ボルボを中古で狙うならどのモデルが買い得か? 北欧テイストで人気急上昇中!


 北欧テイストのデザインで人気急上昇中のボルボ。1990年代にはフォードグループに入ったが、2010年には中国の自動車大手「吉利控股集団(Geely Group Holdings)傘下に。しかし、資本は中国でも経営はボルボとしての独自性は守られている。

 2010年以降、かつての箱型で頑丈というイメージから、トーマス・インゲンラートをはじめとするデザイナーたちが、北欧スカンジナビアテイストのデザインを前面に打ち出したことで急成長を遂げてきた。

 日本においても2013年に発売されたV40が人気の起爆剤となり、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」では2017年にXC60、2018年にXC40が2年連続で本賞を受賞している。

 そこで、ボルボの中古車は今どのモデルが狙い目なのか? 中古車事情に詳しいモータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。


文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 ボルボ

【画像ギャラリー】北欧テイストが人気! 魅惑のボルボ中古車を写真でチェック!


高値傾向が続くXC90

2016年1月に導入されたXC90。写真はボディサイズは全長4950×全幅1960×全高1775mm。写真のD5は235ps/48.9kgmを発生する2L、直4ディーゼルターボに8速ATを組み合わせる

ボルボXC90の中古車情報はこちら!

 2016年1月に日本市場に導入したフラッグシップSUVのXC90を皮切りにプラットフォームやパワートレインを一新。

 中大型車用のSPA、小型車用のCMAといったプラットフォームは内燃機関だけでなく、PHEVそしてピュアEV(電気自動車)まで見据えて作られている。

 この大きな投資を行い、一から開発を行った結果、第38回2017~2018日本カー・オブ・ザ・イヤーをXC60で獲得。

 そして翌年の第39回2018~2019日本カー・オブ・ザ・イヤーをXC40で獲得し、輸入車が2年連続でイヤーに輝くという偉業を成し遂げた。

 この受賞の原動力となったのは以前からのブランドイメージとして挙げられる安全性の高さ、スカンジナビアデザインのセンスの良さに加えてプラットフォームを一新し、走行性能が向上したことなのは間違いない。

 新世代モデル第1弾のXC90が2016年に投入されてから、現在販売されているが新世代モデルとなったこのタイミングで、ボルボの中古車の値動きはどうなっているのかを検証し、今狙い目のモデルはどのモデルなのかを紹介していこう。

 まず紹介したいのは、現在値上がり傾向となっているモデルからだ。

 新世代モデル第1弾のXC90だが、平均価格は3ヵ月前の約665万円から現在は約730万円へと高騰している。

 平均走行距離が約1.4万kmから約1万kmまで減少しており、走行距離の延びた価格の安い中古車が市場から姿を消してしまったのだ。

 現行新車はすべて48Vのマイルドハイブリッド車にすでに変更されており、エンジンオンリーの中古車はレアとなるので、今後もしばらくは値上がり傾向が続く可能性は高い。

XC40の中古車は400万円を切ってきた

若いユーザー層を狙い、フレンチブルドックをイメージしたエクステリアデザインとしたXC40。ボディサイズは全長4425×全幅1875×全高1660mm

ボルボXC40の中古車情報はこちら!

 続いて、XC90と同様に値上がり傾向を示したのは、抜群の人気を誇り、新車の納車期間が半年以上になるなど人気を誇るXC40。

 平均価格は3ヵ月前の約470万円から現在は約485万円へと値上がりしている。中古車の平均走行距離も約7000kmから今月は約5000kmまで減少している。

 しかし、流通台数は3ヵ月前の約50台から現在は約90台まで増加しており、この値上がりは走行距離の少ない高額な中古車が市場に出回ったことを示している。

 XC40の中古車価格帯は約384万~約548万円で走行距離が1万km未満の中古車が400万円を切ってきた。

 なかでもT4モメンタムの2WD車のお買い得感は高くなっているので注目だ。そのうえ中古車ならば、すぐに納車できるのも魅力の一つだ。

次ページは : XC70も値上がり傾向が目立つ

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ