ジープラングラーの中古車選び指南 元祖武骨SUVの旧型と現行で異なる魅力


圧倒的にタマ数の多いラングラーは中古車もお得

どんなところも走ることができるタフな走行性能もラングラーの大きな魅力。画像を見ているだけで欲しくなった人も多いのでは?

 新車販売台数でもブランドの中で最も多いラングラーだが、中古車市場でも同様だ。

 現在ジープブランドの中古車は約1360台流通しているが、ラングラーは約510台と最も多い。

 続いては約270台のグランドチェロキー、約189台のレネゲート、約163台のコンパスと続き、チェロキーは約158台となっている。

 約510台流通しているラングラーの中古車だが、最も多いのは2007年~2018年まで販売された旧型モデルの約314台。

 そして続いて多いのはフルモデルチェンジして2018年から販売されている現行型の約98台だ。それでは、流通台数の多い旧型と現行型に絞って中古車市場を解説する。

視認性に優れたインパネ、細々せずにスイッチ類、ダイヤル類も大きいので操作性に優れている。現行ラングラーの室内は機能美を感じさせる

旧型は値上がりが現在進行形

 まず、最も流通台数の多い旧型から。

 現在の流通台数は約314台となっているが、3カ月前の2020年8月時点では約420台流通していたので、減少傾向となっている。

 それでも300台を切った9月末からは増加傾向に転じているので今後の動きには注視していきたい。

旧型ラングラーは7スロットグリル部分が現行に比べてフラットなこともあり、レトロな感じを醸し出している。この顔が好きな人も多い

 流通している中古車の平均走行距離は約3.5万kmだった3カ月前から現在は約3.7万kmまで延びているにもかかわらず、平均価格は3カ月前の約322万円から現在は約348万円へと値上がりしている。

 旧型ラングラーの平均価格の推移を1年という長いスパンで見てみると、2019年11月の平均価格は約355万円で、その後は順調に値落ちし、2020年6月に底値となる約313万円まで値落ちが進んだ。

 しかしその後は値上がり傾向へと変わり、約349万円まで値を戻しており値上がりは現在進行形となっている。

次ページは : 旧型は中古車価格の幅が広い