ポルシェ、フェラーリ、バモス…突き抜けたこだわりの結晶車15選


 現代のクルマは軽トラックですら快適装備はエアコン、オーディオ、パワーウィンドウ、安全装備も横滑り防止装置に自動ブレーキが着くことは珍しくなく、かつての高級車並みのフル装備である。

 しかし世の中には快適装備が付いていない以前に、「普通付いている」というボディパーツすら着いていないクルマというのもあり、当記事ではそんな「あるべきものがないクルマ」をピックアップして見ていく。

文:永田恵一/写真:ATLANTIC MOTORS、SMART、CATERHAM、RENAULT、HONDA、DAIHATSU、MITSUBISHI、SUZUKI、MCLAREN、FERRARI、LAMBORGHINI、PORSCHE、TATA

【画像ギャラリー】21世紀のロードカーで最も常識破りのダラーラストラダーレの破天荒ぶりをじっくりと堪能する!!


フロントガラス、ドア、ルーフがない最大の異端児のダラーラ

 その代表が最近日本導入が開始され、まさに「ナンバー付のレーシングカー」という言葉が相応しい、イタリアのレーシングカーコンストラクターであるダラーラ社のストラダーレだ。

 ダラーラストラダーレは標準状態から好みによってパーツを加えていくという注文生産車なのだが、標準状態ではフロントガラス、ドア、ルーフがないというフォーミュラカーのようなクルマである。

21世紀にはいってもいろいろなスポーツカーが登場しているが、現代で最もスパルタンなのがレーシングカーコンストラクターが作ったダラーラストラダーレ

 幸いオプションでフロントガラス(レザー張りのダッシュボードなど含め221万9000円)、ドアとルーフはガルウイングドア+キャノピー(104万3000円)という形で用意される。

 しかしダラーラストラダーレは乗り降りの際にフォーミュラカーのサイドポンツーンのような張り出しを跨ぐ必要があるため、ガルウイングドア付きでもシートには乗り降りの際に土足を一時置くスペースがある。

オプションでフロントウィンドウ、キャノピータイプのルーフが用意されるが、雨に強くなるが、乗降性は慣れが必要なレベル

破天荒ぶりではスマートも同じ

 ジャンルはまったく変わって、ベンツの小型車ブランドであるスマートにおいて主にシティコミューターとしての使用を想定したスマートフォーツーの初代モデルに世界限定2000台で発売されたクロスブレードもあるべきものがないクルマだ。

スマートクロスブレードは、ダラーラがスパルタンさを追求しているのに対し、遊び心の追求だ。ウォッシャブルな内装もグッド

 ダラーラストラダーレ同様にフロントガラス、ドア、ルーフがなかった。

 ドアに関してはガルウイングのように開くセーフティバーが主に車外放出を防ぐ目的で装備され、車内は雨を防ぐものがないのに対応しシートは撥水素材、フロアは樹脂製となっていた。

 まあ気候のいいときだけ海岸線などを流すなどの使い方をするなら面白いクルマではある。

次ページは : 元祖キットカーのケータハムは今でも異彩を放つ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ