R32スカイラインGT-Rは全国116台在庫あり!! 【ベストカーWeb特選中古車】

 R32型スカイラインGT-Rのサーキットでの活躍は言うまでもないが、『頭文字D』(しげの秀一著)や『湾岸ミッドナイト』(楠みちはる著)といった漫画にも登場し、活躍している。

 そういったことからも、このモデルが現役当時(1989~1994年)に若者だった人だけでなく、漫画やゲームで知ったという現在の若者まで人気が高い。

 高性能なR32型スカイラインGT-Rだが、ずっと中古車相場が高いワケではない。R33型にモデルチェンジし、その後R34型が登場する頃までは、R32型スカイラインGT-Rの中古車は一時100万円を切るクルマも出回り、順調に値落ちをしていた。しかし、現在は高嶺の花となっている。

 その理由はもうご存じのとおり、北米の25年ルールの影響によるものだ。25年を過ぎたクルマはクラシックカーということになり、厳しい排ガス規制が無くなり、輸入しやすくなるのだ。

歴代GT-R

 その結果、日本国内専用モデルだったR32型スカイラインGT-Rは映画の影響もあり、価格の安いクルマからどんどんと海外への流出が始まり、もはや二桁万円のR32GT-Rなど日本国内で見つけることはできない。

 しかも2020年からは1995年に登場したR33型スカイラインGT-Rも25年ルールが適用される。一時期はR32~R34の第2世代GT-Rの中で最も不人気と言われていたが、今後は高嶺の花になるのは時間の問題だろう。

 それでは、国産車のビンテージイヤーに登場し、爆発的な人気となったR32型スカイラインGT-Rの中古車事情を紹介し、さらに「バリモノ」と呼ばれる中古車は一体いくらぐらいになっているのかを見てみよう。

文:萩原文博、写真:日産、三菱、ホンダ、マツダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】R32GT-Rなど25年ルール適応したクルマたち


現在のGT-Rの中古車市場と相場はいかに?

 R32型スカイラインGT-Rは1989年(平成元年)発売で、すでに初期モデルは30年が経過している。

R32型スカイラインGT-R(1989年)

 現在R32型スカイラインGT-Rの中古車の流通台数は約114台で、R33型の約53台、R34型の約63台と比べると、新車販売台数が多かったこともあり圧倒的に多い。

 しかも、3カ月前のコロナウイルス騒ぎの前は約90台だったが、現在は約114台と若干増加しているのである。

 中古車の平均走行距離はさすがに延びていて、3カ月前が約8.9万kmそして、現在は約9.4万kmまで延びている。

 注目の平均価格の推移は3カ月前が約370万円でその後3月末までは横這いで推移していたのだが、4月に入ると相場が右肩上がりとなり、現在は約390万円まで値上がりしている。

 最近は落ち着き気味あったR32型スカイラインGT-Rの中古車相場だったのだが、実質1カ月で20万円の値上がりとなった。

 R32型スカイラインGT-Rの中古車の価格帯は約230万~約1800万だ。1989年に登場した時の価格が445万円だったが、現在流通している中古車のうち約38台が当時の新車時価格を上回っているのである。

 さすがに最終モデルでも25年前のクルマなので、バリモノの基準が非常に難しい。

 そこで、今回は走行距離の上限を3万kmで線引きをさえてもらいそのほかできるだけ、ノーマルコンディションの中古車を「バリモノ」とさせてもらった。

R32型スカイラインGT-Rの中古車情報はこちら

「バリモノ」のR32型GT-Rはあるのか?

 年間1000kmというかなり厳しい条件にも関わらず7台がヒット。そのうち1台は修復歴有りだったので、これを除いた結果、660万~1800万円となった。

 走行距離が最も少ない中古車はわずか8000kmでしかも限定車のニスモだ。これは価格応談となっているが、1500万円以上は確実ではないだろうか。

R32スカイラインGT-R NISMO

 最も高いR32型スカイラインGT-Rは1800万円。グレードは最終型のVスペックIIでしかも人気の高い白だ。走行距離は1.7万kmでもうこのクルマは博物館級のクルマと言えるぐらいのレアなクルマだ。

 つまり、バリモノのR32型スカイラインGT-RとR35型GT-Rの新車が同じ価格帯となっているのだ。

R35型GT-R 2020年モデル

 私のように「もう一度乗りたい!」という人や小さい頃に憧れたという人もいることだろう。今後R32型スカイラインGT-Rの中古車相場は下がることはない。

 現在は海外の港が封鎖されているため輸出が止まっているが、流通が始まればこういったクルマはどんどんと海外に流出する可能性が高い。

 流通台数が多い今こそ購入のチャンスと言えるだろう。サマージャンボに賭けるしかない。

【画像ギャラリー】R32GT-Rなど25年ルール適応したクルマたち

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ