現行CX-5の中古車は価格下落&ディーゼル比率50%越え!! 今が絶好の買い時!


■数は少ないが魅力の装備の特別仕様車もあり

 一方、CX-5に設定されている特別仕様車では、豪華装備が魅力の「エクスクルーシブモード」の流通台数が多い。この特別仕様車はシート表皮に高価なナッパレザーを採用し、BOSEサウンドシステムや360度ビューモニターが標準装備となるモデルだ。

 このエクスクルーシブモードだが、やはり2.2Lディーゼルターボエンジンを搭載したXDが中心で、2WD車が約51台。4WD車が約25台。一方、2.5Lガソリンターボエンジン搭載車は2WD、4WDそれぞれ約10台となっている。

 また、2019年12月には2L&2.5Lガソリン、そして2.2Lディーゼルターボのプロアクティブをベースとした特別仕様車の「シルクベージュセレクション」を設定。こちらの特別仕様車は3モデルともに一桁という状況で、なかなか手が出しづらい。

2019年12月に登場した特別仕様車「シルクベージュセレクション」のインテリア。明るく上品なシルクベージュカラーのハーフレザレットシートをはじめ、専用装備を採用している

●ベストカーWEB厳選! 走行距離わずかの「現行CX-5」の未使用中古車が気になる方がこちらをチェック!!

 豪華装備のエクスクルーシブモードのXD 2WD車ならば、走行距離が1万km以下でも300万円以下でも手に入るし、2.5Lターボの2WD車でも走行距離4kmの未使用車が約320万円で販売されており、新車価格から約50万円ダウンで手に入れることができる。

 現行型CX-5の中古車は100万円台の中古車を狙うもよし、高年式のクルマも狙い目というまさに絶好の買い時を迎えているのだ。

【写真ギャラリー】今が狙い時! 魅力のSUV「現行CX-5」の詳細をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ