新型ハリアー登場で相場が動いたか? 盤石の人気を誇るSUVの中古市場はいかに?


今後も急激な寝落ちには期待できない

 旧型ハリアーの中古車のグレード構成を見てみると、最も多いのは流通台数が約530台の2.0プレミアムで価格帯は約155万~約423万円。

 続いて多いのは流通台数約390台のエントリーグレード、2.0エレガンスで、価格帯は約150万~約345万円。

 そして続くのが流通台数約130台の運転支援システムを搭載した2.0プレミアムアドバンスドパッケージで価格帯は約149万~約432万円とガソリン車が独占しており、しかもグレードによる価格差が無くなっているのが特長だ。

旧型ハリアーは何タイプかの特別仕様車も販売されていて、スペシャルなカラーのインテリアなどが魅力。気に入ったら買いだ

 いっぽうハイブリッド車で最も多いのが約90台のプレミアムアドバンスドパッケージで、価格帯は約183万~約348万円となっている。

 流通台数は2Lガソリン車が圧倒的に多いが、割安感はハイブリッド車に分があるようだ。

 新型が登場しても旧型ハリアーの中古車相場はまだ高値を維持している。その高値キープの原動力は2017年式以降のマイナーチェンジ後のモデルが中心で、もうしばらくは大幅な値落ちは期待薄だ。

 それはハリアーが非常に人気が高いモデルだから。

 そこで、旧型ハリアーの中古車を手に入れるならば、車検サイクルに当たる2015年式、2017年式の前期型を狙いたい。

マイチェン後の2017年9月にはGRスポーツが追加された。ほかのモデルに比べてタマ数が極端に少ないので探すのは困難

【画像ギャラリー】旧型ハリアーのすべてがわかる!! 2013年のデビューからその歴史を振り返る!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ