生以下は入場無料となる。

文:永田恵一
写真:編集部、NISSAN、MAZDA、MITSUBISHI、SUZUKI、DAIHATSU

【画像ギャラリー】まだまだ注目車続々!! その他の東京モーターショー出展車は?


【トヨタの最注目車】グランエース

トヨタ 新型グランエース

 グランエースは、海外向けハイエースをラグジュアリーなビッグミニバンに仕立てたモデルで、2019年11月中に正式発表される。

 全長5300mm×全幅1970mmという巨大なボディを持つだけに車内は広大で、シート配列は2人×3列の6人乗りと2人×4列の8人乗りを設定。乗員全員が快適にくつろげるに違いない。

 短いノーズに2.8Lの4気筒ディーゼルターボを搭載したFRということもあり、乗り心地や静粛性も含め上質なものになっているという。気になる価格は500万円程度からの見込みとなっており、ニッチながら熱い視線を集めそうだ。

 さらにトヨタはグランエースのほかにも新型ヤリス(旧日本名:ヴィッツ)や次期型MIRAIといった市販予定車も出展するので、こちらも必見だ。

 なお、トヨタは出展が自社ブースのほか、メガウェブやグランエースが展示されるトヨタ車体などにわかれているので、この点には少し注意が必要だ。

>>新型グランエースの詳細はこちらから

【日産の最注目車】IMk

日産 IMk

 IMkは、安価なモデルがあれば需要は多いと予想される、EVの軽ハイトワゴン。

 主要幹線道路でも使えるプロパイロット2.0の進化版で、車がドライバーのいるところまで迎えに来てくれる「ドライバーレスバレーパーキング機能」など次世代の運転支援機能を搭載。あったら嬉しい機能が満載となっており、実用化が期待される。

 車の土台となるプラットホームは新開発のEVプラットホームを採用しており、EVならではのパワフルかつスムースな走りを実現しているのはいうまでもない。

 IMkはコンセプトカーとしての完成度が高いこともあり、早ければ2020年中に市販化されるかもしれない。

【ホンダの最注目車】新型フィット

新型フィット(予想CG)

 ホンダは、広さなど「これ1台で充分」というコンセプトで大人気となり、基幹車種の1台に成長したフィットの新型モデルが主役。

 新型フィットは、これまでの3世代のキープコンセプトながら、スタイルは柔らかで、味を感じるものになる。

 パワートレーンは、1.3Lガソリン車と、2モーターの1.5Lハイブリッド(従来型は1モーター+DCT)の2つとなる。運転支援システムや自動ブレーキもホンダセンシングの最新版となり、コンパクトカーではトップクラスの性能となるだろう。

 グレード体系はクロスオーバーの「クロスター」が加わり、幅広いものとなりそうだ。噂されていた3気筒1Lターボが登場時に設定されないのは残念だが、途中から加わる可能性も充分あるので、こちらを持つ手もある。

 気になる発売は11月下旬が濃厚だ。ホンダブースには市販予定車となるプレミアムなコンパクトEVとなるホンダeと次期アコードも出展され、こちらも見逃せない。

>>新型フィットの詳細はこちら

【マツダの最注目車】新型EV

現時点では新型EVについてのイメージは未公開ながら、EVの試作車「e-TPV」がヒントになる?

 マツダは東京モーターショーに、電動車のイメージが薄い同社としては初となる量産EVを出展する。

 量産EVに関する情報は東京モーターショー開幕まで非公開。そのため2019年9月に公開された量産EVの試作車となる「e-TPV」から予想すると、車格とボディタイプはミドルクラスのクロスオーバーかSUVとなるだろう。

 車自体は環境負荷なども含め熟考を重ねて決められた35.5kWhのバッテリーと143馬力のモーターを積むFF車と予想され、走りはEVながらエンジン車のようなフィーリングも持つものだという。

 マツダらしさを強く持つ新型EVの市販時期は、2020年中が濃厚と予想されている。

【スバルの最注目車】新型レヴォーグ

スバルが公開した新型レヴォーグのティザー画像。実車はモーターショーで初披露だ

 日本向けのミドルステーションワゴンとして堅調な販売をキープしたレヴォーグも登場から5年以上が経ち、次期モデルへバトンタッチされる時期となった。

 新型レヴォーグもキープコンセプトではあるが、プラットホームは新世代のSGP(スバルグローバルプラットホーム)となり、スバルの基幹技術となっているアイサイトも性能を向上し、運転支援の領域を拡大した最新版が搭載される。

 パワートレーンはトランスミッションがCVTとなる点は変わらないが、エンジンは新開発の1.8L水平対向4気筒ターボのみでスタートするようだ。

 発売時期は2020年前半と予想されている。

 また、スバルブースにはEJ20エンジンを積む最後のWRX STIとなるファイナルエディションも出展される。555台限定となるので、実車を見て「欲しい」と思ったら即動くべきだろう。

>>新型レヴォーグの詳細はこちら

【三菱の最注目車】スーパーハイトKワゴンコンセプト

三菱 スーパーハイトKワゴンコンセプト

 2019年3月に現行eKワゴン&eKクロスをリリースした三菱は、その軽スーパーハイトワゴン版でeKスペースの次期モデルとなるスーパーハイトKワゴンコンセプトを出展。

 同車も、停止まで対応する先行車追従型のアダプティプクルーズコントロール(ACC)などから構成される「MI-PILOT」や高性能な自動ブレーキといった基幹部分はeKワゴン&eKクロスを踏襲。

 スライドドアや室内の広さによる使い勝手の良さはもちろん、出展車はeKクロスのようなクロスオーバーで、こちらの市販化が確実な点も注目だ。

 発売時期は2020年春と予想され、日産版も登場するに違いない。

 また、三菱ブースにPHEVでガスタービンエンジンを積む2シーターのオープンスモールSUV「MI-TECHコンセプト」も出展されるので、こちらも必見だ。

>>スーパーハイトKワゴンコンセプトなど三菱の出展車詳細はこちら

【スズキの最注目車】ハスラーコンセプト

スズキ ハスラーコンセプト

 2014年に可愛らしい軽クロスオーバーとして登場し、発売当初は長期の納期が掛かり、現在も堅調に売れているハスラーがフルモデルチェンジの時期となった。

 ほぼ出展車のまま2019年内に発売される新型ハスラーは、現行モデルを若干ボクシーにした印象だ。機能面も軽自動車用の最新プラットホームの採用やマイルドハイブリッドの搭載など、予想通りといったところ。

 対照的にインテリアは、強い道具感を持つものに変わり、スズキの軽自動車として初となるACC(停止まで対応する模様)も設定される。

 登場は2019年12月末が濃厚だ。

 また、スズキブースにはPHEVのコンパクトクーペとなるWAKUスポ、クルマを部屋として使うことを提案するHANAREという、癒されそうなコンセプトカーも出展される。

>>ハスラーコンセプトの詳細はこちら

【ダイハツの最注目車】WakuWaku

ダイハツ WakuWaku(ワクワク)

 ダイハツブースではハスラーの対抗馬となる軽クロスオーバー、あるいはジムニーを意識した軽SUVとも解釈できるWakuWakuに注目。

 WakuWakuは3ドア風ながら5ドアとなる強さを感じさせるスタイルで、樹脂パネルとなるリアウィンドウ部分がライトとなる機能も持つ。

 さらに、幅広く使えるルーフラゲッジを備える点や、下方向に開くバンパー下部が簡易なベンチなどにも使えるように見えることなど、普段使いからアウトドアまで使える頼もしい相棒になりそうだ。

 反響次第では2年以内の市販化も十分考えられる。

 また、ダイハツブースにはファースト&ラストワンマイルのトランスポーターも想定した「IcoIco」、次世代の軽トラックを提案する「TsumuTsumu」といったコンセプトカーも出展される。

>>ダイハツの出展車詳細はこちらから

【画像ギャラリー】まだまだ注目車続々!! その他の東京モーターショー出展車は?

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ