【手に入れるラストチャンス!?】リトラクタブルヘッドライト車を中古で買う

  リトラクタブルヘッドライト車といえばスーパーカーに端を発し、スポーツモデルの証として1980年以降、多くのクルマ好きが憧れたアイテムだ。

 現在は法規によりリトラクタブルヘッドライトを採用するこはできないため、新車で購入することはできない。しかし、中古車としてなら購入可能だ。

 ここでは代表的かつ現実的な4台を厳選し、流通しているタマ数、相場などについて考察していく。

文:萩原文博/写真:MAZDA、TOYOTA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、SUBARU、ISUZU

【画像ギャラリー】マニアックなリトラクタブルヘッドライトの国産車


ハイパフォーマンススポーツカーの象徴

 クルマの外観デザインは法律の改正などによって大きく影響を受けるもの。その法律の改正や安全性などによって消えてしまったアイテムのひとつが「リトラクタブルライト」だ。 

 クルマ好きの中では「パカライト」や「リトラ」とも呼ばれるリトラクタブルヘッドライトだが、これはヘッドライトを消しているときには車体内部に格納され、ヘッドライトを点灯させるときにはヘッドライトが回転して表れるというアイテムである。

スーパーカーブーム2大巨頭だったランボルギーニカウンタックとフェラーリ512BBがともにリトラクタブルヘッドライトを搭載したことで憧れの対象となった

 リトラクタブルヘッドライトを採用するメリットは、車体前方の高さを低く下げることができるので、空気抵抗の低減することができること。いっぽうデメリットは、モーターなどたくさんのパーツを使用するため重くなるということが挙げられる。

 しかし、1970年代後半に起こったスーパーカーブームでは、ランボルギーニカウンタックやフェラーリ365GT4BB/512BB。そしてラリーで活躍したランチアストラトスなどが採用し、リトラクタブルヘッドライトはハイパフォーマンススポーツカーの象徴となった。

日本車ではRX-7(FD3S)が最後

1967年にデビューしたトヨタ2000GTはリトラクタブルヘッドライト搭載としては早い。砲弾型の丸灯が出現しているところはあまり見る機会はない

 そして国産車で初めてリトラクタブルヘッドライトを採用したのは、あの名車トヨタ2000GT。そういった経緯もあり、リトラクタブルヘッドライトはスポーツカーを中心に多くの車種に採用されることとなる。

 しかし、このリトラクタブルヘッドライトも終焉を迎える。それは北米におけるライトの最低地上高位置の緩和や、対人事故の際の安全面などによる問題点が唱えられるようになったのだ。

一般庶民に手が届く価格のモデルでは国産初のリトラクタブルヘッドライト車となったのがサバンナRX-7(SA22C)で1978年にデビュー

 その結果日本でも法律により規制されるようになり、2002年8月のマツダRX-7とともに国産車での採用する車種は無くなった。

 そこで、今回はスポーツカーのアイコンであったリトラクタブルヘッドライトを採用した国産中古車4モデルの最新相場を紹介していきたい。

マツダRX-7(FD3S)

販売期間:1991~1996年(アンフィニRX-7)、1996~2001年(RX-7)

 まずは、国産車最後のリトラクタブルヘッドライト採用車となったマツダRX-7だ。RX-7は初代のSA22C型、2代目のFC3S型そして今回紹介する3代目FD3S型すべてリトラクタブルヘッドライトを採用していた。

アンフィニRX-7という名称でデビューしたFD3Sはロングで抑揚に富んだフェンダーラインが美しいスポーツカーで今でも人気が高い

 3代目となるRX-7は1991年アンフィニRX-7として登場。13 Bロータリーエンジンにシーケンシャルツインターボを装着し、最高出力255ps(最終モデルは280ps)を発生した後輪駆動のピュアスポーツカーだ。

 1996年1月にはアンフィニRX-7からRX-7へと名称変更された。したがってここでアンフィニRX-7とマツダRX-7で分けて中古車相場を紹介する。

 1991~1997年まで販売されたアンフィニRX-7の中古車の流通台数は約53台。平均価格の推移は3カ月前が約197万円で今月は約186万円と値落ちしている。

 平均走行距離も約9.3万kmから約10.3万kmまで延びており、良質な中古車が減ってしまったことによる値落ちと考えられる。

FD3Sの最終マスクはアンフィニ時代よりも迫力がある。リアウイングの形状も変更されているが、美しいプロポーションは不変

 いっぽう1997~2002年まで販売されたマツダRX-7の中古車の流通台数は約125台。アンフィニRX-7の倍以上となっているので、主力はコチラだ。

 マツダRX-7の流通台数は約110万~約130台の間で推移しているが、平均価格は3カ月前の約271万円から今月は約300万円に値上がり。

 平均走行距離は約7.7万kmで安定していることから、絶版車人気によるプレミアム価格の影響が大きくなっている。中古車の価格帯は約110万~約777万円で100万円以下の中古車は流通していない。

2代目RX-7(FC3S)も初代同様にリトラクタブルヘッドライトで登場。硬派なスポーツカーとして国内外で人気が高かった

トヨタMR2(SW20)

販売期間:1989~1999年

1989年にデビューした最初期モデルは操安性に問題があり危険ということですぐにマイチェンして改良。その後はエンジン、足回りとも正常進化していった

 続いて、紹介するのはトヨタMR2。こちらも初代のAW11そして1989年に登場した3代目のSW20ともにリトラクタブルヘッドライトを採用した2シーターミッドシップスポーツカーだ。

 2代目MR2は2L直列4気筒ターボもしくは2L直列4気筒自然吸気をミッドシップに搭載し、切れ味の鋭いコーナリングが特徴だった。

MR2といえば初代からTバールーフの人気が高くオープンエアを満喫できる。しかし中古車となるとボディ剛性の面で不安は残る

 2代目MR2の中古車の流通台数は約69台で、直近の3カ月では60~70台の間で安定している。

 平均価格は3カ月前が約110万円だったが、今月は約123万円まで値上がりしている。約35万~約395万円で、予算100万円以下では自然吸気エンジン車が多くを占めている。

日産180SX

販売期間:1989~1998年

1991年にマイチェンしてフロントマスクがツライチになり迫力が増した。1996年までこのタイプの180SXが販売されていた

 現在でもドリフトのイベントなどで現役バリバリに活躍している日産180SXもリトラクタブルヘッドライト採用車だ。1989年~1998年まで販売されたシルビアの兄弟車でこちらは3ドアハッチバックのスタイリングを採用していた。

 現在日産180SXの中古車の流通台数は約81台。3カ月前に時点では約110台流通していたのだが、右肩下がりでどんどんと減少し今月は約81台となっている。この減少傾向は現在も進行中だ。

 流通台数の減少に反比例して、中古車の平均価格は上昇中。3カ月前の時点では約135万円だったが、現在は約142万円まで値上がりしている。

1996年のマイチェンにより若干エクステリアが変更された。最も変わったのがリアコンビで、丸4灯タイプのデザインが採用された

 兄弟車のシルビアと異なり180SXはターボエンジンが主力で自然吸気エンジンは1996年に設定されたタイプSとGに搭載された。

 ほとんどの年式のグレードが値上がり傾向となっているが、台数は少ないもののHICAS付きのクルマはドリフト向きでないようで、横這いから値落ちとなっている。

 価格帯は約55万~約315万円で、他のモデルとは異なりチューニングされたクルマが高額車を占めている。

マツダユーノスロードスター(NA)

販売期間:1989~1997年

NA型ロードスターは一時期10万円そこそこで購入できるモデルが多くあったが、現在は高値安定。限定車、特別仕様車含めタマ数はたっぷり

 そして最後に紹介するのが、先日生誕30周年イベントが三次のテストコースで行われた初代ロードスターだ。ロードスターもNA型と呼ばれる初代モデルだけがリトラクタブルヘッドライトを採用していた。

 販売開始から30年が経過したモデルながら、中古車の流通台数は今回紹介したモデルの中で最も多い約195台。それだけ数多く売れたということも言えるが、人気の高いモデルだからこそ中古車相場が成立しているのである。

 中古車の流通台数は直近3カ月では約170~約200台の間で推移しており、現在は約194台と多め。

リトラクタブルヘッドライトを上げるとかわいい丸目が登場。初代ロードスターは今では珍しいシールドビームを採用していた

 平均価格は3カ月前が約83万円で、今月は約84万円とほぼ横這い。平均走行距離も約10.8万kmから約11万kmと微増に留まっている。

 中古車の価格帯は約19万~約324万円と非常に幅広く、200万円以上では走行距離の少ないフルノーマル車がまだ手に入るというのが特徴だ。

★     ★     ★

 今回紹介したクルマのほかにも70系スープラや初代NSX、三菱GTOそして言わずと知れたAE86型スプリンタートレノにも採用されていた。

 流通台数が少なくなると見つけにくくなるので、昭和生まれの50代にとって憧れたリトラクタブルヘッドライト車を購入するラストチャンスかもしれない。

A70スープラはトヨタ2000GTの再来ということで3000GTというキャッチコピーでデビュー。当然リトラクタブルヘッドライトを採用して人気だった

【画像ギャラリー】マニアックなリトラクタブルヘッドライトの国産車

最新号

ベストカー最新号

【核心スクープ】新型WRX STI情報入手!!!|ベストカー 2020年3月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、スバルが新開発する水平対向4気筒ターボエンジンが搭載される新型WRX STI情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、新型グランエース、新型ハスラー…

カタログ