エクストレイル安全性能向上!! ライバル続々登場で中古人気はどうなったのか!?

 その年に登場したNo.1のクルマを選ぶ日本カー・オブザ・イヤーで、2019年を代表するクルマに選ばれたのがトヨタ「RAV4」だった。そのほか、トヨタ「ライズ」/ダイハツ「ロッキー」、マツダ「CX-30」が登場するなど、さまざまなサイズの国産SUVが登場した。

 RAV4やCX-30が登場したことで、さらに群雄割拠となっているのが、ミドルサイズクラス。RAV4やCX-30といったフレッシュモデルに加えて、ベストセラーのトヨタ「ハリアー」、先進の運転支援システムをSUVでいち早く採用した日産「エクストレイル」、7人乗りの3列シート車を設定するホンダ「CR-V」、そして日本一売れているPHEVを擁する三菱「アウトランダー」など多彩なラインナップとなっている。

 今回はハリアーに次ぐロングセラーモデルで、タフギアとして人気の高い日産「エクストレイル」の中古車事情をチェックしてみる。

文/萩原文博
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】歴代エクストレイルと、マイナーチェンジした現行型の内外装をチェック!!


■強力ライバル登場と、消費税増税で流通状況が変化

 3代目となる現行型エクストレイルは、2013年12月に登場。現行型エクストレイルは都市向けSUVの「デュアリス」とモデル統合されたこともあり、先代までの直線基調の武骨でマッチョな外観デザインから、曲線を多用したモダンなデザインへと変更された。

 さらに、車体の上下の動きを予測しエンジンとブレーキを制御する「アクティブライドコントロール」や「アクティブエンジンブレーキ」などを採用し、オンオフ問わない高い走行安定性を実現した。搭載するパワートレーンは、デビュー当初は2Lガソリンエンジン+CVTのみだったが、2015年4月に1モーター2クラッチシステムという独自のハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド車を追加した。

 2017年6月にマイナーチェンジを行い、内外装を変更したのに加えて、高速道路などで同一走行内の運転支援を支援する「プロパイロット」を搭載することで安全性能はSUVでアタマひとつリードした。

2000年に登場した初代エクストレイルや、2007年に登場した2代目とは異なり、3代目となる現行型は曲線を多用したモダンなデザインへと変わった

 そして、2020年1月に一部改良を行い、ミリ波レーダーの採用を発表。その結果、インテリジェントエマージェンシーブレーキの夜間時の認識性能が向上。またプロパイロットの性能向上、2台前の車両の動きを検知し回避活動をドライバーに促す「インテリジェントFCW(前方衝突予防警報)」が、全車に標準装備されるなど安全性がさらに向上した。

 SUVのなかで、トップレベルの運転支援機能を採用している現行型エクストレイルの中古車の流通台数は約2640台で、3カ月前の約2250台より約400台も増加している。中古車の平均走行距離は、3カ月前が約2.4万kmで今月は約2.8万kmと増加、その結果、平均価格は3カ月前の約210万円から、今月は約205万円へと値落ちしている。

 2019年は4月にRAV4、10月にCX-30というライバル車が登場したので、エクストレイルの中古車相場にどのような影響を与えたのか、平均価格を1年スパンでチェックしてみると、2019年1月は約212万円で、RAV4が登場した4月になるとさらに値落ちが加速、9月には当面の最安値となる約195.8万円を記録した。

 しかし、CX-30が登場した10月からは値上がりに転じ、現在は205万円となっている。やはり、ヒットモデルRAV4の登場による影響はエクストレイルにも及んでいたのだ。一方、10月からの値上がりは消費税増税と、2020年1月に行った一部改良前に走行距離の少ない、いわゆる「未使用車」が市場に大量に出回った影響によるものと言える。その証拠に2019年式~2020年式で走行距離500km以下という条件で検索すると約330台がヒットした。

ミディアムサイズSUVで圧倒的強さを見せるRAV4。RAV4の登場により、エクストレイルオーナーの乗り換えも発生し流通台数が増加、価格が下落したと考えられる

■2017年式の値落ちが目立つ中古車。狙い目はどれか!?

 現在、全体的には値落ち傾向となっている現行型エクストレイルの中古車価格だが、年式別に見てみると、2013年~2015年式までが値上がり傾向、2015年~2019年式までが値落ちと年式によって動きが分かれているのが特徴。そのなかで最も値落ち幅が目立っているのが、2020年に初の車検を迎えるマイナーチェンジを行った2017年式だ。わずか3カ月で約10万円の値落ち幅を記録している。

 そこで、マイナーチェンジを行い、プロパイロットを装着している上、現在値落ちが目立ちお得感が高まっている2017年式に絞って狙い目グレードなどを紹介したい。

こちらの写真をクリックするとエクストレイルの中古車情報が見られます!

 ヒットモデルのエクストレイルらしく、各年式で中古車の流通台数にばらつきが少なく、2017年式も約340台も流通している。価格帯も約124万~約280万円となっていて、そのうち137台が200万円以下となっている。グレード構成を見てみると、最も多いのが2.0X 4WDの2列シート車が約68台。続いて2.0X エマージェンシーブレーキブレーキパッケージ2列シート車の約31台。そして2.0Xハイブリッド4WDが約17台となっており、2Lガソリンエンジン車が狙い目だ。安全性を考えるとエマージェンシーブレーキブレーキパッケージ装着車を選びたい。

 ボディカラーは白(パール)系と黒系がそれぞれ100台ずつと圧倒的に多く、シルバー系が約44台、イメージカラーの赤は約28台と一般的なクルマと比べると赤いボディカラーが多いのは特徴といえる。タフギアと呼ばれ、高い悪路走破性が魅力のエクストレイルだけに、前オーナーの使い方でコンディション差がつきやすい。オフロード走行を頻繁に行っているクルマならば、下回りにダメージがないかを確認したい。

 また、降雪地での走行が多いクルマならば、融雪剤の影響によるサビの確認はマストといえる。燃費性能に優れたハイブリッド車も用意されているが、価格差を考えれば2Lガソリン車で十分満足できるはずだ。

【画像ギャラリー】歴代エクストレイルと、マイナーチェンジした現行型の内外装をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ