スイスポ、CX-5、タイプRなど「旧型なりたて中古車」10選 値落ちの少ないクルマはどれだ!?


 今年はいろいろなクルマがフルモデルチェンジ。それと同時に多くの「型落ち」の車種が発生したということになる。

 しかし、お買い得に買うのであれば旧型になりたてのクルマを買うという手もある。ということで旧型になったばかりの中古車で、いったいどのクルマがお買い得なのか、それともちょっと「待ち」なのか? 

 人気の10車種で徹底調査しました。買うならいまが最後のチャンスだけにドーンといきましょう!!

文、中古車データ:萩原文博/写真:ベストカー編集部、Shutterstock.com
2017年12月10日号「旧型になりたて車の中古相場は?」


■「旧型なりたて車」の中古相場の傾向は?

 中古車相場が大きく動く要因として挙げられるのは、自身のフルモデルチェンジ。そしてライバル車のフルモデルチェンジだ。

 特に自身のフルモデルチェンジは先代モデルの中古車相場に大きな影響を与える。一般的には値落ちとなる場合が多い。が、今回紹介する車種にもあるように、なかには値上がりする車種もある。

 どうして、そんなことが起きるのかといえば、そのひとつの要因が在庫車を中古車として市場に流出させるからだ。登録済み未使用車として市場に出るクルマは高年式車のため高価格の中古車が多い。

 そのためフルモデルチェンジ後、一時的に中古車相場が値上がりするという現象が起きるのだ。

 いっぽう、モデルサイクルが長いクルマは、最近は新車販売が振るわなくなり、中古車相場はすでに安定状態となっているため、フルモデルチェンジに対してすぐには反応しない。

 こういったモデルはフルモデルチェンジではなく、新型車のデリバリーが始まったタイミングで大きな値動きが出ることが多い。旧型になりたての中古車でも自身のモデルライフの長さや未使用車の流出の有無によって、モデルチェンジ後の相場の動きは大きく変わるのだ。

■スポーツカーで狙い目はスイスポのCVT車!?

【スイフトスポーツ】CVT車は買い、MT車は値上がり中なので待つべし!!(中古相場59.5万円〜198万円)

 4代目となる現行型スズキスイフトスポーツは2017年9月20日に発売された。軽量高剛性ボディを採用し、先代の1.6L自然吸気エンジンから1.4L直噴ターボに変更。

 ミッションも6MT/6ATが採用されている。その先代の中古車相場を見るとCVT車は値落ちしているが、MT車は値上がり傾向と動きがわかれている。

 高年式車ほど値上がり幅が大きくなっているのは気がかりな点だ。値落ちしているCVT車は今、買い! といえるが、MT車はしばらく動向を見たい。

走りのよさは新型にも負けず劣らず。ドラテク入門にもピッタリ
走りのよさは新型にも負けず劣らず。ドラテク入門にもピッタリ

【シビックタイプR】プレミア相場は続くが、台数がある今が狙い目!!(中古相場399.7〜494.1万円)

 5代目となる新型シビックタイプRは今年9月29日発売された。2015年10月に登場した先代タイプRは750台の限定販売だったが、現行型はカタログモデルとして販売。しかし、現行型も納車はかなり長期間にわたるほどの人気車種となっている。

 先代シビックタイプRはシリーズ初のターボ車ということ、そしてレアな限定車という点で中古車相場は高騰。新車価格の428万円を超える価格のついた中古車が市場に出回った。

 新型が登場したタイミングで中古車の平均価格は値落ち傾向となっているが、それでも新車時価格より高い437万円となっている。現在流通台数は20台。限定車だけに、増加する見込みもないので、中古車が出回っている時が、買い時といえるだろう。

限定車がゆえのプレミアは大きい。少し荒削りのエンジンフィールがタイプRらしい!?
限定車がゆえのプレミアは大きい。少し荒削りのエンジンフィールがタイプRらしい!?

次ページは : ■セダンとSUVはカムリとCX-5がおトク

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ