販売ランキング上位の常連 ルーミー/タンクは中古車市場で買い時か?

 2020年1月そして2月の軽自動車と輸入車を除いた新車登録台数で、連続1位に輝いたのは、2019年1月にデビューしたコンパクトSUVのトヨタ「ライズ」となった。

 ご存じのとおり、トヨタ「ライズ」はダイハツ「ロッキー」のOEM供給車で、本家ロッキーも1月は3153台で21位、2月は3411台で24位とランクインしているが、ライズはその約3倍の販売台数を記録している。

 軽自動車を中心にOEM供給は盛んに行われているが、ライズ/ロッキーのようなOEM車がベース車の販売台数を上回るのは稀だ。しかし、販売台数ランキングのトップにはならないものの、昔懐かしい音楽番組のベストテンで常に10位付近にいて、ベスト圏外に落ちても再びランクインする、まるで演歌のような息の長いモデルがある。それが、今回中古車事情を紹介するトヨタ「ルーミー/タンク」だ。

 元々、スズキ「ソリオ」が開拓したリッタカーのハイトワゴン市場に、後発モデルとして参入。あっという間に年間20万台に迫るビッグマーケットを築き上げたのだ。2019年の年間販売台数を見てもルーミーは9万1650台で7位、タンクは7万4518台で11位と年間を通じて安定した販売台数を記録しているハイトワゴンのリッターカーだ。

 このルーミー/タンクはダイハツ「トール」のOEM供給車で、このトールも2万6736台で年間32位となっている。さらに、トールはスバルにもOEM供給され「ジャスティ」として販売されているのだ。ここでは、ルーミー/タンクをはじめ、トールそしてジャスティの最新事情に迫ってみる。

文/萩原文博
写真/TOYOTA、DAIHATSU、SUBARU

【画像ギャラリー】人気のタンク/ルーミー、そしてよく見ないとわかりにく!!? 兄弟車を一挙比較


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ