新車購入時にぜひ一読を いざ年末商戦!!! 値引き交渉の前に知っておくべき話 6選

新車購入時にぜひ一読を いざ年末商戦!!! 値引き交渉の前に知っておくべき話 6選

 新車が欲しい、新車を買いたい! と思われている方、絶好の機会はもうすぐだ。12月の年末商戦はディーラー側も「ノルマを達成したい!」と売る気満々だからだ。

 買う側のユーザーとしては、その売る気満々のディーラー・セールスマンから「より高い値引き額」を引き出したいもの。

 そのための秘策・交渉術を、ディーラー取材を重ね続けるモータージャーナリスト、小林敦志氏が指南。お役立ち、必至!!

●ラインナップ
・まずは予備知識を得る!
・値引き交渉は「夜討ち朝駆け」で実行せよ!
・クリスマスをすぎると値引き交渉がスムーズに!?
・ローンの場合は月々の支払い額(低い金額)で勝負!
・「知り合いのセールスマン」は商談の大詰めで使う
・夫婦で役割分担して巧みに攻めよ!
・残価設定ローンはいいぞお!!!(番外コラム)
・残価設定ローンに気をつけろ!!!(番外コラム 2)
・欲しい人の味方??「定額サービス」の〇と×

【画像ギャラリー】なるべく安く新車がほしい!!! 9枚の画像でプロ直伝の「値引き引き出し術」をクイックチェック!!!

※本稿は2020年11月のものです
文/小林敦志、写真/TOYOTA、AdobeStock
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■まずは予備知識を得る! 値引きの種類&値引きには「カラクリ」がある!!!

 新車の値引きには車両本体価格だけではなく、オプションからの値引き、下取り車の査定額の上乗せ、ローン会社からの支援など、いくつかの“財布”から出たものが合算されて「値引きが30万円です」となるのが原則。

 車両本体価格からの値引き原資はディーラー利益分となり、オプションからは総額の20%程度を目安で値引きが可能。本来はそのモデルの状況を見て値踏みする下取り査定額だが、値引き不足分を上乗せするのも当たり前となっている。

 さらにローンを組むと、仲介するディーラーに提携信販会社からバックマージンが払われるので、その一部が値引きとして還元されている。

●「50万円値引き」には裏がある??

 セールスマンは、値引き額を実体よりも膨らませて見せる“技”〟を持っている。例えば「(低年式車の)下取りも含めて50万円引きましょう」と、破格とも思える値引き額を提示した場合。

 下取り査定額及び、それへの上乗せでかなり調整されていることが多く、車両本体値引きやオプション値引きは、まだ拡大余力があるのに契約へ持ち込まれてしまうこともあるのだ。

 ショック療法のように、いきなり高額値引き額を提示された時には、値引きを膨らませていると考えていいだろう。

 下取り車の存在が値引きを大きく左右するので、商談前に愛車を買い取り店に持ち込むなどして、中古車相場を把握しておくのも大切である。

●値引きの種類とそのポイント
・車両本体価格からの値引き。
・オプションからの値引き。
・下取り車の査定額の上乗せ。
・ローン会社からの支援(提携しているのでバックマージンを受け取れる)。
・高額値引き額の提示の裏には、実は「出し渋り」もある。

敵(?)を知り、己を知って最良の値引きを勝ち取るべし!
敵(?)を知り、己を知って最良の値引きを勝ち取るべし!

次ページは : ■より高い値引き引き出し術・その1『値引き交渉は「夜討ち朝駆け」で実行せよ』

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ