決算期は買い得? 中古車購入 得するポイント 5選

 新車が最も売れる3月決算は間もなく。日本自動車販売協会連合会(自販連)のデータによると、新車販売台数で最も多いのは3月の69万1370台で、最も少ない4月の約2倍だ。では、中古車の買い時はいつなのか? をはじめ、中古車の購入時に気を付けたい5つのポイントを紹介する。

文:萩原文博/写真:編集部


3月決算期は中古車の『買い時』ではない!?

新車の場合、3月は値引きが拡大する買い時。中古車はいつが買い時?
新車の場合、3月は値引きが拡大する買い時。中古車はいつが買い時?

 中古車の登録が最も多いのは3月の50万3327台、最も少ない8月の約1.7倍となっている(自販連データ)。結果として、新車・中古車問わず1年で最も販売台数が多くなるのは3月ということがわかった。

 新車は車両本体価格があり、同じ車種、グレード、そしてボディカラーであれば同じ価格になる。しかし、中古車には定価がなくオートオークションのように需要と供給のバランスで決まるため、「相場」が形成される。例え、同じ年式の同じ車種であっても走行距離やボディカラー、オプション装備などで中古車の販売価格は変わってくるのだ。

 先ほど、中古車は需要と供給のバランスで価格が決まると書いたが、3月は最大の需要期のため中古車を購入しようという人が多くなるタイミング。そうなると、供給すなわち販売店側は、購入する人が増えるため、わざわざ価格を下げる必要がない。すなわち、需要期の3月は価格面で見ると買いのタイミングではない。

 ただし、販売店は3月の大需要期に向けて在庫を多く揃えているので、自分のほしい車が見つけやすいタイミングではある。

鍵握る「店選び」 中古車は買うことがゴールではない

こちらはSUVを中心に扱う中古車店。このような専門店で買うかなど、店選びは新車購入以上に重要
こちらはSUVを中心に扱う中古車店。店選びは新車購入時以上に“いい買い物”が出来るかどうかの鍵を握る

 2つ目のポイント、“中古車選びは店選び”を紹介しよう。

 中古車はメーカー系販売店をはじめ特定の車種だけを扱う専門店、大規模なチェーン店など様々あり、特徴も異なる。メーカー系販売店は扱っている中古車のコンディションもよく、購入後の保証も充実していて、ビギナーでも安心して購入できるが、スポーツカーや人気の高い車などの品揃えは少ない。加えて、保証が充実していることもあり、価格は高めだ。

 いっぽう、特定の車種だけを扱う専門店は、扱っている車種の知識も豊富で在庫も豊富な反面、扱っている中古車のコンディションは個体差が大きいことが多い。加えて保証もバラバラだ。

 結論から言うと、自分がほしい車、そして購入後の保証などによって購入する中古車販売店がベストな選択になるのかを考えなくてはならない。それは中古車を購入したときがゴールではなく、スタートとなるからだ。

 車は購入してから、メンテナンスや修理などを購入した販売店にお願いすることになる。すなわち、中古車は購入してから本当の付き合いが始まるのだ。したがって価格だけでなく、購入してから安心して付き合いができる販売店を選ぶほうがよい。

安くて良い中古車は稀! ただし不人気車は狙い目

 3番目として覚えておいてほしいのが、“安くて良い車はない”ということだ。中古車は同じコンディションのモノは1台しかなく、年式や、走行距離、ボディカラー、装備などで価格が決まる。したがって、価格が安い車にはそれなりの理由があるということ。

 しかし、中古車は新車と異なり人気という要素が価格に大きく影響する特徴がある。新車時は同じ価格帯でも、人気か不人気によって中古車の販売価格は変わってくる。人気車は高く、人気のない車は安くなる。

 最初に安くて良い車はないと言ったが、この中古車特有の人気という要素を逆手に取って、人気のない車種を選べば、価格が安くてコンディションの良い車を手に入れることができる。

 走行性能などは人気車と変わらないのに、ただ人気がないと言うだけで価格が安いのだから、安くて高いコンディションを探している人にはオススメだ。

中古車選びには「妥協」も必要

同じ車種でも色や年式、走行距離などのポイントは値段を決める要素でもあり
中古車の場合、目当ての車種でも色や年式、走行距離など、すべての条件を理想に近づけるのは至難の業

 4番目のポイントは“妥協できるポイントを決める。”こと。中古車は日本全国に流通している約40万台の中古車の中から自分の予算にあったベストな1台を見つけることになる。自分の条件にあった車が見つからない場合は、何か条件を変更することが大切だ。

 例えば、車の性能に関係ないボディカラー。白(パール)や黒が人気色で価格は高めとなる。本当は黒がほしいけれども、予算が合わないという時にシルバーなどに変更するだけで、見つけやすくなる。自分の条件の中で何が妥協できるかを決めておくことが中古車購入の成功の鍵を握る。

中古車は「保証付き」でも内容はさまざま

 5つ目のポイントは“保証付きと聞いて安心するな”。中古車は販売店の形態と同じくらい保証内容もバラバラだ。メーカー系販売店のように、期間、対象部品が充実した保証もあれば、短期間で対象部品が限定される販売店の保証まで様々だ。

 また、中古車のなかには現状販売というものもあり、こういった中古車は保証が付かない。保証付きとして販売されている中古車を購入する場合は、見積時に保証内容をキチンと確認しておけば、後悔することもない。

◆  ◆  ◆

 最後にもう一つだけ。販売店スタッフを味方につけることも重要。販売店は車のプロ。取り扱っている車のコンディションなどはしっかり把握しているはず。自分が納得できるまで、わからないことはスタッフに聞いてみよう。

 親身になって答えてくれるスタッフならば信用していいだろう。ユーザーもひやかしで行くのは論外。真剣に購入することが決まってから、販売店に行くようにしてもらいたい。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ! スープラ高性能版捕捉】スバルの逆襲2020|ベストカー2月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、スープラRZ 2020年モデルとレクサスIS F復活情報を含めたトヨタFR戦略をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、東京オートサロン2020に初登場…

カタログ