農道のポルシェ健在!! 絶版から8年 いまもプレミア価格のサンバー 人気の理由と実情


新車価格を上回り高騰しているWRブルーリミテッド

2011年7月に発売されたサンバートラックWRブルーリミテッドの走行距離の少ないものはプレミアム価格が付いて新車価格を上回るものもある
サンバートラックWRブルーリミテッドは発売と同時に即完売した
サンバートラックWRブルーリミテッドのシート。ブルーのステッチ入りだ

 まずサンバートラックのなかで興味のある特別仕様車のWRブルーリミテッドの中古車相場を調べてみると、流通台数はわずか6台で、中古車の価格帯は約88万~約163万円。

 WRブルーリミテッドの新車価格はトラックが89万9000~111万8450円、バンが117万9000~140万8950円だから、高価格のなかには新車価格を上回っているものもある。

 高価格の中古車は走行距離が2万km以下という高品質車。狙っている人は見逃せないバリモノだ。

 流通している中古車のうち半数近い約248台が660TBの三方開き4WD車で価格帯は約4万~約122万円。スーパーチャージャー付きでは、660TCスーパーチャージャーが約38台流通していて、価格帯は約22万~約189万円。なかには走行距離1000kmという驚きの中古車も流通している。

 RRの駆動方式、4輪独立サスペンションを採用し、「農道のポルシェ」といわれたスバル製のサンバーシリーズ。いまだに高い中古車相場が続いている状況から、やはりスバルの軽生産中止を惜しむユーザーが多いということが証明された。

【画像ギャラリー】なぜスバルは名車サンバーの生産をやめたのか? 歴代サンバーの魅力を写真でチェック!