お値段以上の新車を狙え 性能を考えたら超バーゲン価格の新型国産車 5選

 日本車が高くなった、という話をよく耳にする。実際に1.3Lクラスのコンパクトカーの場合では、安全装備の充実などもあり10年前に比べて20万円近く高くなっている。

 安い、買い得感が高い、というのはクルマに限らず物を購入しようと思った時のファーストプライオリティになる要素で、安いことに文句をつける人はあまりいない。

 しかし、安かろう悪かろうでは嫌だし、古いモデルが安く変えると言ってもあまり魅力的には映らない。

 本企画では、現行の新し目のモデル(なかには最新モデルもあり!!)で、同クラスのライバルに比べて安く、買い得感のあるバーゲンプライスのクルマを集めてみた。

 人気のSUVに買い得感の高いモデルが多いのもうれしい。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、MAZDA、MITSUBISHI、SUZUKI、平野学、池之平昌信、奥隅圭之

【画像ギャラリー】ただ安いだけじゃない!! ライバルを凌駕するコストパフォーマンスが自慢の5台をジックリ研究


コンパクトSUV:トヨタヤリスクロス

価格:179万8000~281万5000円

ヤリスをベースにSUV化したのがヤリスクロスで、ボディサイズは全長4180×全幅1765×全高1590mm。1.5Lガソリンとハイブリッドをラインナップ

 最近はコンパクトSUVの人気が高い。この中でも価格の割安感で注目されるのがヤリスクロスだ。

 フルLEDヘッドランプや18インチアルミホイールを標準装着したハイブリッドZが258万4000円になる。

 同等の装備を採用したライバル車のキックスX(275万9900円)、ヴェゼルハイブリッドZホンダセンシング(276万186円)に比べると、ヤリスクロスの価格は約18万円安い。

 ヤリスクロスのホイールベース(前輪と後輪の間隔)は、ヤリスとほぼ同じ数値だ。キックスとノート、ヴェゼルとフィットに比べて変更点が少なく、コストも低減しやすいために価格を抑えられた。

 価格を抑えた目的は、キックスやヴェゼルに対抗するためでもあるが、トヨタ車における価格分布にも配慮している。1Lターボエンジンを搭載するライズZが206万円、ノーマルエンジンのヤリスクロスZは221万円、1.2LターボのC-HR・S-Tは241万5000円だ。

フルLEDヘッドランプ、18インチアルミを標準装備したハイブリッドが258万4000円というのは買い得感が高い。動力性能も満足できる

 仮にヤリスクロスZの価格が、ライバル車と同様に18万円高いと、239万円になってC-HR・S-Tに近付いてしまう。ヤリスクロスはC-HRに比べるとボディがコンパクトで後席も狭く、動力性能も下がるために割高感が生じる。ライズZとの価格差も開きすぎになる。

 トヨタSUV軍団の価格に整合性を与えるためにも、ヤリスクロスはライバル車に比べて安く抑える必要があった。

 ヤリスクロスの推奨グレードは、ノーマルエンジン、ハイブリッドともに中級のGだ。オプションでブラインドスポットモニター(4万9500円)などを装着したい。

 ベーシックなXは装備が貧弱になる。特に価格が最も安いノーマルエンジンのX・Bパッケージは、衝突被害軽減ブレーキが省かれるのでまったく推奨できない。

1.5LガソリンのX・BパッケージはFFで179万8000円と格安だが、衝突被害軽減ブレーキが省かれるのでオススメはできない

プラグインハイブリッドSUV:トヨタRAV4・PHEV

価格:469万~539万円

システム出力306馬力をマークするRAV4 PHVの動力性能は圧巻のひと言。スポーツカーをもカモることができるポテンシャルを持っている

 RAV4には直列4気筒2L、2.5Lハイブリッドに加えて、2.5LのPHV(プラグインハイブリッド)も用意される。

 PHVはハイブリッドに充電機能を加えただけでなく、フロントモーターを北米で販売されるハイランダーハイブリッドと同じ仕様に強化した。

 そのためにフロントモーターの最高出力は182馬力、最大トルクは27.5kgmになり、ハイブリッドの1.3~1.5倍だ。エンジンとモーターの駆動力を合計したシステム最高出力も、RAV4ハイブリッドは222馬力、PHVでは306馬力に高まり、動力性能にも余裕が生まれた。

RAV4 PHVはフロントに専用グリルが与えられているが、リアはメッキパーツが随所にあしらわれているものの大きな違いはない

 PHVに搭載されるリチウムイオン電池の総電力量は18.1kWhだから、プラグインハイブリッドでは容量が大きい。

 WLTCモードでは、1回の充電で95kmを走行できる。アウトランダーPHEVのリチウムイオン電池は13.8kWhで、1回の充電で走れる距離はWLTCモードで57.6kmだから、RAV4・PHVは高性能だ。

 RAV4・PHV・Gの価格は469万円になる。モーターの駆動力を高め、大容量のリチウムイオン電池を搭載しながら、アウトランダーPHEVのGプラスパッケージ(458万2600円)と同程度に抑えた。

 RAV4ハイブリッドGとの価格差は約66万円だ。PHVでは経済産業省による補助金の交付も受けられ、その金額は2020年度実績ではあるが22万円になる。

 従ってRAV4ハイブリッドに実質44万円を上乗せすると、充電機能を備えたパワフルなPHVに上級化できる。

 グレード選びは、Gに安全装備をオプションで加える方法が割安だが、助手席のパワーシートなどが欲しいなら499万円のG・Zを選ぶ。

モードを切り替えることで、スポーティにもエコにも走ることができる。走破性に関しても重量増はしているが、ノーマルのRAV4同等の性能を持つのも魅力

3列シートSUV:マツダCX-8

価格:294万8000~467万600円

日本で販売するマツダのSUVのフラッグシップがCX-8だ。ボディサイズは全長4900×全幅1840×全高1730mmでCX-5よりも355mmロング

 3列シート車は、ミニバンだけでなくSUVにも用意される。その中で3列目が最も快適な車種はCX-8だ。全長が4900mm、ホイールベースも2930mmと長く、足元空間を十分に確保した。

 床を平らに仕上げたミニバンではないから、3列目に大人が座ると、膝が持ち上がって腰は落ち込む。着座姿勢は窮屈だが、コンパクトミニバンのフリードと同等の居住性を確保した。インパネなど内装の質も高く、Lサイズミニバンとしての満足感も味わえる。

 価格は2.5Lノーマルエンジンを搭載する25Sプロアクティブが340万6700円だ。ライバル車のCR-Vは、3列シートを装着したEXが355万6300円になる。装備に違いが見られるが、CR-VはLサイズSUVとして質感が低い。

 例えばインパネに施されたステッチ(縫い目)は、コンパクトSUVのヴェゼルが本物の糸を使うのに、CR-Vは模造だ。ユーザーの満足度を考慮すると、CX-8の買い得感が強い。

マツダ車らしい上質なインテリアが魅力的。CX-8は全モデル3列シートとなり、6人乗りと7人乗りを設定。写真は6人乗り仕様

 グレードは予算に余裕があるなら、クリーンディーゼルターボを搭載するXDプロアクティブがベストだ。価格は382万8000円に高まるが、最大トルクは4.5Lのガソリンエンジンと同等で、WLTCモード燃費も15.8km/Lと優れている。

 軽油は価格が安いので、燃料代は1.5LガソリンのコンパクトSUV並みに抑えられる。さらにクリーンディーゼルは、購入時に納める環境性能割と自動車重量税も非課税だ。

 逆に2.5Lガソリンターボは、ガソリンエンジンなのに高回転域の吹き上がりが鈍く、運転感覚はディーゼルに近い。選ぶ価値が乏しく、価格も割高になる。購入時の税額も高い。

ロングボディ化に合わせてホイールベースはCX-5よりも230mm延長されている。安全装備も充実し、走りのスタビリティも高い

クーペタイプSUV:三菱エクリプスクロス

価格:約255万円~約450万円(12月発売開始予定:正式価格未発表)

2020年12月から販売を開始する予定の新型エクリプスクロス。写真左が従来モデルで、右が新型。PHEVが追加されたのが目玉となっている

 リアゲートを寝かせたクーペ風のSUVとしては、エクリプスクロスが買い得だ。

 新たに追加されたPHEVの価格は、約385万円~約450万円とされる。アウトランダーのPHEV・Gは430万9800円だから、エクリプスクロスPHEVは16万円ほど価格を安く抑えた。

 また、1.5L、直4ガソリンターボなら、約255万円~約335万円と、車格を考えると買い得感は大きい。

あらゆる路面コンディションで安全かつイメージ通りの走りができるのがS-AWCの凄さだ。これがドライバーの安心感にもつながる

 PHEV、1.5Lガソリンターボとも、エクリプスクロスは、操舵に対する車両の反応がSUVでは機敏な部類に入る。峠道などを走ると、走行安定性を損なわない範囲で、車両を機敏に内側へ向けやすい。

 ほかの一般的なSUVは、基本部分を共通化したアウトランダーを含めて、操舵感は穏やかで安定性を高める設定だ。

 その意味でエクリプスクロスは、5ドアクーペ風の外観と相まってスポーティ感覚を強めた。この個性にも選ぶ価値がある。

クーペフォルムが美しい。全長4545×全幅1805×全高1685mmのミドルクラスSUVながら、1.5Lターボなら約255万円から購入できるのはお値打ち

ライトウエイトFFスポーツ:スズキスイフトスポーツ

価格:201万7400~208万8900円

現代において貴重なボーイズレーサーのスイフトスポーツ。フットワークが軽く、街中を走っても楽しさが感じられるのが最高!!

 ライトウエイトFFスポーツで、最も買い得な車種はスイフトスポーツだ。

 まずベース車の素性が優れている。ボディが軽く操舵感が素直で、安定性も良好だ。ベース車が優れていなければ、いくら手を加えても、上質なスポーティカーは開発できない。

 そしてスイフトスポーツは、直列4気筒1.2Lエンジンを1.4Lターボにパワーアップして、最高出力は140馬力(5500回転)、最大トルクは23.4kgm(2500~3500回転)を発生させる。ショックアブソーバーはモンロー製で、ブレーキも強化した。

 内容をこれだけ充実させながら、価格は6速AT仕様が201万7400円だ。

スポーティなムードに仕上げられているインテリアも魅力のひとつ。6MTと6ATをラインナップしているが、6MTを選びたくなる1台

 GRヤリスに1.5Lノーマルエンジンを搭載したRSの265万円と比べても、スイフトスポーツは大幅に安い。ヤリスのノーマルグレードになる1.5Zの187万1000円(6速MT)に近い設定だ。

 そのためにスイフトスポーツは販売も堅調で、2020年1~9月の登録台数は、コロナ禍の影響を受けながらも1カ月平均で1000台を少し超えた。

 スイフトのノーマルエンジン車とハイブリッドは、全グレードを合計して1カ月平均が約1100台だから、スイフトのほぼ半数をスポーツが占めている。ライトウエイトスポーツのベストセラーといえるだろう。

2020年5月に安全装備の充実、新ボディカラーの追加などの改良を受けたが、エクステリアに変更はない。価格は若干値上げとなったが、それでも安い!!

【画像ギャラリー】ただ安いだけじゃない!! ライバルを凌駕するコストパフォーマンスが自慢の5台をジックリ研究

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ