次期型は四駆のHV!? 今のうちにFF最速の現行シビックタイプRを買う!

 2017年9月に復活を遂げたシビックタイプR。2020年1月には東京オートサロン2020でシビックタイプRのマイナーチェンジが発表された。

 しかしコロナウイルス感染症拡大の影響で発売は延期され、2020年10月9日にマイナーチェンジが行われ、国内200台限定発売となる「シビックタイプRリミテッドエディション」が11月30日に発売された。

 2020年11月23日には、最後のリミテッドエディション10台を抽選販売とするホンダ公式YouTubeのライブ配信によって行われたオンライン抽選会では、シリアルナンバー1番~10番車両の商談権に当選した10名が発表された。

 2021年1月下旬現在、限定車のリミテッドエディションだけでなく、ノーマルのタイプRも新車で買えない。公式ホームページには「ご好評につき、予定していた販売台数が全て終了致しました」と掲載されている。

 では、次期シビックタイプRがどうなるのかだが、最新情報では、2L、直4ターボエンジンに、2つのモーターを後輪に組み合わせた4WDになる可能性が高いと言われており、発売は2022年12月を予定しているという。つまり、現行モデルがFF最後のモデルとなるというのだ。

 そこで、現行シビックタイプRは将来的に値が上がっていくのか? 現在の中古車相場はどうなのか、中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博、写真/ベストカー編集部、ベストカーweb編集部、ホンダ

【画像ギャラリー】マイナーチェンジ後に即販売台数終了! 中古車市場で注目のシビック タイプRを写真でチェック!


■2017年9月にデビューしたシビックタイプR

2017年9月に登場したマイナーチェンジ前のシビック タイプR。すでに中古車市場での流通量は少ない

 現行型シビックタイプRは2017年9月に登場。従来のシビックタイプRはベースとなるシビックのウエイトを削り、足回りを固め、エンジン性能を磨き上げることで、「速さ」を手に入れる。という手法をとってきた。

 しかし、現行型シビックタイプRでは開発当初よりタイプRを見据えて、プラットフォームを新開発。ねじり剛性の向上をはじめ、ボディの軽量化、低重心化、トレッドの拡大など優れた走行安定性が追求されている。

 さらに、圧倒的なスタビリティを実現するためリアにマルチリンク式サスペンションを採用したほか、アダプティブ・ダンパー・システムなどの制御進化によって運動性能を大幅に向上させた。

 パワートレインは先代モデルからさらに進化したシビックタイプR専用の2L、直4VTECターボエンジンは最高出力320ps、最大トルク400Nmを発生。組み合わされるトランスミッションは、減速操作に合わせてエンジン回転数が自動で調整されるレブマチックシステムを搭載した6速MT。

 これにより、ヒール&トゥを行う必要がなくなり、よりステアリングやブレーキングに集中できる運転が可能となった(ドライバーの好みに応じてシステムオフも可能)。

シビック タイプRで初めてターボ仕様となった2L直列4気筒VTECターボエンジン

 さらにダンパーをはじめ、ステアリング、エンジンのスロットルなどの制御デバイスを変更できるドライビングモードを採用。コンフォート、スポーツ、+Rの3種類から走行シーンに合わせて選ぶことができ、ストリートからサーキットまで高いパフォーマンスを発揮する。

■2020年10月のマイナーチェンジでさらに進化!

マイナーチェンジ後のシビック タイプR。ダウンフォースレベルの向上など、より高い整流効果を発揮させている

 そして2020年10月のマイナーチェンジでは、サーキット性能の進化、ダイレクト感の進化、ドライビング空間の進化という3つのポイントを中心に改良が行われている。

 まずサーキットの進化では、フロントグリルの開口面積を従来のモデルから拡大し、冷却性能の向上と、フロントバンパーエアスポイラーの形状変更などによりダウンフォースレベルを向上させた。また、2ピースフローティングディスクブレーキを採用することで、サーキット走行時のブレーキフィールを向上。

 これにより、安定したブレーキフィールを実現するとともに、バネ下の重量低減にも貢献している。

2ピースフローティングディスクブレーキを採用し、サーキット走行時のブレーキフィールを向上。バネ下の重量低減にも貢献している

 そして、ダイレクト感の進化では、アダプティブ・ダンパー・システム制御や、サスペンションブッシュ・ボールジョイントなどのきめ細やかなサスペンションのアップデートを行い、ドライビング空間の進化では、ステアリングの表皮にアルカンターラを採用。

 握りの質感とフィット感を向上させ、車両の挙動をよりダイレクトに感じられるように変更された。

 また、シビック200台限定で販売されたシビックタイプRリミテッドエディションは、専用色のサンライトイエローIIを纏い、専用のBBS社製鍛造アルミホイールを採用し、バネ下重量の軽量化を施した。

シビック タイプRリミテッドエディションは、初代シビック タイプRを彷彿とさせるサンライトイエローIIを専用色に設定

 同時にハイグリップタイヤのミシュランパイロットスポーツカップ2を装着し、アダプティブ・ダンパー・システムとEPS(電動パワーステアリング)を専用セッティングとしている。

■現行シビックタイプRの中古車流通台数43台のうち、42台が前期型

究極のFFスポーツを目指し、ニュルブルクリンクサーキットの北コースでも徹底的に鍛え上げ、そこで当時のFFスポーツ最速となるタイムを記録

 それでは、現行型シビックタイプRの中古車事情について迫ってみる。現行型シビックタイプRの中古車の流通台数は43台。そのうち42台が前期型で、1台だけ後期型が流通している。しかし後期型は価格応談となっている。

 現行型シビックタイプRの中古車の平均価格は約462.5万円で、後期型のタイプRの新車価格が475万2000円なので、ほとんど値落ちしていない状況だ。流通している中古車の平均価格の推移を見ても、3カ月前の2020年10月の時点から現在までほぼ値動きがなく横這いとなっている。

 中古車の価格帯を見てみると約399万~約539万円となっており、現在のところではプレミアム価格といえるほどではないが、販売台数終了というアナウンスの影響でリミテッドエディションはもちろん、標準車も値落ちがさらに鈍くなり、値上がりになる可能性が高まったといえるだろう。

 流通している中古車のグレード構成はすべて標準車で、サンライトイエローIIを纏った限定200台のリミテッドエディションは流通していない。ボディカラーはクリスタルブラックパールが8台、フレームレッドが3台。

 そのほかはすべてチャンピオンシップホワイトとなっており、ブリリアントスポーティブルーメタリックは流通していない。

 中古車相場を年式別に見てみると、2017年式は約10台流通していて、価格帯は約399万~約470万円。2018年式は18台流通していて、約410万~約530万円。そして2019年式は約14台で価格帯は約458万~約539万円と年式が古いほうが安くなっている。

 現行型シビックタイプRの中古車の平均走行距離は約1.5万kmだが、最も走行距離が延びているものが走行距離4.2万km。しかもディーラー系販売店が取り扱っているので、保証がついて車両本体価格約426万円はお得感が高い。

 この中古車のほかにも12台、ディーラー系販売店が扱っており、なかには走行距離551kmという中古車もあった。

■次期シビックタイプRの登場は2022年12月と予想

こちらは2022年12月に登場が予想されている次期型シビックタイプR(ベストカーが製作した予想CGイラスト)

 新型が登場するのが2022年12月予定ということなので、これから約2年間は新車でシビックタイプRを購入できない可能性が高い。歴代シビックタイプRがそうだったように、販売終了し絶版モデルとなると、その希少性から現行型シビックタイプRもプレミアム価格になる可能性は高い。

限定200台は即完売となったリミテッドエディション。新車時の車両本体価格は、550万円(消費税込み)

シビック タイプRの中古車情報はこちら!(リンク先)

 限定200台のリミテッドエディションは値上がり確実だが、標準モデルも今購入し、新型が登場する前に手放すと購入価格と買い取り価格はそれほど差がないということもあり得る。

 こういったことができるのも走行距離の少ない中古車が多い今のうちのこと。現行型シビックタイプRの中古車購入を迷っているならば、早めに動いたほうがいいだろう。

【画像ギャラリー】マイナーチェンジ後に即販売台数終了! 中古車市場で注目のシビック タイプRを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ