日産ジュークの中古相場に変化あり? 絶版1年で真の相場が判明!!


 2019年12月をもって国内生産を終了した日産ジューク。一方、2019年9月に欧州で発表された2代目ジュークは日本では発売されず、後継モデルとしてキックスが2020年6月30日に発売された。

 生産終了から約1年が経過したが、ジュークの個性的なフロントマスクはいまだに色褪せておらず、コンパクトなサイズも魅力だ。

 そしてなんといってもキックスにはないジュークの魅力として、4WDをはじめ、190psの1.6L、直4ターボの16GT、200psのジュークNISMO、214psのジュークNISMO RSといったスポーツモデルの充実が挙げられる。

 そこで、ジュークの中古車価格は、キックスの登場によってどう変化したのか? 中古車事情に詳しいモータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。


文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 日産

【画像ギャラリー】キックスが出てもまだまだ色褪せない! 秀逸なデザインのジュークの写真をチェック!


生産終了から1年、中古車価格はどう変化した?

2010年6月に発売されたジューク。マイナーチェンジ前のモデル。写真は114ps/15.3kgmを発生する1.5L、直4を搭載する15RS。ボディサイズは全長4135×全幅1765×全高1610mm
2014年6月のマイナーチェンジで立体的な形状のVモーショングリルやブーメランシェイプと呼ばれるV字型のシグネチャーLEDポジションランプやウインカー付きドアミラーに変更したほか、前後バンパーやリアLEDコンビランプの意匠も変更

 「栄枯盛衰」。この言葉はクルマのモデルライフにピッタリ当てはまる。新車の時がピークでどんどんと人気が衰える。

 もちろん例外の人気車もあるが、多くのクルマがこの言葉の通りのモデルライフを送り、フルモデルチェンジを行い世代交代する。

 しかし大ヒットしたモデルにもかかわらず世代交代をすることなく終わったモデルがある。

 それが日産ジュークだ。コンパクトSUVというマーケットのパイオニアは初代トヨタRAV4だと思うが、間違いなく現在のコンパクトSUVブームを築いたのは2010年6月に登場したジュークだった。

 それはその後のホンダヴェゼルやマツダCX-3、トヨタC-HRそして2020年8月31日に発売したトヨタヤリスクロスという追従した車種を見れば一目瞭然。

 もちろん日産もジュークの後継車として2020年6月にキックスを販売開始した。内燃機関オンリーだったジュークとは異なり、キックスはe-POWERのみとなり、スポーティモデルのNISMOを設定するという噂も聞こえてこない。

ボディサイズは全長4290×全幅1760×全高1610mm。価格はXの275万9900円、X 2トーンインテリアエディションが286万9900円。82ps/10.5kgmの1.2L、直3に129ps/26.5kgmのモーターを組み合わせるe-POWERのみのラインナップ

 そこで、今回は生産終了から1年が経過したコンパクトSUVブームの立役者、日産ジュークの中古車事情を調べてみた。

 生産終了から1年、どうしてこのタイミングなのかと思う人も多いだろう。生産終了直後だと車種によっては新車の在庫が未使用中古車として大量に流通することで、中古車相場は値上がり傾向となるケースがある。

 事実、ジュークの中古車相場を見てみると1年前の2019年11月から2020年3月までは値上がり傾向となっている。

 これは中古車最大の需要期に向けての価格上昇に加えて、かなり多くの未使用中古車が出回ったためだ。その証拠に2020年4月以降は値落ちに転じている。

 さらに1年も経過すれば未使用中古車もほぼなくなり、リアルな中古車相場の姿が見えてくるのだ。

 現在ジュークの中古車の流通台数は、3ヵ月前の2020年9月の時点では約1040台だったが、現在は約1300台まで増加している。

 そして、流通している中古車の平均走行距離は3ヵ月前の約4.8万kmから約4.9万kmとわずかに延びているにもかかわらず、平均価格は約76万円だった3ヵ月前から現在は約80万円まで値上がりしているのだ。

 ジュークの中古車の平均価格の推移を見てみても、2020年10月までは値落ちし、約75万円まで値落ちが進んだが、その後は値上がりに転じていることがわかった。

 ジュークは2020年6月まで販売はされていたが、それは在庫車のみとなっていたので、販売終了より生産終了時のほうが未使用中古車は大量に出回ったのだ。

2019年12月をもって生産終了となったジューク。ジュークには81パターンからボディカラー、エクステリアパーツカラー、インテリアカラーを自由に選べるパーソナライゼーションが用意されていた

ジュークの中古車情報はこちら!

 値上がりしている原因を突きとめるため、流通している中古車の年式による分布を見てみると、最も多いのが2011年の約263台、続いて2012年の約256台と続き、2016年までが約115台と3桁の流通台数となっている。

 しかし2017年式~2020年までは40台以下となっており、高年式車が多いということではない。そうなると年式ではなく特定のグレードで値上がり傾向が起きているということになる。

1.6Lターボエンジンを搭載した16GT系やNISMOが値上がり!

16GT/GT FOURに搭載されるMR16DDT型1.6L、直4ターボエンジンは190ps/24.5kgmを発生する

登録済み未使用車もある高年式ジュークの中古車情報はこちら!

 現在、ジュークの中古車の価格帯は約26万~約235万円と非常に幅広くなっている。

 各年式で流通台数の多い1.5Lエンジンを搭載したモデルは横這いから値落ち傾向となっているが、値上がり傾向を示しているグレードをようやく発見!

 それは、1.6L直列4気筒ターボエンジンを搭載した16GT系やNISMOだった。

 流通しているジュークの中古車の約42%を占める2010年~2012年式では流通台数約14台の16GTが3ヵ月前の約67万円から現在は約73万円と約6万円の値上がり。

 そして4WDモデルの16GT-FOURは3ヵ月前の約67万円から約78万円へと11万円の値上がり幅を記録しているのだ。

2013年2月に発売されたジュークNISMO。搭載されるエンジンは190ps/24.5kgmを発生するMR16DDTに7速マニュアルモード付きエクストロニックCVT-M7を組み合わせる
ジュークNISMO RSは2014年11月に発売。NISMO RS専用のMR16DDTで1.6L、直4ターボエンジンは214ps/25.5kgmを発生する。トランスミッションは8速マニュアルモード+パドルシフトを採用したCVT-M8を組み合わせる

 そして16GT系の主流はNISMOへと移り2012年~2013年式で流通台数が約24台のNISMOは約110万円まで値落ちが進んでいたにもかかわらず、現在は約126万円へと16万円の値上がり幅を記録しているのだ。

 2014年~2015年式のNISMO RSのように一部値落ちしている年式もあるが、2015年~2018年式のように約8台と流通台数は少ないが、約30万円の値上がり幅を記録する年式も出ているのだ。

 つまり、現在のジュークの中古車相場の値上がりの要因は1.6L直4ターボエンジンを搭載した1.6GTそしてNISMOの相場上昇が理由といえる。

 やはりキックスが登場し、パワートレインがe-POWERしかなくなったことが、この値上がりを引き起こしたといえる。

次ページは : ジュークの中古車の狙い目グレードはこれだ!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ