修復歴や距離だけじゃない!? 中古車の査定が下がる6つの理由


 個人リースやサブスクリプションといった新しいクルマの所有の仕方が広がっている。しかし、まだ主流となっているのは新車・中古車問わず購入すること。

 クルマを購入したユーザーの大半は、ライフスタイルの変化などにより手放す時が来る。その際に気になるのが買取や下取りに出す際の査定価格だ。

 購入したクルマでたくさんの思い出を作れたから、査定価格は気にしない!という人もいると思いますが、査定価格が少しでも高ければ、高いほど次のクルマの資金が増えることになり、より乗り換えがラクになる。

 そこで、今回はクルマの査定価格を下げることになる要因を紹介する。

文/萩原文博
メイン写真/xiaosan-stock.adobe.com
写真/トヨタ、マツダ、日産、cat027-stock.adobe.com

【画像ギャラリー】本稿登場したトヨタと日産の豪華ミニバンをみる


修復歴&距離で査定が下がる「基準」は?

 査定価格が下がることで最も知られているのが、「修復歴」だ。

 修復歴ありのクルマは、中古車のセリを行うオートオークションでも「R」点という評価となり、修復歴なしのクルマとは評価の基準が異なっている。

 ただし、修復歴車といっても事故を起こしたクルマとは限らない。日本自動車査定協会や自動車公正取引協議会などが統一基準として修復歴車として、定義しているのは骨格(フレーム)部位などを交換、あるいは修復(修正・補修)したものとなっている。

 フレームというと大きな事故を想像するが、フロントのクロスメンバーは、バンパーのぶつけ方によって軽微なものでも影響が及んでしまうことがある。そのような場合でも修復歴車となってしまうことは覚えておいてもらいたい。

走行距離が長いほど、査定価格が下がる傾向にある。しかし、整備記録簿にメンテナンスを行った記録があれば、下がり幅は小さくなる(写真はイメージ画像です。提供元:cat027-stock.adobe.com)

 そして、もう一つメジャーなのが、「走行距離」だ。中古車のコンディションを探る一つの方法が走行距離で、走行距離が延びているほどコンディションが劣化しているとなり、査定価格が下がる傾向がある。

 しかし、走行距離が延びていても、整備記録簿にしっかりとメンテナンスを行った履歴が残っていれば、下がり幅は小さくなる。

 逆を言えば、購入する場合、走行距離が延びたクルマでもしっかりメンテナンスされていることが証明できる整備記録簿があれば、積極的に買いに出てもう良い! ということになる。

 具体的に数値を挙げると、査定額に影響の出る走行距離は年間1万km~1万5000kmを超えてしまうとマイナス査定となるので注意したい。

性能や条件は同等でも「人気」次第で査定額は雲泥の差

 まずは「修復歴」、「走行距離」というクルマの査定額に影響を与えるメジャー級の要素を紹介した。このメジャー級に続いて紹介するのは「人気」だ。

 かつて政治家が「2番じゃダメなんでしょうか」と言っていましたが、クルマの査定の場合「2番ではダメなのです」。

LLサイズミニバンの1番人気アルファード 2017年式「2.5S 7人乗り」の査定価格は約260万円となっている

 例えば、LLサイズミニバンの1番人気トヨタ アルファード。新車時価格357万8727円の2017年式「2.5S 7人乗り」の査定価格は約260万円。

 同じ2017年式で、新車時価格367万6320円の日産 エルグランド「2.5ハイウェイスターS アーバンクロム7人乗り」の査定価格は約181万円と新車時価格は約10万円高いエルグランドにもかかわらず、現在の買取査定価格は79万円も差が付いているのだ。

日産エルグランドの買い取り査定価格は、アルファードよりも79万円もの差がついている。これだけ査定価格に差がつく要因は人気の差である

 性能的には差がないアルファードとエルグランドだが、これだけ査定価格に差が付く要因はズバリ人気の差。1番人気と2番人気では査定価格に差が付いてしまうのだ。

 しかし、2番人気のクルマのほうが、購入時の値引き額は大きくなる。これは買取査定時のダウン分を先取りしていると思えばいいだろう。

 この人気という要素は使い方ではなく、そもそものクルマ選びに関連する要素だ。迷った時には人気を購入すると良いというのは手放す時にその恩恵を受けることがわかる。

次ページは : 同じ車でも差が出る! 4つ目の項目は「装備」