『頭文字D』伝説のクルママンガ 名勝負列伝03 AE86対RX-7(FC3S)編


 クルママンガの金字塔、『頭文字D』の名勝負を振り返る本連載の3回目、今回は、秋名のダウンヒルコースでレコードタイムが記録された、名勝負中の名勝負! 作中で一、二の人気を誇る高橋涼介(ついに登場)と、主人公・拓海との白熱バトルを紹介する(第5巻 Vol.44「ドリフト対ドリフト」~Vol.49「火花散らすラインクロス!!」より)。
文:安藤修也 マンガ:しげの秀一

■連載第1回 激闘の「vs.RX-7(FD3S)編」はこちら
■連載第2回 ハンデ戦「vs.シビック(EG6)編」はこち

【名勝負登場車種】

■先行:トヨタ・スプリンタートレノ(AE86型)
→ドライバーは藤原拓海。あいかわらず日常はボーッとしているが、峠バトルデビュー後は連勝中。このバトル前になつき嬢との初キッスを済ませ、いろんな意味で大人の階段を登り始めたところ。

■後追い:マツダ・RX-7(FC3C型)
→ドライバーは高橋涼介。群馬エリアで不敗神話を築いてきた伝説の男で、赤城レッドサンズのトップドライバー。実家が金持ちで医大生、さらに超イケメン。連載当時、「せめてオレもクルマだけは……」と、彼に憧れて中古のFCを買った若者も多数存在した。

※今回もスタートでハチロクが先行。ギャラリーからも「意外だ」と声があがるが、涼介の弟の啓介が言うには、「わざと前半先行させて後ろからブチ抜く……いつものアニキのやり方なんだ」だそう。

【バトルまでのあらすじ】

 妙義ナイトキッズのGT-Rとシビックをくだした拓海だが、GT-Rとの勝負の際に、後ろについてきていた高橋涼介のRX-7のことが頭から離れない。そんなある日、高橋涼介から花束付きの挑戦状(←なんともキザ!)が届き、これまでバトルの申し出をすんなり受けてこなかった拓海も、俄然やる気を見せる。そして決戦当日、「県内最高」の走り屋と、こつ然と現れたダウンヒルマイスター(←拓海のこと)との一戦に、舞台となる秋名山には多くのギャラリーが集まった。

次ページは : 【バトル考察】