レクサスIS LS GS 中古車市場に大波乱! 新型登場ラッシュで価格急落!!


 レクサスの看板車種であるセダンが激動の時期を迎えている。GSが2020年8月に生産終了となり、続いてISの大がかりなビッグマイナーチェンジモデルが11月5日に発売され、LSも11月19日にビッグマイナーチェンジモデルが発売された。

 生産終了やビッグマイナーチェンジが行われると、中古車相場の値が大きく動くことが予想される。GSは生産終了で値が上がったのか、ISやLSは新型が出たことで買いやすくなったのか?

 レクサスIS、LS、そしてGSの中古車は今、狙い目なのか、中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。


文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ

【画像ギャラリー】レクサスの中古は先代モデルがお買い得! 新旧レクサスを写真でチェック!


レクサスセダンの中古車相場は下がったのか?

 27、73、413。この3つの数字が表すものは一体何か。それはレクサスセダンの2020年9月の新車販売台数だ。ISが27台、LSは73台、そして最も売れているESが413台となっている。3台合わせても513台。

 これは同じブランドのSUV、RXの749台にもおよばない販売台数に留まっており、レクサスブランドの主力はSUVに移っているのがわかる。

 しかし、2020年11月5日にISがフルモデルチェンジに匹敵するビッグマイナーチェンジを行い、フラッグシップセダンのLSも11月19日にマイナーチェンジがが行われたため、これが新車販売の起爆剤となるのは間違いない。

 マイナーチェンジを行うことで、俄然注目が集まるのが従来モデルの中古車だ。そこで今回はレクサスセダンで現在販売されているLS、ISに加えて、2020年8月に生産終了したGSの3モデルの中古車事情について紹介する。

 はたしてマイナーチェンジや絶版モデルとなったことでどのような動きとなっているのだろうか。

レクサスIS:マイナーチェンジ前に高年式車が多く流通し値上がり傾向に

2013年5月に登場したレクサスIS。ボディサイズは全長4665×全幅1810×全高1430mm
2016年10月のマイナーチェンジでヘッドランプやバンパーのデザインを変更したほか、スピンドルグリルはグリル下部をより大きく広げた

レクサスISの中古車情報はこちら!

 まずは、2020年11月にマイナーチェンジを行ったばかりのISから。日本市場において2代目となる現行型ISは2013年5月に登場。

 搭載されているパワートレインは従来型から受け継いだ3.5L&2.5L、V6に加えて、2.5L、直4エンジンのハイブリッドシステムだ。

 さらに2015年7月に2L、直4ターボを追加した。2016年10月のマイナーチェンジで、2.5L、V6エンジンが廃止となる一方、予防安全パッケージの「レクサスセーフティシステム+」が全車に標準装備されるなど安全性が向上している。

 そして2020年11月5日に2度目のマイナーチェンジを実施。内外装だけでなく、ボディの骨格から改良が加えられ、パワートレインも改善されている。

2020年11月5日にはフルモデルチェンジかと思うほどの大がかりなビッグマイナーチェンジが行われた

 また、一部グレードのショックアブソーバーにはオイル流路に非着座式のバルブを設けて微小な動きに対しても流路抵抗による減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」が採用されるなど走行性能が向上している。

 加えて、予防安全パッケージの「レクサスセーフティシステム+」にも改良が加えられ、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」は交差点右折時に前方から来る対向直進車、右左折時に前方からくる横断歩行者にも検知が可能となっている。

 現在、レクサスISの中古車の流通台数は約380台。3ヵ月前は約400台流通していたのだが、2020年10月上旬に約325台まで減少。その後徐々に増加している状況だ。マイナーチェンジの情報を聞きつけて、ここぞとばかりISの中古を買いに走ったためだと思われる。

 流通している中古車の平均走行距離は多少の上げ下げはあるものの、約3.9万km付近をキープしている。

 そして平均価格は3ヵ月前の約260万円から右肩上がりで上昇し、現在は約279万円まで上昇。

 これは、マイナーチェンジを控えて、走行距離の少ない高額な中古車が市場に出回り、平均価格の上昇につながったと考えられる。

 3ヵ月という短期的には値上がり傾向となっているISの平均価格だが、1年という長いスパンで見てみると、1年前の2019年12月の時点は約303万円だった。

 その後順調に値落ちが進み2020年7月に最安値となる約256万円となった。その後はジワジワと値上がり傾向となり、約279万円と乱高下。

 現行型ISの中古車の価格帯は約118万〜約520万円と非常に幅広い。また年式による流通台数の分布を見てみると、最も多いのがデビューイヤーの2013年の144台。

 次いで2014年の67台。そしてマイナーチェンジを行った後の2017年の56台が続いている。しかし翌年の2018年は19台と高年式車は数少ないのが実状だ。

 中古車のグレード分布を見てみる。最も多いのがハイブリッド車のIS300h Fスポーツの約102台で、価格帯は約133万〜約498万円。

 続いて300hバージョンLが約84台で続く。価格帯は、約159万〜約498万円とFスポーツとほぼ同じ水準となっている。すでにこの2グレードで約48.6%を占めている。

 3番目に多いのがハイブリッドの標準車、300hと上位を独占。価格帯は約117万〜約398万円で上位2グレードより割安となっている。

 元々新車価格に差があるので、レクサスISの中古車でオススメなのはバージョンLだ。Fスポーツと比べても走行距離が延びていないのも狙い目といえる。

 走行距離の少ない高年式が中古車市場に流入してきているため、平均価格が上昇しているが、もう数カ月経って落ち着いてくれば、中古車相場は下落していくだろう。その時が狙い目だ!

次ページは : レクサスLS:約1年で100万円、大きな値落ち幅を記録