エスティマ、オデッセイ…平成の大ヒットミニバンの中古車は今いくら?


 今でこそ、アルファードの一強という傾向が強い日本のミニバン。過去を辿ると、ミニバンブームの火付け役となったのは1990年に登場した初代エスティマや1994年に登場した初代ホンダオデッセイといわれている。

 そのほか、ステップワゴンやノア&ヴォクシー、シャリオグランディスなど、1990年代はまさにミニバンの群雄割拠状態だった。しかし、現在では当時ほどの人気はなくなっている。

 そこで、当時なぜミニバンはあれほど大ヒットしたのか? そして、もし当時を懐かしんで、もう一度乗りたいと思ったら、今いくらで買えるのか、中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ ホンダ マツダ 三菱

【画像ギャラリー】ミニバンブームを巻き起こした懐かしの中古ミニバンはこれだ!


初代トヨタエスティマ:1990年5月~2000年1月

1990年5月に登場した初代エスティマ。天才タマゴと呼ばれる卵型のフォルムが特徴
1992年1月、全幅を5ナンバーサイズに抑えたエスティマルシーダが登場
兄弟車のエスティマエミーナ

初代トヨタエスティマの中古車情報はこちら!

 1990年、キャブオーバータイプの1BOX車が主流だった時代に平成のミニバンブームの礎を築いた2台のミニバンが登場する。1台はトヨタエスティマ、そしてもう1台はマツダMPVだ。

 2代目以降はFF車となったエスティマだが、初代モデルは「天才タマゴ」と呼ばれた卵形のワンモーションフォルムの外観デザインを採用。床下のエンジンを横75度寝かせたミドシップレイアウトという個性的なレイアウトを採用した。

 このレイアウトとフロントがマクファーソンストラット、リアがダブルウィッシュボーン(一部グレードは4リンク)という四輪独立懸架のサスペンションにより、乗用車のような乗り味と広い室内空間を実現したのである。

 搭載するエンジンは2.4L、直4のみだったが、パワー不足という声に応えて、1994年8月に最高出力160psを発生するスーパーチャージャー付きエンジンへと変更された。

 また、初代エスティマで忘れてはならないのが、1992年に登場した全長と全幅を縮小し、5ナンバーサイズとしたエスティマエミーナ/ルシーダだ。

 初代エスティマの新車時価格は300万円以上が中心だったが、エスティマエミーナ/ルシーダは200万円台が中心で、180万円から購入できたので、大ヒットモデルとなった。

 現在、初代エスティマの中古車は大ヒットモデルらしく生産終了から約20年が経過しても約20台の中古車が流通している。

 価格帯は約20万~約159.8万円でミニバンのドレスアップブームの火付け役ということもあり、高額車はドレスアップ車となっている。平均価格は63.8万円といまだにエスティマ人気は健在だ。

マツダMPV:1990年1月~1999年6月

マツダMPV。3L、V6エンジンを搭載、ほかのミニバンと比較して高い走行性能を誇る

マツダMPVの中古車情報はこちら!

 続いては初代エスティマと同じ1990年に登場したマツダMPVだ。長いボンネットフード、そして四角い3ナンバーサイズのボディに3列シートをレイアウトする初代MPVが国内に導入されたのは1990年1月。

 現在のSUVに近いスタイリングだが、当時は「新しいカテゴリーの多目的高級サルーン」呼ばれていて、その後のモデルを見るとミニバンにカテゴライズできす。乗用車のプラットフォームを流用しており、エンジンは運転席前に搭載されるFFの駆動方式をいち早く採用した。

 当初は3L、V6エンジンを搭載したモデルのみで、走行性能は当時のほかのミニバンとは一線を画し、新車時価格も355万円とエスティマと同レベルの高価格車だった。

 1995年のマイナーチェンジで内外装の変更とともに、全長を200mm延長している。また、搭載するエンジンラインアップも変更され、2.5L、直4ディーゼルターボを搭載し、駆動方式も4WDが追加された。

 1999年まで生産された初代MPVの中古車の流通台数はわずか3台と絶滅の危機に瀕している。中古車の価格帯は約39.8万~約89.5万円で平均価格は約79.8万円と高価格で推移している。現在流通している中古車はすべてディーゼル車なので使用できる地域に制限があることは覚えておいてほしい。

次ページは : 初代ホンダオデッセイ:1994年10月~1999年12月