ハリアーの新車価格で買える!? ポルシェ名門SUVマカンの中古車を狙うなら猶予なし!!


 SUVブームということでいろいろなメーカーから魅力的なSUVが販売されているが、クルマ好きにとって憧れのポルシェはカイエンとマカンをラインナップ。

 ポルシェのSUVを手に入れたいと思っている人は多いものの、新車価格を考えると誰もが手に入れることができるシロモノではない。

 しかし、新車なら無理でも中古車なら購入できるケースも出てくるからたまらない。これを狙わずしてどうする。

 本企画ではカイエンの弟分であるマカンの中古車最新事情について、萩原文博氏が考察する。

文/萩原文博、写真/PORSCHE

【画像ギャラリー】憧れのポルシェのSUV マカンの4タイプのモデルの内外装を詳しくチェック!!


高額車ほど中古車の醍醐味を堪能できる

マカンのボディサイズは、全長4695×全幅1925×全高1624mmで、全幅はワイドだが人気のハリアーより約45mm短いショートボディ

 中古車購入の醍醐味は「新車の時には高額で手の届かなかった憧れのモデルがリーズナブルな価格で手に入れられること」だ。

 例えば、新車では軽自動車の一部のモデルしか購入できない予算100万円でも中古車ならば選択肢は広くなる。

 しかし、高額車になればなるほど、年式が古かったり走行距離が延びていたりと様々な要因があるが、この選択肢の広さこそ中古車の魅力なのである。

 現在、注目度の高いカテゴリーがSUVだ。中でも2020年6月にフルモデルチェンジを行ったトヨタハリアーは抜群の人気を誇り、現在グレードによっては納車が2021年4月頃と納期が長くなっている。

2020年6月から販売を開始したハリアーの価格帯は299万~504万円と幅広いが、2.0Gレザーパッケージ(FF・371万円)の人気が高い

 新車の車両本体価格が299万~504万円で、人気グレードの2.0Gレザーパッケージ2WD車は371万円で、オプションを追加し諸費用を加えると500万円弱となる高額車だ。

 たしかに、TNGAを採用し、高い走行性能と燃費性能を両立し、シャープなデザインを採用したハリアーは魅力的だが、予算500万円で新車だけでなく中古車まで拡大して探してみると、驚きの車種に行き着いた。それがポルシェマカンだ。

 ここでは予算500万円以下でも購入できるSUVの人気モデル、ポルシェマカンの最新中古車事情に迫る。

マカンは2014年から日本で販売開始

マカンは4タイプがラインナップされていて、すべてエンジンスペックが違う。トップモデルは2.9L、V6ツインターボのマカンターボで1252万円

 ポルシェブランドではコンパクトSUVとなるマカンは、カイエンに続くポルシェが開発したSUVの第2弾モデルとして2014年4月に日本市場に導入された。

 ボディサイズは全長4695×全幅1925×全高1624mm(マカン)でハリアーより全長は約45mm短くワイド&ローのフォルムとなっている。

 グレード構成は最高出力245ps、最大トルク370Nmを発生する2L、直列4気筒ターボ+7速PDKというパワートレインを搭載したエントリーグレードのマカンをはじめ、最高出力354ps、最大トルク480Nmを発生する3LV型6気筒ツインターボ+7速PDKを搭載するマカンS。

 最高出力380ps、最大トルク520Nmを発生する2.9LV型6気筒ツインターボ+7速PDKを搭載するマカンGTS。そして最高出力440ps、最大トルク500Nmを発生する2.9LV型6気筒ツインターボ+7速7速PDKを搭載するマカンターボの4タイプが最新のラインアップとなっている。

 車両本体価格はマカンの737万円~マカンターボの1252万円となっている。

3タイプのエンジンがあり、2.9L、V6ツインターボはチューニングが異なる2タイプのスペック

次ページは : 現在値上がり傾向で1年分の値落ちをリセット

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ