新型登場から1年でもなぜ現役? 旧型カローラが売り続けられる訳

 「カローラ」といえば、一般的には2019年に発売された新型のカローラセダンとツーリング(ワゴン)を思い浮べるが、バリエーションはさらに多い。

 2018年に発売されたカローラスポーツ(5ドアハッチバック)のほか、従来型のカローラアクシオ(セダン)とフィールダー(ワゴン)も継続的に生産されている。

 従って国内で売られるカローラは、新旧含めて5タイプのボディによって構成される「カローラシリーズ」になるわけだ。

 新型の発売から1年が経過した後も従来型を販売するのは極めて異例なこと。なぜ旧型カローラは今も併売されるのか。

文:渡辺陽一郎、写真:トヨタ

【画像ギャラリー】国内販売されている「カローラシリーズ」5タイプをみる


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ